ラサール石井主演「こち亀」10年ぶり舞台化、脚本演出も手がける

85

秋本治のマンガ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が2016年秋に舞台化され、ラサール石井が主演のほか、脚本と演出を担当する。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」197巻の表紙。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」197巻の表紙。

大きなサイズで見る(全2件)

連載40周年の「こち亀」が舞台化されるのは2006年以来、約10年ぶり。主人公の両津勘吉役を演じるラサールは、これまでも舞台やアニメ版で両津を演じてきた。本日12月7日発売の「週刊少年ジャンプ」2016年1月号には舞台化の告知とともに、ラサールのコメントが掲載されているのでご一読を。

なお12月19日(土)に千葉・幕張メッセにて開催される「ジャンプフェスタ2016」にラサールが登場することもあわせて告知されている。

この記事の画像(全2件)

関連記事

ラサール石井のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ラサール石井 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。