お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バナナマン「ミニオンズ」舞台挨拶、日村「オネエっぽい感じで一発OK」

105

映画「ミニオンズ」の公開記念舞台挨拶に登壇した(左から)藤田彩華、バナナマン、天海祐希、宮野真守、LiSA。

映画「ミニオンズ」の公開記念舞台挨拶に登壇した(左から)藤田彩華、バナナマン、天海祐希、宮野真守、LiSA。

映画「ミニオンズ」の公開記念舞台挨拶が本日8月1日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われ、日本語吹き替え版キャストのバナナマンと、天海祐希、宮野真守、LiSA、藤田彩華が登壇した。

「怪盗グルー」シリーズでおなじみのキャラクター・ミニオンを主役にしたこの作品は昨日7月31日に全国公開され、バナナマン設楽はネルソン一家の父、ウォルター・ネルソン、バナナマン日村はその息子、ウォルター・Jr.・ネルソンの声を担当。本日の舞台挨拶は本編の上映後に実施され、日村は「いかがでしたか? 我々、上手でしたか?」と客席へ気さくに呼びかけて大きな拍手を浴びた。

日村はウォルター・Jr.・ネルソン以外にも、自身の姿形とよく似たキャラクターを演じている。「『オネエっぽい感じでやってください』って指示されて一発でオッケーでした。やりやすかった」と吹き替えの裏側を明かし、設楽も「日村さんは普段からオネエが出ちゃうからやりやすいと思います」と補足した。

ミニオンがイタズラ好きなキャラクターということを受け、「これまで仕掛けた最高のイタズラ」というテーマでもトークが展開されることに。設楽は「(日村に対して)日常的にイタズラっぽいことをやってる。服のタグを見せてと言ってガンガン引っ張ったり、服を直してあげるときにちょっとパンチしたり。ワッ!と驚かすとか。小道具のモデルガンがあれば礼儀として向ける」とイタズラの内容を列挙して客席の笑いを誘う。日村は「ワッ!て言われると絶対驚く。設楽さんはワッ!がうまい人だから」と観念している様子だ。

舞台挨拶の終盤には、登壇者たちがこの夏の目標を発表。設楽は「友達を作りたい。日村さんは仲がいいほうだとは思うんですけど、友達という感じではない」と述べ、日村は「一緒にゴルフとか行くんですよ」と普段の交流を明かす。その日村は「ゴルフでスコア80を切りたい。最近89が出てるので」と具体的な目標を明かした。

お笑いナタリーをフォロー