音楽ナタリー PowerPush - まじ娘×ホリエアツシ(ストレイテナー)×みきとP

歌い手、バンドマン、ボカロPが交わった理由

まじ娘が1stアルバム「Contrast」をリリースする。

ナタリーではアルバムの発売を記念して、リード曲「アマデウス」の作詞作曲を手がけたホリエアツシ(ストレイテナー)と、編曲を担当したみきとP、そして歌い手のまじ娘の鼎談を企画した。楽曲の依頼を受けた当初は歌い手やボカロPたちの活動に明るくなかったというホリエが、ネットを中心とした彼らの音楽活動をどう捉え、どのような思いを曲に込めたのか。またまじ娘と「EXIT TUNES ACADEMY」のステージで共演する機会も多いみきとPが彼女の魅力について語るなど、3人の話は多岐にわたった。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 小坂茂雄

 
mixiチェック

最初は信じてなかった

──歌い手のデビューアルバムに、第一線で活躍するバンドマンが楽曲を提供するケースはこれまであまりなかったように思います。ホリエさんは今回まじ娘さんへの楽曲提供はどういう経緯で実現したのでしょうか?

まじ娘 アルバムを作るに当たって、レーベルの人に「好きなアーティストは誰?」って聞かれて、「ストレイテナーが好きです」って言ったら、偶然その方がホリエさんの知り合いだったみたいで。

左からまじ娘、ホリエアツシ(ストレイテナー)、みきとP。

ホリエアツシ 僕がインディーズのときにお世話になっていた八王子のレコード店で働いていた方が今、EXIT TUNESにいて。それで連絡をもらったんです。

まじ娘 まず最初にホリエさんと飲みに行く機会を用意していただいたんですけど、もうそのときは緊張して食べ物が全然のどを通らなくて……。

ホリエ そうだったんだ(笑)。「ストレイテナーを好きだっていう歌い手がいる」って連絡をもらったんですけど、あまりそういうのを言われ慣れていないから、ちょっと信じてなかったんですよ。レーベルの人がたまたま俺を知ってたから来た話だろうと思ってた。でも実際飲みに行ってまじ娘ちゃんと話してみたら、「バンドでストレイテナーのコピーをしたこともある」って言ってくれて。聴く音楽の趣味も似てたし、これは本気で取り組まないといけないぞと思って曲を書くことにしました。

──みきとさんはホリエさんが作った楽曲の編曲を担当することになるわけですが、初めにこの話を聞いてどう思いましたか?

みきとP まず最初に思ったのは「なぜ俺が編曲することになったの?」っていうことですね。なんでだったんですか?

ホリエアツシ(ストレイテナー)

ホリエ 最初にまじ娘ちゃんの歌を聴いたのは「心做し」で、それがすばらしくて。いくつか追加で彼女の歌を送ってもらった中にみきとPが作った「世田谷ナイトサファリ」が入ってたんですよ。この曲、メロディがカッコよくて歌詞も好きなんですけど、何よりアレンジがメチャクチャよくて。みきとPのほかの曲も聴かせてもらって「これはちょっとやられたぞ」って思ったんですよ。だから僕から「みきとPにアレンジをお願いするのはどうですか?」って提案させてもらったんです。

みきとP これまでアレンジをほかのアーティストに委ねるってこともあまりやっていないですよね。

ホリエ そうですね。バンドではメンバー4人でアレンジするので、僕はデモをほかのパートまでかっちりアレンジして作らないし。各パートのメンバーそれぞれが鳴らしてくるアレンジを尊重してアンサンブルを作っていくタイプです。

みきとP 僕もストレイテナーは好きで聴いていたんですけど、改めて調べてみたらホリエさんはほかのアーティストに曲を書いていないってことがわかって。これは責任重大だなっていうのは感じていました。「アマデウス」のミックスは友達募集Pと一緒にやったんですけど、ホリエさんが作曲、まじ娘が歌うっていうことで作業中もいい緊張感があったのを覚えています。

作家心をくすぐられた

ホリエ 今回のお話をいただいたとき、僕は歌い手とかボカロPっていう方々の活動に関してはあまり明るくなかったので、最初にレーベルの人に説明書みたいなものを作ってもらって彼らの活動のことを教えてもらったんです。ネット上でこういうムーブメントが巻き起こっていることに驚いたんですけど、何よりもまじ娘ちゃんが歌っている映像が本当に素敵で。それを観てすぐやりたいですって返事をしました。実は僕、これまでアーティストに楽曲を提供した経験がなくて。

──ほかのアーティストに楽曲を提供することに抵抗があったんですか?

ホリエ 別に避けてきたってわけでもなく、その機会をうかがっていたというか。でも、例えばすでに有名でイメージが定着している人に曲を提供すると、自分の色を出すのが難しいかなとか思ってたんです。今回の場合はこれからデビューするシンガーへの楽曲提供だったから、すごく意味のあることだなと思ってすぐにOKの返事をしました。

──歌い手や、ボカロPたちの活動の説明を聞いて、どう思いましたか?

ホリエ 衝撃でしたね。僕も昔はニコニコ動画を観ていたんですよ。まだニコ動が始まってそんなに経ってない頃だと思うんですけど、無料会員になってアーティストのPVとかライブ映像を観たり。あとストレイテナーの曲と「(天元突破)グレンラガン」ってアニメの映像がすごくいい感じに合わさったMAD動画があって、感動して泣いたこともあります。

まじ娘

まじ娘 泣くんですね!

ホリエ 本当によくできてて、泣きましたね。ただその後、生放送ができるようになったり、ユーザーがチャンネルを持ったりできるようになった頃にはニコ動から離れちゃったんです。だからボカロPとか歌い手っていうのは言葉としてしか知らなくて。今回改めてそういうシーンに向き合ってみたら曲がよくて、いろいろ観てしまいました。

──曲のクオリティの高さに惹かれたんですね。

ホリエ そうですね。曲の構成とか展開が複雑なんですよ。単純にクリエイターたちがテクニックのせめぎ合いをしてるというか。人力でできるかできないかのギリギリのところを攻めてるみたいな感じが、作家心をくすぐられて。

みきとP VOCALOIDって人間じゃないから、表現の幅がやっぱりある程度のところまでしかいかない部分があるんですよ。だから作り手側はアレンジで盛り上げるっていう風潮があるんだと思います。そうしてアレンジが盛りに盛られた曲を初音ミクが完璧に歌う、そういう相乗効果がある。

ホリエ ボカロに限界があることが曲を複雑にして、そこが長所になってるわけなんですね。

まじ娘 1stアルバム「Contrast」2015年4月1日発売 / 2268円 / EXIT TUNES / QWCE-00400 / Amazon.co.jp
「Contrast」
収録曲
  1. アマデウス
    Music & Lyrics:ホリエアツシ Arrangement:みきとP
  2. サリシノハラ
    Music & Lyrics:みきとP
  3. アイロニ
    Music & Lyrics, Arrangement:すこっぷ
  4. 心做し
    Music & Lyrics, Arrangement:papiyon
  5. さよならミッドナイト
    Music & Lyrics, Arrangement:大柴広己(もじゃ)
  6. グロウフライ
    Music & Lyrics:buzzG
  7. Hypocrite Syndrome
    Music & Lyrics, Arrangement:スズム
  8. 独りんぼエンヴィー
    Music & Lyrics:koyori
  9. ウミユリ海底譚
    Music & Lyrics:n-buna
  10. ペテン師が笑う頃に
    Music & Lyrics:梨本うい
  11. ノクターンとクラゲ
    Music & Lyrics:164
  12. ハルニキミト
    Music & Lyrics:ねこぼーろ / ササノマリイ
  13. 回らないトゥシューズ
    Music:透 Lyrics:椿
  14. ローレライ
    Music & Lyrics:monaca:factory
  15. 君に最後の口づけを
    Music & Lyrics:papiyon
  16. end
    Music & Lyrics, Arrangement:まじ娘

<ボーナストラック>

  1. 羊水の記憶
    Music:小島恵理 Lyrics:武内千佳 Arrangement:スズム
まじ娘「Contrast release party」

2015年6月13日(土)東京都 東京キネマ倶楽部
<出演者>
まじ娘
ゲスト:ホリエアツシ(ストレイテナー) / みきとP

ストレイテナー ニューシングル「The Place Has No Name」2015年4月22日発売 / UNIVERSAL MUSIC
「The Place Has No Name」
初回限定盤 [CD+DVD] 2052円 / TYCT-39030 / Amazon.co.jp
通常盤 [CD] 1080円 / TYCT-30041 / Amazon.co.jp
CD収録曲
  1. The Place Has No Name
  2. 覚星
  3. The Place Has No Name -instrumental-
  4. 覚星 -instrumental-
初回限定盤DVD収録内容

"Swimming City Flying Circus TOUR -2014.11.28 at SHIBUYA CLUB QUATTRO-"

  1. The Novemberist
  2. 泳ぐ鳥
  3. BLACK DYED
  4. Super Magical Illusion
  5. クラムボン・インザエアー
  6. Wonderfornia
  7. You and I
  8. 彩雲
  9. The World Record
  10. 瞬きをしない猫