お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ほぼフラット、雨上がり決死隊・宮迫が狂言の野村萬斎とお笑いコンビ役

69

雨上がり決死隊・宮迫が、2016年ゴールデンウイークに全国公開される映画「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」で、狂言師の野村萬斎と初共演することが明らかになった。

金子修介監督がメガホンを握り、古沢良太が脚本を手がける本作は、物や場所に残った人の記憶である“残留思念”を読み取ることができる男・仙石和彦を主人公とした物語。仙石は自らの能力を使いお笑いコンビ・マイティーズとして一時は脚光を浴びたが、精神をすり減らしてコンビを解散し、人目を避ける生活を送っていた。しかし元相方でピン芸人として活動を続けていたマイティ丸山が、「行方不明になった女性を探してほしい」という女子高生を連れて10年ぶりにやってくる。外界との関わりを拒否し、丸山を帰した仙石だったが、突然見たことのないビジョンが頭に浮かんだことをきっかけにある事件に巻き込まれていく。

このコンビを演じるのが宮迫と野村萬斎。マイティ丸山役の宮迫は「芸人ということもあって今のところ、ほぼフラットです(笑)」とコメントしたほか、相方・仙石役の野村に対して「初対面の感じがしなかった」と印象を語り、「お腹に響く発声はどうやってるんだろう?などと思いながら、ご一緒しています」と芸人とは違う発声への驚きについて述べた。

一方の野村は、宮迫とのコンビ役に「僕も漫才師になったような不思議な気分(笑)」とコメント。さらに「今回セリフの応酬で魅せる部分もあるこの作品の中で話芸を培われた宮迫さんと一緒にやると非常にテンポ感が出ます。わかりやすく言えば楽しいキャッチボール。お互いが楽しんでいて、それを人が見て楽しい。そんなコンビネーションになっていると思います」と2人の相性のよさを伺わせる。

金子修介監督も「まだ撮影は途中ですけど、萬斎さんと宮迫さんの掛け合いは昔からコンビをやってるんじゃないかと観ている人には思えるでしょう」と手応えを感じている様子。「萬斎さんのしっかりした芝居に宮迫さんがツッコミを入れてくるのが、実はしっかり計算されている。でも、そんなふうには見えないはずで、ニヤニヤとときには吹き出してしまいますよ」とファンの期待を煽っている。

雨上がり決死隊・宮迫 コメント

本来、映像のお仕事に限らず、ある程度の緊張を持って仕事に臨むんですけど、今回は芸人ということもあって今のところ、ほぼフラットです(笑)。
僕は幽霊=残留思念説っていうのを小学校からずっと唱えているんです。「幽霊はいない! ただの思いという映像が残っているんだ」と。なので、非常にこの話には興味を持ちました。舞台だってそうです。怖いですよ~、1000人の前で漫才やって、誰1人笑わない 。あのときの思念は絶対残ってます(笑)。
萬斎さんとお仕事させてもらうのは初めてなんですけど、とにかく初対面の感じがしなかった。不思議と、何の違和感もなくリズムよくできたんです。ただ我々もしゃべる仕事ですが、発声のレベルが全然違う。(萬斎さんの)役柄的には(発声を)抑えないといけないので、監督さんから注意されることもあるんですが、そのときの発声がすべてこっちのお腹に響いてくるから、すげ~なと!(笑) あのお腹に響く発声はどうやってるんだろう?などと思いながら、ご一緒しています。

お笑いナタリーをフォロー