ほんまにたまらんね!倉本美津留の太鼓判ライブ盛況、Aマッソは漫才6本

275

昨日12月1日、ネタライブ「倉本美津留の太鼓判 ~本当におもしろい芸人のネタだけ!~」が東京・ユーロライブにて開催された。

Aマッソ

Aマッソ

大きなサイズで見る(全15件)

このライブは放送作家の倉本美津留が「開拓者精神で闘っている、本当に僕が大好きで面白い芸人」と太鼓判を押す芸人を呼び、各コンビにネタを3本ずつ披露してもらうというもの。2公演行われ、A回には千鳥、ザ・パーフェクト、Aマッソと直前に出演が決まったジャルジャル、B回には笑い飯POISON GIRL BAND、Aマッソが登場した。

千鳥

千鳥[拡大]

90分にわたりネタのみをたっぷりと堪能できる濃厚なライブとあって、両公演ともに会場はお笑いファンでいっぱいに。テレビで放送されるネタ番組や賞レースで活躍してきた千鳥、笑い飯、POISON GIRL BAND、ジャルジャルはもちろん、今年8月から9月にかけて放送され、倉本が審査員を務めたドキュメントバラエティ「爆笑ファクトリーハウス 笑けずり」(NHK BSプレミアム)で存在感を示したザ・パーフェクト、Aマッソにも熱い視線が注がれた。

ザ・パーフェクト

ザ・パーフェクト[拡大]

どちらの回にも出演したAマッソはこの日、計6本の漫才を展開している。多彩な題材や設定、ボキャブラリー豊かな引き出しから繰り出される鋭い言葉の数々で観客を飽きさせない。ザ・パーフェクトもさらっと放る予測不可能なボケとそれを全力ですくい上げようとするツッコミの掛け合いで笑いを誘った。

左から、倉本美津留、宮沢章夫。

左から、倉本美津留、宮沢章夫。[拡大]

各回、ネタがスタートする前に倉本とゲストの宮沢章夫によるトークコーナーも。ラジカル・ガジベリビンバ・システムやシティボーイズなど時代を先導した笑いや、現在制約の多い中でも枠に収まろうとしない芸人の姿について語った。宮沢は「生で見るとまた違う。今日は呼んでもらってありがたかった」と満足気。倉本も「ほんまにたまらんね!」と芸人たちのネタを噛み締めていた。

今回の好評を受けて、このライブは継続される予定だという。次回はどの芸人がラインナップされるのか期待しておこう。

この記事の画像(全15件)

関連記事

Aマッソのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 Aマッソ / 千鳥 / 笑い飯 / POISON GIRL BAND / ジャルジャル の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。