お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

笑いと大阪描く2017年後期連続テレビ小説「わろてんか」ヒロインは興行師

249

「平成29年度後期 連続テレビ小説『わろてんか』」の制作が決定した。日本で初めて「笑い」をビジネスにするヒロイン・藤岡てんを中心に、明治時代後半から第二次大戦直後の大阪を描く。

夫と共に寄席経営に乗り出し、のちに吉本興業を設立した女興行師・吉本せいをはじめ、明治後期から昭和初期に活躍した芸人や文化人などの人生をモチーフする「わろてんか」。NHK大阪放送局による制作で、2017年10月2日(月)から2018年3月31日(土)に放送される予定だ。出演者の発表は来春。脚本は菅野美穂主演ドラマ「働きマン」(日本テレビ系)、映画「アオハライド」などに携わった吉田智子が手がける。笑いを題材にしたドラマがどんなキャストで演じられるのか、期待しておこう。

連続テレビ小説「わろてんか」

2017年10月2日(月)~2018年3月31日(土)(全151回)

お笑いナタリーをフォロー