ナタリー PowerPush - 下山(GEZAN)

奇才マヒトゥ・ザ・ピーポーの頭の中

汗でエフェクターが壊れる

──下山(GEZAN)のライブは演奏がすさまじいですが、練習はしてるんですか?

スタジオ入ってますよ、週2回とか。俺らのスタジオめっちゃ音デカいです。

──カルロスさん(B)はスタジオでも全裸でベースを弾いてると聞きましたが。

マヒトゥ・ザ・ピーポー(Vo, G)

あいつ汗かきで服が濡れるのが嫌だからって。俺らのスタジオ、冷房禁止なんで。

──なぜ冷房禁止に?

汗が引いたあと寒いから。でもそのおかげで全員めちゃめちゃ汗かいて、床に汗がたまってエフェクター濡れるの困るんですよね。エフェクターの修理ハンパないです。

──シャークさん(Dr)は先日Ustreamで「単独8時間ドラム叩きっぱなし」という企画をやっていましたよね。野外で8時間連続でひたすらドラムを叩き続けるという。

最初は24時間やるって言ってたんだけど。

──8時間でも十分常軌を逸してますけどね。

誰もいない橋の下みたいなとこでやったんですけど、音がデカすぎて、500mくらい離れてても聞こえるんです。あいつのブラストビートが。

──途中で遠くから警備員が駆けつけてきたそうですが。

すげえ止められたんですよ。あの警備員も仕事だから止めなきゃならないのもわかるんですけど、こっちも遊んでるわけじゃないですからね。警備員をシャークの近くに連れてって「こいつの目を見てくれ! ここまで本気のやつを止められんのか!」って言いました。

──基準は本気かどうかなんですね。

誰も得しないですけどね。でも無意味なことの美しさっていうのはあるんですよ。

死への抵抗

──今後の目標についても教えてください。将来どうなりたいと思っていますか?

どうなりたいかはわかんないです。でもこのままでいいとも思えない。何かに追われてるし、戦ってもないのに負けてる、虐げられてるって感覚がずっとあるんです。バンドとかやる前からずっと。

──誰かを見返してやりたいとかそういうこと?

マヒトゥ・ザ・ピーポー(Vo, G)

人に対してどうこうって感じでもないんですよ。もっと生き物として。けっこう当たり前に死んでくじゃないですか。

──死んでいくというのは?

俺、高円寺の高架下でネコに餌付けしてたんですよ。4カ月くらいずっと。それがある日ぷっつり来なくなって。ああ、死んじゃったのかなって。あと今日もイーグル(G)のうちの郵便受けの下で、夏に死んだバッタが粉みたいになってたりして。そうやってみんな簡単に死んでしまうのが納得いかない。そういうものに勝ちたいって思う。だから人を見返してやりたいとかじゃないんです。もっと命よりも速く進んでいきたいって思うんです。

──でも生きている限り、死は避けられないですよね。

まあ死ぬんだろうけど、でも間違ってると思うんです。抵抗しても仕方ないけど、間違ってるって言い続けたい。

──最終的に死があるとしても抗っていたい?

そういうものに向き合ってることがきれいだと思う。無視することもできるし、真っ向から抵抗することもできる。そのことに気付いて生きてる人はなんとなくわかる。

2ndフルアルバム「凸-DECO-」2014年2月5日発売 / 2415円 / ツクモガミ / XQMH-1002
収録曲
  1. 瘡蓋と爆撃機
  2. 共振
  3. 八月のメフィストと
  4. MAN 麻疹
  5. ストリップチーズ
  6. ぴかりのヒビ
  7. あぶら無知の涙
  8. 癲癇する大脳たち
  9. となりのベジタリアン
  10. 蒼白のとおく
  11. 2013年12月・九十九里浜にて(bonus track)
ライブ情報
下山(GEZAN)2nd Full Album『凸-DECO-』レコ発ツアー 初日
  • 2014年2月11日(火・祝)
    OPEN 17:30 / START 18:00
    東京都 下北沢GARDEN
    <出演者>
    下山(GEZAN) / NATSUMEN / 漁港
    ゲスト:下津光史(踊ってばかりの国)
下山(GEZAN)2nd Full Album『凸-DECO-』レコ発ツアー 東名阪ワンマンライブ
  • 2014年3月30日(日)大阪府 CONPASS
  • 2014年4月3日(木)愛知県 APOLLO BASE
  • 2014年4月5日(土)東京都 新代田FEVER
下山(GEZAN)(げざん)

2009年大阪にて結成。マヒトゥ・ザ・ピーポー(Vo, G)、イーグル・タカ(G)、カルロス・尾崎・サンタナ(B)、シャーク・安江(Dr)からなる4人組バンド。轟音のバンドアンサンブルと叙情的な詞世界、マヒトゥ・ザ・ピーポーを中心としたカリスマ的なライブパフォーマンスで支持を集める。2012年3月に1stフルアルバム「かつて うた といわれたそれ」をリリースし、同年の「FUJI ROCK FESTIVAL」ROOKIE A GO-GOに出演する。その後東京に拠点を移し、都内にて16カ所16日連続ライブ「侵蝕の赤い十六日」を実施。2013年8月に「8月のメフィストと」を、踊ってばかりの国とのスプリットシングルとしてリリースした。2014年2月には2ndフルアルバム「凸-DECO-」を発表し、「SXSW」出演を含むアメリカツアーを敢行する。