山本彩「identity」 PR

山本彩×阿部真央|2人のSSWがリンクした「喝采」

「決まってんでしょストレート一本勝負よ」

阿部真央

阿部 今日こうやってお話ししてみて、なんとなく山本さんと私は似ているかもなって思いました。私も自分で自分の首を絞めちゃうタイプだし。今回の「喝采」に「決まってんでしょストレート一本勝負よ」という歌詞があるんですけど、実は曲の中で最初にできた部分がここなんです。この言葉は私が感じた山本さんの実直な感じ、まっすぐな感じを言い表すのにピッタリだと思ったし、私自身がけっこう「まっすぐな性格だ」って言われることも多くて。「もしかしたら私と山本さんでリンクしている部分がここなのかもな」と思って、この歌詞の部分から広げていくことで「喝采」という曲ができたんです。

山本 うれしいです。阿部さんはいつも詞が先に思い浮かんでから曲を作るタイプなんですか?

阿部 私はメロディと詞、両方一緒に出てくるタイプですね。「ストレート一本勝負」のところも自然とメロディが付いて出てきた。山本さんは詞が先? 曲が先?

山本 私は曲を先に作ることが多いですね。

阿部 山本さんが作る曲のメロディはすごくキレイだと思います。ロマンチックな感じのメロディで、さらにちょっと乙女な感じの感性を持つ亀田さんのアレンジと合ってる。「Rainbow」も聴かせてもらってすごくきれいな曲が多かったからこそ、「汚い面も出したいよね」と思って「喝采」になりました。

左から山本彩、阿部真央。

山本 はい(笑)。ホントにこういう曲を書いてもらいたかったですから。1つ伺いたいんですけど、阿部さんは思い付いたメロディとか歌詞をどうやって残していますか? 私、曲のアイデアが浮かんでも後回しにしてしまうことがあって、それっきり忘れちゃうことが多いんですよね。

阿部 私もよくあります。なるべく携帯電話で録音したりして残すようにはしているんですけど、それができなくて自分が覚えてなかったらスパっとあきらめちゃいますね。自分が覚えられなかったんだから、それって他人に歌ってもきっと覚えてもらえないんだろうなと思って。

山本 確かにそうかもしれないですね。

──阿部さんは今作「identity」の中で気になる曲はありましたか?

阿部 山本さんが作詞作曲した「陸の魚」ですね。「喝采」中に「ステージで 声も出せないよ 息もできないよ」って詞があるんですけど、「陸の魚」には「どこかひとつの場所でしか 呼吸ができない」って詞があって。本人の口から出てくる感覚と、自分が想像していた山本さんの感覚っていうのがリンクしているのはすごくうれしかったですね。しかも「喝采」のあとに「陸の魚」が収録されているのも面白くて。

山本 「陸の魚」は、さっきお話ししたようなアイドルとソロを両方やることの苦悩を曲にしたものですね。曲を作る中でいろいろ考えるんですけど、私の中でアイドルとしての山本彩とソロとしての山本彩をキッパリ2つに分けることはできなくて。アイドルとしてやってることがソロに生きてくることはすごく多いし、ソロでの活動をNMB48に還元したいって気持ちもあるんです。

一人称が「僕」の理由

阿部 ソロアーティストとしての山本さんは、アイドルと一緒くたに見られてしまうことをどう思っているの?

左から山本彩、阿部真央。

山本 ある程度はそういうものだと思っていますけど、少なくともソロのときは自分をアイドルだと思わないようにしています。アイドルとして活動しているときは「かわいい」って言ってもらいたいんですけど、ソロのライブではかわいらしさみたいなものはいらないと思っているんです。

阿部 そうなんだ。

山本 説明はすごく難しいところでもあるんですけど、阿部さんの書く曲って女性目線のものが多いから一人称が“私”のことが多いと思うんですけど、私が書く曲ってどうしても一人称が“僕”になることが多いんですよ。アイドルとしての活動の反動と言うか、男性目線にすることでソロとしての気持ちの切り替えをしているのかもしれないです。

阿部 確かに“僕”の曲が多いね。

山本 でも将来的には阿部さんのように女性だからこそ書ける曲を書きたいなと思っているんです。例えば子供を授かってその経験を曲にするような、その瞬間でしか生まれない音楽を作ることへの憧れもありますし、それをやり続けている阿部さんへの女性としての憧れもすごくあるんです。

阿部 ありがとう。でも離婚はしちゃダメだよ(笑)。

山本 はい(笑)。今の私はまだ自分の中に眠っている女性らしさを出すのが恥ずかしいと思っている部分もあって。もう少し時間が経って、作曲において1人の女の子であることをしっかり受け入れられたらまた違う曲が書けるのかなと思っています。

人生にどんなことがあっても音楽をやっていきたい

山本 阿部さんは周りのイメージと自分自身が表現したいことにギャップを感じたことはありますか?

阿部 デビュー当初は「I wanna see you」とか「ロンリー」とかに大きいタイアップが付いたこともあって、私の音楽にすごくポップなイメージが付いてたんですよね。ただ私のやりたい音楽はポップなものばかりではないのになって気持ちはすごくありました。

山本彩

山本 そのイメージとのギャップからはどう脱却したんですか?

阿部 セールスが落ちたとしても私が「こういうものを今、世に出したいんです」って言い続けて、それを事務所とかレコード会社が通してくれたおかげだと思ってます。ただパブリックイメージと自分がやってることにギャップが生まれるっていうのは、それだけ注目されてるって証拠。活躍してる人が活躍してるときに突き当たる壁だし、もがいている感じって人間らしくてすごく魅力的だと思うんです。その感情を曲にしてまた浄化すればいいわけだし。

山本 はい。

阿部 今日はいろいろ話をしてみて、山本さんにはシンガーソングライターとしてやりたいことがたくさんあるみたいで、うれしくなりました。

山本 やりたいことはまだまだありますし、自分の中の課題もたくさんあると思っています。私は音楽が大好きだから、自分の人生にどんなことがあっても一生音楽をやっていきたい。そのために今、私ができることを1つずつやってるところなんです。傍から見たら遠回しなことをやっているように感じるかもしれないんですけど、私にとっては今のやり方が音楽をやるうえで自然な形なんだと思っています。

左から山本彩、阿部真央。
山本彩「identity」
2017年10月4日発売 / laugh out loud! records
山本彩「identity」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
3564円 / YRCS-95088

Amazon.co.jp

山本彩「identity」通常盤

通常盤 [CD]
3024円 / YRCS-95089

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. JOKER
    [作詞:山本彩、いしわたり淳治 / 作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  2. Wings
    [作詞・作曲:Carlos K. & Seiji Kameda / 編曲:亀田誠治 & Carlos K.]
  3. 夢の声
    [作詞・作曲:ヒロイズム & Seiji Kameda / 編曲:亀田誠治]
  4. Let's go crazy
    [作詞・作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  5. ゆびきり
    [作詞・作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  6. サードマン
    [作詞・作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  7. どうしてどうして
    [作詞:山本彩、いしわたり淳治 / 作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  8. 愛せよ
    [作詞:阿久悠 / 作曲:水野良樹 / 編曲:亀田誠治]
  9. 何度でも
    [作詞:吉田美和 / 作曲:中村正人、吉田美和 / 編曲:亀田誠治]
  10. 喝采
    [作詞・作曲:阿部真央 / 編曲:亀田誠治]
  11. 陸の魚
    [作詞:山本彩、いしわたり淳治 / 作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
  12. 春はもうすぐ
    [作詞・作曲:水野良樹 / 編曲:亀田誠治]

  13. [作詞・作曲:山本彩 / 編曲:亀田誠治]
初回限定盤DVD収録内容
  • JOKER(Music Video)
  • JOKER(Music Video Making)
阿部真央
「阿部真央らいぶNo.7@東京国際フォーラム」
2017年9月20日発売 / ポニーキャニオン
阿部真央「阿部真央らいぶNo.7@東京国際フォーラム」Blu-ray

[Blu-ray]
5940円 / PCXP-50518

Amazon.co.jp

阿部真央「阿部真央らいぶNo.7@東京国際フォーラム」DVD

[DVD]
5400円 / PCBP-53218

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 愛みたいなもの
  2. 逝きそうなヒーローと糠に釘男
  3. Don't let me down
  4. ふりぃ
  5. You Said Goodbye
  6. 君を想った唄
  7. わかるの
  8. Don't leave me
  9. 母である為に
  10. いつの日も
  11. 背中
  12. 側にいて
  13. バイバイ
  14. Hello, Brand New Days
  15. この時を幸せと呼ぼう
  16. gasp
  17. POSE
  18. Believe in yourself
  19. ロンリー
  20. 伝えたいこと
  21. モットー。
  22. それぞれ歩き出そう

EC1 モンロー

EC2 I wanna see you

EC3 女たち

山本彩 ツアー情報
  • 2017年10月20日(金)広島県 広島文化学園HBGホール
  • 2017年10月24日(火)福岡県 福岡サンパレス
  • 2017年11月11日(土)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2017年11月13日(月)北海道 わくわくホリデーホール
  • 2017年11月17日(金)宮城県 仙台サンプラザホール
  • 2017年11月19日(日)東京都 NHKホール
  • 2017年11月21日(火)大阪府 オリックス劇場
  • 2017年11月22日(水)大阪府 オリックス劇場
山本彩(ヤマモトサヤカ)
山本彩
2010年に結成されたNMB48に1期生として加入。同グループのキャプテンを務め、AKB48の選抜メンバーとしても活躍する。2015年より放送されたNHK「連続テレビ小説『あさが来た』」の主題歌「365日の紙飛行機」でセンターを務め、大きく注目を集めた。2016年10月には1stソロアルバム「Rainbow」をリリース。また同年大みそかにオンエアされた「第67回NHK紅白歌合戦」の番組内で実施された企画“夢の紅白選抜”では1位を獲得した。2017年10月には2ndソロアルバム「identity」をリリースした。
阿部真央(アベマオ)
阿部真央
1990年1月24日生まれ。大分県出身のシンガーソングライター。2009年1月にアルバム「ふりぃ」でポニーキャニオンからメジャーデビュー。等身大の歌詞とポップなメロディ、表現力豊かなボーカルが、同世代を中心に支持を集める。2010年1月に2ndアルバム「ポっぷ」、2011年6月に3rdアルバム「素。」をリリース。全国ツアーやアヴリル・ラヴィーンの来日公演にオープニングアクトとして出演するなど精力的なライブ活動を展開する。CDデビュー5周年を迎えた2014年8月、初のシングルコレクションアルバム「シングルコレクション 19-24」を発表。2017年2月には7枚目のオリジナルアルバム「Babe.」をリリースした。同年9月にはライブDVD / Blu-ray「阿部真央らいぶNo.7@東京国際フォーラム」を発表した。