ナタリー PowerPush - ゴマアブラ

汗かきエンタメソウルバンド 自信作携え赤坂BLITZへ

「肉食アーバン系! 汗かきエンタメソウルバンド!」をキャッチフレーズに、2007年から都内で活動をスタートさせた4人組バンド、ゴマアブラ。毎週日曜日に新宿や渋谷で路上ライブを開催し、派手な衣装とエンタテインメント性あふれるパフォーマンスで毎回数十人規模の動員を記録している。3月にはバンド初の赤坂BLITZワンマンも控えるなど2013年インディーズ界の注目株となりそうな彼らに、気になるバンド名の由来を含むバイオグラフィ、最新ミニアルバム「ゴマギフト」について直撃した。

取材・文 / 川倉由起子 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

ごま油が好き、ただそれだけ!

──今日はよろしくお願します。いきなりですが……その衣装、すごいですね。

ダディー直樹(Vo, B)

ダディー直樹(Vo, B) あははは(笑)。元々は黒のタイトパンツに白シャツでやってたんですけど、よくいろんな人に「地味だ」と言われるのがショックで。

──それで行き着いたのが、その紅白衣装?

ダディー直樹 はい。「じゃあ、どうしよう!?」って考えてたら、いつの間にかこうなってました(笑)。

──そうなんですね(笑)。では早速バンドのプロフィールをひも解いていきましょう。まず結成が2007年で、ベースでボーカルのダディー直樹さんを中心にこのメンバーが集まったんですよね。

ダディー直樹 そうです。元々は俺がブラック系のノリがいい音楽をやりたいと思ったのが始まりなんですけど、まずは高校の同級生だったニュートン・コウタをギターに誘って。ドラムのおにぎり(仮)は、彼が上京した頃に知り合って、年齢も近いし音楽の趣味も似てたんで「一緒にやろうよ」と。キーボードは最初は違うメンバーだったんですが、その人が半年くらいで辞めちゃって……。

おにぎり(仮)(Dr) 僕と小学校の同級生だったNulu Pongが入ることになったんです。

ダディー直樹 彼もちょうど東京に来ていたので。いい鍵盤がいるよって話を聞いて入ってもらいました。

──あと、やっぱり気になるのは「ゴマアブラ」というバンド名。これにはどんな意味が?

ダディー直樹 俺、ごま油が好きなんです。ただそれだけ!

──えっ!?

ダディー直樹 まあ、ビックリしますよね(笑)。でも本当にそうで、歴代のアーティストも自分の好きな物から取っていたりするんですよ。例えば、HOUND DOGさんはエルヴィス・プレスリー、FLYING KIDSさんは山下達郎さんの楽曲タイトルが由来ですし。だから俺も好きなものをバンド名にしようと思ったんです。ごま油で目玉焼きを焼くくらい大好きなんで。

──表記はなぜカタカナに?

ダディー直樹 一度カタカナで書いてみたら字面的にもピンと来て。最初にメンバーに言ったときはみんなポカーンとしてましたけど、まあ3~4年経てば慣れるかなって。

ニュートン・コウタ(G) 今じゃ違和感すらないです(笑)。

メンバー名の由来

──4人の名前もそれぞれ個性的ですね。

ダディー直樹 実は俺、昔、保育園で働いてたことがあって。保育士というわけではないんですが、2歳児の担任で「お兄ちゃん先生」って呼ばれてたんです。だから布オムツは5秒で替えられます(笑)。「ダディー」はその辺りから来てますね。

──おにぎり(仮)さんの名前にはどんな由来が?

おにぎり(仮) ダディーが名付け親です(笑)。

ダディー直樹 彼は本当に親しみやすくて、愛すべきキャラクターなんです。だから、そこがリンクするなと思って“おにぎり”に。おにぎりって、嫌いな人はいないじゃないですか?

ニュートン・コウタ(G)

──なるほど、そこがつながるわけですね。ニュートン・コウタさんは?

ダディー直樹 彼は本当に科学が好きで。雑誌の「ニュートン」も毎月愛読してるので、そこからですね。

ニュートン・コウタ (両手を広げて)家に「ニュートン」がこのくらい並んでます(笑)。

──Nulu Pongさんは?

Nulu Pong(Key) 本名が塗木(ぬるき)なので、そこからNulu Pongに……なったPong。

──ポ、Pong?

ダディー直樹 あっ、Nulu Pongはこういう感じでやらせてもらってるんですよ(笑)。

Nulu Pong よろしくお願いしますPong。

ダディー直樹 すいません、続けてください(笑)。

自分が歩いてたら立ち止まる路上ライブ

──バンド自体のコンセプトはどういった感じですか?

ダディー直樹 元々はファンクやソウルが好きで始めたので、やはりそういう音楽を作っていきたいなと。あとはエンタテインメントの部分も大事にしたくて、ライブは「視覚的に魅せる」っていうところにもこだわってます。さっきも言ったように俺はブラックミュージックが好きで、昔の映像を観るとみんないろいろなことをやってるんですよ。特に影響を受けたのが映画「ブルース・ブラザーズ」で、その中でレイ・チャールズが踊ってたり、登場人物たちが衣装をばっちり決めて変な動きをしてたり。それがすごいカッコいいなって、もちろんそれは演奏がしっかりしてる上でのことなんですが。

──皆さんは毎週のように路上ライブを開催していますが、そこでもエンタテインメント性は意識している?

ダディー直樹 そうですね。俺の知る限り、こういう音楽スタイルで路上ライブをやってる人は観たことがないし、まあ自分が歩いてたら立ち止まるかなって(笑)。もうかれこれ3年くらいやってますが、やっぱり解放感もありますし、人が止まって手拍子してくれたりするとテンションは上がりますね。ハングリー精神が湧くというか。

──都心のターミナル駅だと、多いときは数百人が足を止めるとか。

ダディー直樹 本当にありがたいです。ライブ自体はそんなに派手なことをしてるわけじゃないんですけど、やっぱり見た目が派手なので(笑)。あと子供ウケが良くて、結構お子さんから寄ってきてくれたりするんです。そうすると俺も近付いてトトロの曲を弾いてあげたりするんです。そういうのも他の路上アーティストにはない魅力かなって(笑)。

ミニアルバム「ゴマギフト」/ 2013年1月16日発売 / 1500円 / BounDEE by SSNW
「ゴマギフト」
収録曲
  1. フライ揚げる
  2. 遭遇
  3. あの街から この街から
  4. うかれて X'mas shakin'
  5. 五反田
  6. ゴマアブラのテーマ
  7. 海老BODY
ゴマアブラ(が)BLITZだヨ!全員集合!!

2013年3月29日(金) 東京都 赤坂BLITZ
チケット 前売り3000円 / 当日3500円 (ともに小学生以下半額)

ゴマアブラ

2007年に結成されたダディー直樹(Vo, B)、ニュートン・コウタ(G)、Nulu Pong(Key)、おにぎり(仮)(Dr)からなる4人組バンド。ファンクやソウル、ポップスを基調にしたエンタテインメント性の高いサウンドを武器に都内を中心に活動している。なお彼らは毎週日曜日に都内で路上ライブを実施中で、毎回数十人規模の観客を集めている。2010年7月に1stフルアルバム「海老BODY」、翌2011年7月に2ndアルバム「炒める」を発表。そして、2013年1月16日に初のミニアルバム「ゴマギフト」をリリースする。さらに3月29日にはバンド初となる赤坂BLITZでのワンマン公演を行うことが決まっている。