音楽ナタリー Power Push - 秦基博

ツアーメンバーと語る「スミレ」と音楽家としての魅力

3年ぶりのオリジナルアルバム「青の光景」がロングセールスを記録中の秦基博から、早くもニューシングル「スミレ」が届けられた。桐谷美玲主演のテレビ朝日系ドラマ「スミカスミレ 45歳若返った女」の主題歌としてオンエア中の表題曲は、ポップなメロディとミステリアスな雰囲気のストリングスが印象的なアップチューン。3月5日に福岡・福岡サンパレスでスタートする全国ツアー「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016-青の光景-」でもステージを彩る1曲になりそうだ。

今回ナタリーでは、秦とツアーメンバーの皆川真人(Key)、鈴木正人(B / LITTLE CREATURES)、あらきゆうこ(Dr / MI-GU)、弓木英梨乃(G / KIRINJI)の座談会を企画。全国ツアーの展望、「スミレ」の制作エピソード、そして秦の音楽の魅力についてたっぷりと語り合ってもらった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 後藤壮太郎

  • 533

    152

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から新人っぽくなかった

──ツアーリハーサル前の貴重な時間に集まっていただき、ありがとうございます。まずはバンドメンバーと秦さんとの出会いについて伺いたいのですが。

左から皆川真人、あらきゆうこ、秦基博、弓木英梨乃、鈴木正人。

皆川真人 僕は「鱗(うろこ)」(2007年6月発売の2ndシングル)のレコーディングで、ピアノを弾いたのが最初でしたね。

──秦さんはデビュー当初から落ち着いた雰囲気だったと聞いています。

皆川 それは今も変わらないですね(笑)。

秦基博 「鱗(うろこ)」のレコーディングは初めて亀田誠治さんをプロデューサーに迎えたり、ドラマーが山木秀夫さんだったりしたこともあって、緊張していたはずなんですけど……。

皆川 絶対そうだと思うんだけど、それが表に出ないんだよね。

 それはよく言われてました。「新人らしからぬ」って(笑)。

あらきゆうこ 私は事務所(オフィスオーガスタ)が一緒なんですけど、秦くんが事務所に入ったのは10年前くらい?

 そうですね。それで、2006年の「Augusta Camp」にオープニングアクトで出演させていただいたので。

あらき 会場が富士急ハイランドの中のコニファーフォレストだったんですけど、私と杏子さんで秦くんのチラシをパンフレットに折り込んだんです。その間、秦くんはスキマスイッチのチームとジェットコースターに乗りに行ってて(笑)。

 覚えてます(笑)。スキマスイッチのチームに「行くぞ」って言われて、長澤(知之)くんと「行かないわけにはいかないな」って。で、戻ってきたらお2人が僕のチラシを折り込んでくれてて「ヤバい!」って思いました(笑)。レコーディングでご一緒したのは福耳の「夏はこれからだ!」(2008年7月発売のシングルの表題曲)のときですよね。

あらき そうだね。秦くんはやっぱり最初から堂々としてた気がしますね。新人っぽくはなかったかな。

 フレッシュな気持ちでやってたんですけどね……。

「鱗(うろこ)」を高校生の頃に聴いていました

鈴木正人 僕が秦くんと出会ったのは最初のミニアルバムのときですね。

秦基博

 「僕らをつなぐもの」(2007年3月発売)ですね。その中の「dot」と「青」のアレンジを正人さんにお願いして。

──鈴木さんは秦さんにどんな印象を持ちましたか?

鈴木 とにかく歌がうまいなという印象でしたね。ギターも上手だったから、レコーディングでも「弾いたほうがいいよ」って言って。すごい人が現れたなって思いました。

──弓木さんは今回のツアーが初参加ですね。どんな経緯で参加することになったんですか?

弓木英梨乃 私も聞いてみたいです、秦さんに。

 あはは(笑)。最初に弓木さんを知ったのは、テレビなんです。歌番組で柴咲コウさんが僕の楽曲「アイ」を歌ってくれるっていうので観ていたときに、サポートでギターを弾いていたのが弓木さん。女性のギタリストがアコギもエレキも弾くし、さらにはコーラスまでやっていて気になったんです。その後、KIRINJIのメンバーだってことも知って。で、今回のツアーでぜひギターを弾いてほしいなと思い、オファーさせていただきました。

──弓木さんは秦さんに対してどんなイメージを持ってましたか?

弓木 今皆さんのお話を聞いて、デビューの頃から一緒にやられてたんだってビックリしてたんですけど、それこそ「鱗(うろこ)」の頃私はまだ高校生で、音楽も趣味でやっていただけなんですよ。秦さんのことをすごいアーティストだなって思っていたし、曲も大好きでよく聴いてました。実は秦さんを意識して「鱗(うろこ)」みたいな曲を作ってみたこともあるんです(笑)。

 あ、それはうれしい。年明けにツアーのセットリストを決める打ち合わせをしたんですけど、そのときに「高校生の頃から聴いてました」って言われて愕然としました(笑)。

ニューシングル「スミレ」2016年2月24日発売 / アリオラジャパン
初回限定盤[CD+DVD]1836円 / AUCL-201~2
通常盤[CD]1300円 / AUCL-203
CD収録曲
  1. スミレ
  2. 野ばら
  3. 季節が笑う(Live at 三内丸山遺跡)
  4. ダイアローグ・モノローグ(Live at 三内丸山遺跡)
  5. トレモロ降る夜(Live at 三内丸山遺跡)
  6. Q & A(Live at 三内丸山遺跡)
  7. スミレ(backing track)
初回限定盤DVD収録内容
  • Sally -みんなでつくるMUSIC VIDEO-
ツアー情報
秦基博「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016-青の光景-」
  • 2016年3月5日(土)福岡県 福岡サンパレス
  • 2016年3月11日(金)岡山県 岡山シンフォニーホール
  • 2016年3月12日(土)広島県 広島文化学園HBGホール
  • 2016年3月19日(土)秋田県 秋田県民会館
  • 2016年3月30日(水)京都府 ロームシアター京都
  • 2016年4月3日(日)北海道 ニトリ文化ホール
  • 2016年4月10日(日)香川県 アルファあなぶきホール 大ホール
  • 2016年4月17日(日)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
  • 2016年4月24日(日)新潟県 新潟県民会館
  • 2016年4月28日(木)神奈川県 神奈川県民ホール
  • 2016年5月3日(火・祝)宮城県 仙台サンプラザホール
  • 2016年5月11日(水)埼玉県 大宮ソニックシティ 大ホール
  • 2016年5月18日(水)大阪府 オリックス劇場
  • 2016年5月19日(木)大阪府 オリックス劇場
  • 2016年5月26日(木)石川県 本多の森ホール
  • 2016年6月3日(金)東京都 東京国際フォーラム ホールA
  • 2016年6月4日(土)東京都 東京国際フォーラム ホールA
秦基博(ハタモトヒロ)
秦基博

オフィスオーガスタに所属する、1980年生まれ宮崎県出身のシンガーソングライター。横浜を中心に弾き語りでのライブ活動を開始し、2006年11月にシングル「シンクロ」でデビュー。柔らかな声と叙情豊かな詞、耳に残るポップなメロディで大きな注目を浴びる。2007年9月に発表した1stフルアルバム「コントラスト」が支持を集め、2009年3月に初の東京・日本武道館公演を実施。2011年には自身3度目の武道館公演を全編弾き語りで成功させた。2013年10月に自身が選曲したセレクションアルバム「ひとみみぼれ」をリリース。2014年8月発表の3DCGアニメ映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌「ひまわりの約束」は100万ダウンロードを超える大ヒットを記録し、10月発売の弾き語りベスト「evergreen」も今なおロングセールスを続けている。2015年7月に青森県の縄文遺跡群の魅力を伝える「あおもり縄文大使」に任命され、三内丸山遺跡での野外公演で4000人を動員。12月には全曲セルフプロデュースの5thアルバム「青の光景」をリリースした。2016年2月にシングル「スミレ」を発表。3月より3年ぶりとなるバンド編成での全国ツアー「HATA MOTOHIRO CONCERT TOUR 2016-青の光景-」を開催する。