ナタリー PowerPush - THE COLLECTORS

新春3本勝負! vs. MONGOL800、TRICERATOPS、BRAHMAN

THE COLLECTORSの新春ウイークリーライブ「The Collectors CLUB QUATTRO Weekly Event "NEW YEAR CHAMPIONSHIP"」が1月6日から3週にわたって開催された。

会場となったのは彼らにとってホームともいえる地、東京・渋谷CLUB QUATTRO。4人はここでMONGOL800、TRICERATOPS、BRAHMANといった強力なメンツを招き、タイマン勝負を決行した。本特集ではそのツーマンライブの模様を、フォトギャラリーと共に各日お届けする。

取材・文 / 伊藤実菜子 ライブ写真撮影 / 柴田恵理

 
mixiチェック

1月6日 THE COLLECTORS vs. MONGOL800

MONGOL800

2013年がスタートして間もない、ウイークリーライブ初日の1月6日にはゲストにMONGOL800が出演。ライブはクラウドサーファーが続出する熱い盛り上がりを見せた。

SEの「Enjoy Yourself」に合わせて踊りながらステージに姿を現したキヨサク(Vo, B)、タカシ(G)、サトシ(Dr)の3人は、キヨサクの「あけましておめでとうございます、MONGOL800でーす! 遊びましょー!」というお正月気分を高める一声を合図に新曲「Love song」からライブを開始。続けてキラーチューン「あなたに」、oiコールが沸き起こった「face to face」と、序盤はアッパーな楽曲が連投される。最初のMCではキヨサクが「新年モンパチライブ始め、コレクターズ兄さんとの対バンでございます」と嬉々として述べ、オーディエンスの歓声を浴びていた。

「DON'T WORRY BE HAPPY」や「小さな恋のうた」でフロアの一体感が増したあとは、優しげなギターフレーズが印象的な「Rise & Shine」、観客のピースサインの波が広がった「神様」、ドラマチックに聴かせる「タユタウタ」が披露され、会場には感動的な空気が作り出される。その空気をにぎやかなものに一変させたのはラストナンバー「PARTY」。彼らはライブをハッピーに締めくくり、先輩へバトンを渡した。

THE COLLECTORS

そして“年の差20歳”のモンパチを迎え撃つコレクターズのステージに。SEもなく古市コータロー(G)、小里誠(B)、阿部耕作(Dr)の3人が舞台に登場し、古市がフィードバックノイズをフロアに浴びせて「MILLION CROSSROADS ROCK」のイントロを鳴らすと、加藤ひさし(Vo)が勢いよくフロントに駆け出してきた。加藤はユニオンジャックをでかでかとあしらった派手なジャケットに真っ青なパンツという出で立ちで、マイク片手にパワフルな歌声を轟かせる。それを古市の爆音ギター、リズム隊の盤石なプレイが支え、観客はあっという間にコレクターズの世界に魅せられていった。

「カメレオン・ダイナマイト」「TOUGH」でまずオーディエンスの心をつかんだ彼らは、加藤の「あけましておめでとう!」という挨拶から最初のMCに突入。加藤の弁舌は最初から冴えわたっており、ここでは以前所属していた事務所の給料についての話、凶がよく出るというおみくじで吉を引いた話、この日運転してきた車中で走行距離のメーターが88888になった瞬間を写真に収め損ねた話などが、古市との掛け合いの下あけすけに語られた。

THE COLLECTORS

ポジティブなメッセージソング「未来地図」をまっすぐ届けたあと、彼らはモータウンビートが心を浮き立たせる「Stay Cool! Stay Hip! Stay Young!」、スピーディな「恋はヒートウェーヴ」を立て続けに披露しフロアを踊らせていく。その後加藤がモンパチを引き合いに出し「年の差20歳、でも感じさせないね。先方がMONGOL800なら俺たちは“チベット1500”? もっといく? “ヒマラヤ8億”?」と冗談を飛ばして再びMCタイムへ。話はモンパチのメンバー1人だけがコレクターズの沖縄ライブに訪れたというエピソードから、コンビニ店員がレジで行う年齢判別についての議論までにおよび、最終的に若く見られたがる加藤に古市が「それは50(歳)超えないとわかんない心境だね」とさらりと述べて観客の爆笑をさらった。

その後は、1月23日リリースのニューアルバム「99匹目のサル」に収録される「プロポーズソング」が演奏される。この曲はタイトルのとおり結婚相手への熱い気持ちを歌った直球のラブソング。加藤は誠実な思いを込めるように歌い、オーディエンスからの温かい拍手を受けた。「プロポーズソング」から始まったこのブロックではしっとりと聴かせるナンバーを中心に展開。「僕は恐竜」では暗いステージにメンバーのシルエットが浮かび上がり、場内には幻想的な雰囲気が生み出された。

加藤ひさし(Vo)

3度目のMCでは、加藤が「ロックンロールをもうデビューして26年やってるんだけどね、まだまだ若僧だと思ったな。ていうのはね、去年の紅白観たら五木ひろしがギター弾いてた(笑)」と話したことから五木ひろし談義がスタート。「俺こんな時代が来ると思わなかったよ。もう『五木ひろしさん』て呼ぶ」(加藤)、「(ギターは)俺なんかより全然うまいよきっと。Dmに関してはね」(古市)と自由奔放な会話が繰り広げられ、さらには野口五郎、西城秀樹の名前も飛び出す世代トークとなった。またケータリングに餅が用意されていたことへのツッコミもあり、年始ならではの話題で客席を盛り上げた。

怒涛のギターソロが炸裂した「たよれる男」、観客を熱狂させた「NICK! NICK! NICK!」を経て、ライブは本編最後の「GROOVE GLOBE」へ。そしてアンコールでは「僕の時間機械」が届けられた。加藤はハイテンションなこの曲を、全身を大きく動かしながら歌ってオーディエンスを高揚させる。またシンバルを大きく打ち鳴らす阿部のアグレッシブさに呼応するように、古市、小里も気迫に満ちたプレイを披露。圧巻のステージで貫禄を見せつけた4人は、肩を組んで観客に一礼し、初戦の舞台を後にした。

MONGOL800セットリスト

1 Love song
2 あなたに
3 face to face
4 DON'T WORRY BE HAPPY
5 小さな恋のうた
6 Rise & Shine
7 神様
8 タユタウタ
9 PARTY

THE COLLECTORSセットリスト

1 MILLION CROSSROADS ROCK
2 カメレオン・ダイナマイト
3 TOUGH
4 未来地図
5 Stay Cool! Stay Hip! Stay Young!
6 恋はヒートウェーヴ
7 プロポーズソング
8 僕は恐竜
9 未来のカタチ
10 たよれる男
11 NICK! NICK! NICK!
12 GROOVE GLOBE
13 <アンコール>
僕の時間機械

PHOTO GALLERY

  • MONGOL800
  • キヨサク(Vo, B)
  • タカシ(G)
  • サトシ(Dr)
  • 左から加藤ひさし(Vo)、古市コータロー(G)。
  • 古市コータロー(G)
  • THE COLLECTORS
  • 古市コータロー(G)
  • 加藤ひさし(Vo)
  • 左から加藤ひさし(Vo)、阿部耕作(Dr)。
  • 阿部耕作(Dr)
  • 小里誠(B)
THE COLLECTORS ニューアルバム「99匹目のサル」 / 2013年1月23日発売 / 日本コロムビア
初回限定盤 [CD+DVD] / 3675円 / COZP-733~4
通常盤 [CD] / 2625円 / COCP-37694
CD収録曲
  1. 喜びの惑星
  2. 未来地図
  3. プロポーズソング
  4. 99匹目のサル
  5. 誰にも負けない愛の歌
  6. オスカーは誰だ!
  7. ドーナツソング
  8. ごめんよリサ
  9. 残像恋人
  10. 雨と虹
  11. 電気を作ろう!
  12. COME ON LET'S GO!
初回限定盤DVD収録内容
  1. プロポーズソング(MUSIC VIDEO)
  2. 99匹目のサル(MUSIC VIDEO)
  3. COME ON LET'S GO!(MUSIC VIDEO)
  4. オスカーは誰だ!(MUSIC VIDEO)
  5. 未来地図(MUSIC VIDEO)
  6. 誰にも負けない愛の歌(MUSIC VIDEO)
MONGOL800 ベストアルバム「800BEST -simple is the BEST!!-」2013年1月23日発売 / 2800円 / TISSUE FREAK RECORDS / HICC-3401~3402
MONGOL800 ベストアルバム「800BEST -simple is the BEST!!-」
CD収録曲
  1. DON'T WORRY BE HAPPY
  2. 小さな恋のうた
  3. スコール
  4. face to face
  5. あなたに
  6. 琉球愛歌
  7. 月灯りの下で
  8. 神様
  9. 夢叶う
  10. I'll be
  11. ヨロコビノウタ
  12. 愛する花
  13. ターコイズ
  14. ガジュマルの木
  15. あるがまま
DVD収録内容(※初回出荷分のみ)
  1. 煩悩のブルース
  2. Hokus-o-em
  3. face to face
  4. 安里屋ユンタク
  5. snow white
  6. 神様
THE COLLECTORS(これくたーず)

加藤ひさし(Vo)、古市コータロー(G)、小里誠(B)、阿部耕作(Dr)の4名からなるロックバンド。1986年に加藤を中心に結成。1987年に「僕はコレクター」でデビューすると同時に、ブリティッシュロック、サイケデリック等のエッセンスを取り入れたサウンドが話題を集め、日本のモッズシーンを代表するバンドとして認知される。ポップなメロディと洗練されたアレンジ、激しいライブパフォーマンスは、モッズの枠を超えて多くのロックファンの支持を集め、結成から20年以上経つ今もシーンの第一線で活躍し続けている。2013年1月23日、19枚目となるオリジナルアルバム「99匹目のサル」をリリース。

MONGOL800(もんごるはっぴゃく)

上江洌清作(Vo, B)、儀間崇(G)、高里悟(Dr)による沖縄在住のスリーピースバンド。高校在学中の1998年に沖縄で結成。1999年に沖縄限定で「GO ON AS YOU ARE」をリリースするが、あまりの反響の大きさから2000年に全国発売となる。2001年に発売したアルバム「MESSAGE」は収録曲がCMソングに使用され、インディーズレーベルからの発売としては異例のメガヒットを記録。幅広い世代に響くキャッチーなメロディとストレートな歌詞でリスナーを魅了している。