お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

劇団ひとりMC「共感百景」がギャラクシー賞1月度の月間賞に

234

「共感百景~痛いほど気持ちがわかる あるある~」ロゴ (c)テレビ東京

「共感百景~痛いほど気持ちがわかる あるある~」ロゴ (c)テレビ東京

テレビ東京にて今年1月2日に放送された「共感百景~痛いほど気持ちがわかる あるある~」が、ギャラクシー賞1月度の月間賞に選出された。

ギャラクシー賞は放送批評懇談会が優れた番組や個人・団体を顕彰するもの。テレビ、ラジオ、CM、報道活動の4部門のうち、テレビ部門は毎月「月間賞」も選ばれる。テレビ東京によると、「共感百景」は応募作品としてではなく、委員会に推奨され月間賞に輝いた。番組プロデューサーの佐久間宣行氏(テレビ東京)は、この選出について「とても嬉しい!」とTwitterにてコメントしている。

劇団ひとりがMCを務めるバラエティ「共感百景」は、各界から集まったゲストがテーマにあわせて共感を誘う詩句“共感詩”を自由に創作する、不定期開催のイベントを番組化したもの。月間賞に選出された放送回には麒麟・川島、バナナマン日村、レイザーラモンRGらが出演し、ロックバンド・トリプルファイヤーのボーカル吉田靖直の詠んだ詩が最優秀共感詩に選ばれた。

なお「共感百景」のほか、WOWOWで放送された全豪オープンテニスの解説者として松岡修造、TBS「サンデーモーニング新春スペシャル『“群衆”と戦後70年』」、NHK Eテレ「パリ白熱教室会」が1月度月間賞に選出されている。

共感百景~痛いほど気持ちがわかる あるある~

テレビ東京 2015年1月2日(金)23:15~24:40※放送終了
<出演者>
MC:劇団ひとり
解説:俵万智 / 東直子
ゲスト:麒麟・川島 / 清水ミチコ / 清野とおる / 西加奈子 / 能町みね子 / 吉田靖直(トリプルファイヤー) / 大森靖子 / 大橋裕之 / 博多華丸・大吉・大吉 / バナナマン日村 / レイザーラモンRG

お笑いナタリーをフォロー