お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

元気よく喪に服しました!アメザリら商店街バンドの“音楽葬”大盛況

195

商店街バンド

商店街バンド

アメリカザリガニ、元JUDY AND MARYのTAKUYAを中心とする商店街バンドが昨日10月19日、東京・Shibuya eggmanにて「まさかの渋谷2DAYS 五輪の次はご臨終!音楽葬だヨ!全員集合!」の1日目を開催した。

オープニングアクトとして登場したのは禿夢。ワンワンニャンニャン菊地扮するキクがハゲギャグで会場を温めたあと、すべて当て振りの“エアバンド”ながらしっかりと楽器を構えて激しいパフォーマンスを展開する。途中から、ムートン伊藤扮するゲストボーカルのETチャンも参加し、ダンスナンバーを立て続けに投下して観客を踊らせた。

いよいよ登場した商店街バンドは黒い法被を羽織り、アメザリ柳原の父が亡くなったという設定で「お葬式」をテーマにステージを作り上げていく。きちんとした葬式にしたい柳原と、葬儀屋のアメザリ平井、あらゆる効果音やBGMを愉快に演奏してしまう商店街バンドの演奏陣のコミカルな掛け合いで笑いを誘った。

ゲストにクイズ作家として知られる古川洋平を迎え入れ、禿夢のメンバーと柳原でクイズ対決を繰り広げたコーナーや、ニコニコ生放送で人気を集める歌い手・恭一郎の登場でも大盛り上がり。最後はバンドで「商店街バンドのテーマ」を歌唱し、賑やかな“音楽葬”に幕を下ろした。

終演後には囲み取材が行われ、「元気よく喪に服しました!(笑)」と平井。柳原も「今までの設定と流れがあって、それをちゃんと理解した上で乗っかることを楽しむお客さんがすごく多いので、僕らも楽しかった」と感想を述べた。

今後の活動についてはTAKUYAが「来年は大坂とか、全国とは行かずとも段々と地方にも規模を広げていきたい」とコメント。武道館でのライブを報道陣から期待されると、平井は「行きましょうよ! 武道館」と乗り気で、柳原に「遊びに行くんちゃうぞ!」とツッコまれつつも、大きな会場でのライブに声を弾ませていた。

お笑いナタリーをフォロー