内村光良監督「金メダル男」ヒロインは木村多江、ゴールデンコンビ目指す

207

内村光良が自身の1人舞台「東京オリンピック生まれの男」をもとに脚本を執筆した監督・主演映画「金メダル男」のヒロインを、木村多江が演じることがわかった。

映画「金メダル男」に出演する内村光良(右)と木村多江(左)。(c)「金メダル男」製作委員会

映画「金メダル男」に出演する内村光良(右)と木村多江(左)。(c)「金メダル男」製作委員会

大きなサイズで見る

来年2016年秋に全国公開される予定の「金メダル男」は既報の通り、内村と知念侑李(Hey! Say! JUMP)が2人1役で主人公の秋田泉一を演じるエンタテインメント作品。木村が演じるのは泉一とマネージャーとして出会う元アイドルの亀谷頼子役で、世の中のあらゆる一等賞を泉一とともに目指す重要な役どころだ。泉一と頼子が繰り広げるコミカルなやりとりに期待しよう。

内村光良のコメント

頼子は誰がいいかとなったときに浮かんだのが多江さんでした。何度か共演しましたが、物凄く芝居が跳ね返ってくる人だなという印象がありました。彼女ならこの頼子という役を面白がって演じてくれるんじゃないかなと期待して出演のオファーをしました。

具体的には、儚いとか、綺麗さよりも、可愛さとかチャーミングさを出せたらいいと思ってます。後、おっとりしているようで、意外にシャキシャキして、ちょっと男っぽいところもある(笑)。そういう所も出していきたいです。

とにかく、“頼子面白い”、“頼子で笑った”と映画を観た人に言ってもらえるような演出を心がけています。そんな木村多江さんを見せられたらいいなと。タイトルらしくゴールデンコンビを目指しています(笑)。

木村多江のコメント

出演のオファーがあった時、やったことのないことばかりで、できるか不安になりましたが、コメディーをずっとやりたかったので、新たに挑戦してみたいと思いました。

私が演じる亀谷頼子は元アイドルだが売れず、今は過去を隠し、殻をかぶって、自分を出さずに生きています。でも、泉一と一緒にチャレンジしていくことで、自分自身を守ることをやめ、殻をうちやぶって成長していきます。一生懸命だが、ちょっと変わっている女性です。

現場での内村監督は面白さを追求し、色々なパターンを発想し撮影していくところがすごいんです。どれが使われるかわからないので気が抜けない、意外と緊張感のある現場でした。

エンターテイメントの映画なので、とにかく楽しんでいただきたいです。私の新しいキャラも楽しんでいただけたら何よりです。

関連記事

内村光良のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 内村光良 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。