お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

博多華丸・大吉、本当にYouTuberデビュー

384

博多華丸・大吉のYouTuberデビュー発表記者会見に出席した芸人たち。

博多華丸・大吉のYouTuberデビュー発表記者会見に出席した芸人たち。

博多華丸・大吉が本日4月22日、YouTube上で独自に制作した動画を継続して公開する、いわゆる“YouTuber”としてデビュー。東京・よしもとクリエイティブ・エージェンシー本社にて「YouTuberデビュー発表記者会見」が行われ、2人が出席した。

昨年2014年12月に華大が「日清食品 THE MANZAI 2014」で優勝した際、決勝の1本目で披露したネタが、「YouTuberになりたい」と華丸が主張する内容だった。このネタが現実となり、2人は今後チャンネル登録者数200万人という大きな目標へ向け、YouTubeで動画を配信していく予定だ。YouTuberとしての華大の初仕事は、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)の提供するビデオ配信サービス「PlayStationVideo」の紹介。「明太子にどのお酒が合うか呑み比べてみた!」と題した企画を織り交ぜながら、本日の会見中に華大自らが動画を配信した。

会見で大吉は「YouTuberになりたいというネタは作ったけど、そんなつもりはなかった」と正直に打ち明けて記者の笑いを誘う。その一方で今後の配信へ向けたさまざまなアイデアを明かし、「傾向と対策を練るのは得意。こんなにバックアップを受けているので、同期のナインティナインや同じ福岡のロバートなど、いろんな方の力を借りていきたい。最終的には福岡のPRビデオになるかもしれない」と語った。華丸は「数字で結果が出るのでやりがいがある。大吉先生の知恵を借りてがんばりたい」と意気込みを明かしている。

なお会見ではタケトがMCを務めたほか、ガリットチュウF2鈴川、はいじぃ、エッグ矢沢といった現在YouTubeで動画配信をしている芸人たちが華大にエールを送った。

お笑いナタリーをフォロー