音楽ナタリー Power Push - 「アイドルうぉーず」1stアルバム「LEGEND of DIVA」

加藤英美里&西明日香によるアイドルうぉーず“神曲”解説

アイドル育成ブラウザゲーム「アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちな僕~」の配信1周年を記念したアルバム「LEGEND of DIVA」が、リリースされた。

本アルバムは、ゲームの世界の中で“伝説のDIVA”として崇められている6人のアイドルが歌う“神曲”を集めたもの。この6人のアイドルの声を担当する声優の加藤英美里、巽悠衣子、小清水亜美、西明日香、生天目仁美、後藤邑子によるバラエティ豊かなキャラクターソングに加え、声優の米澤円が本人名義で歌うオープニングテーマとエンディングテーマも収録されている。

音楽ナタリーでは加藤と西の2人に、アルバムの聴きどころや、それぞれのキャラクターおよびキャラソンに対する思いを語ってもらった。

取材・文 / 須藤輝 インタビュー撮影 / 入江達也

  • 45

    30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな西明日香をよろしくお願いします(笑)

──加藤さんと西さんがお二人でメディアに出られるのって、ひょっとして初めてですか?

加藤英美里 そうかも。現場とかでは会ったりするんですけど。

西明日香 こういう取材は初めてですよね。英美里さんとは出身校(アミューズメントメディア総合学院)が同じなので、それをきっかけにお近付きになろうとしてて(笑)。

左から西明日香、加藤英美里。

加藤 さっきもメイク中に、学校の話ですごい盛り上がったよね。

西 私は在学中から英美里さんの活躍を見ていて、ずっと憧れの先輩だったんです。だから今日はご一緒できてすごくうれしいです。すでにたくさんおしゃべりできましたし。

──西さんは下ネタ好きを公言してらっしゃいますが、そのあたりもオープンに?

西 そこは猫を被ってます。

加藤 えー、そうなの?

西 被ってるんです。ちゃんとした後輩でいようと(笑)。

──ラジオネームが「ぺったんこぱいぱい」なのに?

加藤 何それー?(笑)

西 違うんです。いや、自分がやってるラジオ(「西明日香のデリケートゾーン!」)で、ヒャダインさんのラジオ(「ヒャダインのわーきゃーいわれたい」)に投稿したいっていう話をしてて、「じゃあラジオネームが必要だね」ってなって、リスナーの方から募集をしたんですよ。その中で「ぺったんこぱいぱい」が一番語呂がよかったので……。

加藤 ひどい(笑)。

西 っていうのがちょうど放送されたもんで、こんな卑猥な言葉が飛び交っててすみません!

加藤 大丈夫だよそのくらい。

西 ほんとですか? こんな西明日香をよろしくお願いします(笑)。

英美里さんの声で叱られたい

──「LEGEND of DIVA」は、ブラウザゲーム「アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちな僕~」から生まれたアルバムですが、ゲームで加藤さんや西さんが演じられているキャラクターたちはどういう位置付けなんですか?

加藤英美里

加藤 ゲームの中では「伝説のDIVA」と呼ばれている、現役アイドルたちの憧れの存在ですね。

西 人気絶頂期に引退してしまったんですけど、彼女たちの残した歌は神曲として今でも歌い継がれているっていう設定で。

加藤 私の演じている遠藤天声ちゃんは、ちょっとドジっ子なところもあるんだけど、マジメで元気な王道の主人公キャラですね。

西 キービジュアルそのままの、芯の強そうな正統派アイドルですよね。

加藤 私自身は正直、天声ちゃんほどマジメではないと思うんですけど、演じるにあたっては「こういうアイドルでいてほしい」みたいな、私の理想のアイドル像を投影しました。

西 叱られたいですね。

加藤 明日香ちゃんが、天声ちゃんに?

遠藤天声(CV:加藤英美里)

西 はい。英美里さんの演じる天声ちゃんは、ほんとにマジメにアイドル業に取り組んでいるっていうのが伝わってくるんですよ。だから「きみ、ヘラヘラしてないでしゃんとしなさい」みたいに言われてたいなって(笑)。

──わかります。その気持ち。

加藤 ええー! そうなのかー。どういうわけか、私はファンの方と接するイベントとかでも「罵ってください」とか「殴ってください」とか、けっこう言われるんですよ。

──加藤さん自身のキャラクターや声がSっぽいかというと、そうではないんですけど……。

加藤 一部の方には響いちゃうんですかね。でも「罵ってください」って言われても、なんて言ったらいいかわからなくて困っちゃうんです。「え? 『このブタ!』とか言えばいいの?」みたいな(笑)。

私の声は「なんとかなる」キャラクター向き

──天声ちゃんに話を戻すと、アイドル役で主人公ポジションでというと、加藤さんが演じてきたキャラの中ではアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」の彩瀬なるが思い浮かんだのですが、重なる部分はありました?

加藤 言われてみれば、ありますね。天声ちゃんは「なんとかなる」が口癖なんですけど、「プリリズ」のなるちゃんも、うれしいときに「ハピなる!」って言ったり、「○○なるなる」って語尾に付けて話したりする子で。私自身も「なんとかなる」精神で生きてます。

西明日香

西 ポジティブ!

加藤 そう。だから、そういう共通点があったのもうれしかったですね。もしかしたら私の声は「なんとかなる」って言うようなキャラクター向きなのかも(笑)。

西 あははは(笑)。

──確かにアニメ「ゆるゆり」シリーズの大室櫻子あたりはその典型のような。

加藤 そうですね。櫻子ちゃんは完全なお気楽キャラ。逆にすごくマジメなキャラとか、おしとやかなキャラは演じてても難しいなって思います。

1stアルバム「LEGEND of DIVA」 / 2016年7月13日発売 / 3240円 / Victor Entertainment / VICL-64583
「LEGEND of DIVA」
収録曲
  1. BrandNewDiva. / 米澤円
  2. きらきらソング / 遠藤天声(CV:加藤英美里)
  3. 夢届けアナタニ / 小日向春菜(CV:巽悠衣子)
  4. 無敵レボリューション / 柳瀬葵(CV:小清水亜美)
  5. マシンガントーク! / 福山やま(CV:西明日香)
  6. da・da・da ダンス / 望月リリィ(CV:生天目仁美)
  7. マジかる★ドリーム / 東雲咲姫(CV:後藤邑子)
  8. Promise of the day / 米澤円
  9. サービストラック / 遠藤天音、小日向春菜、柳瀬葵、福山やま、望月リリィ、東雲咲姫
アイドルうぉーず~100人のディーバと夢見がちな僕~

「カードバトルゲーム×アイドル」をコンセプトに制作されたブラウザ型アイドル育成ゲーム。プレイヤーは芸能事務所の新米プロデューサーとしてアイドルをスカウトおよび育成し、ライバル事務所と競い合う。総勢100人のアイドルが登場するのが魅力。

加藤英美里(カトウエミリ)
加藤英美里

アミューズメントメディア総合学院卒業後の2004年より声優として活動を開始。主な出演作に「物語」シリーズや、「シュヴァルツェス マーケン」「がっこうぐらし!」「オーバーロード」「魔法少女まどか☆マギカ」「ゆるゆり」「らき☆すた」などがある。

西明日香(ニシアスカ)
西明日香

アミューズメントメディア総合学院卒業後の2008年より声優活動を開始。主な出演作に「きんいろモザイク」「てさぐれ!部活もの」「魔法少女なんてもういいですから。」などがある。2016年10月にソロデビューする予定。