FOMARE「If I stay」 PR

small indies table座談会|新星を次々と生み出す“弱小で最強のレーベル”とは?

ナチュラルにあざといFOMARE

──では、FOMAREとの出会いはどんなものだったんでしょうか。

渡辺 健太郎がYouTubeでディグる人なら、俺は現場で話を聞く人で。所属バンドのツアーを組むときに全国のライブハウスに電話をするんやけど、そのときに必ず「最近いいバンドいました?」って口癖のように聞いてて。一時期、それでいろんなライブハウスからFOMAREの名前が上がったから気になって、YouTubeで観て「なるほど」と。

──「なるほど」とは?

渡辺 「『My Hair is Badっぽい』って言われる種類のバンドだな」と。ただそういうバンドがいっぱいいる中で、うまく転がっていきそうなバンドだなと。

鈴木 シンプルに売れそうですよね。(アマダ)シンスケのチャラさとか、アイコン力みたいなものは牛丸にも横山にもなかったから面白いと思ったし。発信の仕方とかSNSの使い方が時代に合ってて売れそうだなと。

アマダシンスケ(FOMARE)

渡辺 いい意味であざとい。曲も、立ち振る舞いも。それが大人になってからどうなるんだろうという心配も少しあるけど、ナチュラルにあざといのって才能やと思うから。そもそもこの見た目で生まれたこと自体があざとい。5年前やったらこの顔は受けなかったんやろうけど。

──My Hair is Badっぽいならなおさら、FOMAREはTHE NINTH APOLLOでもよかったのではと思うのですが、small indies tableにした理由はなんでしょう?

渡辺 いつも女連れてるから(笑)。

アマダシンスケ(FOMARE) そんなことないですよ! 初めて渡辺さんに挨拶しに行ったとき、前のドラムと一緒だったし。

渡辺 そうやったっけ? 全然覚えてない(笑)。けどまあさっき牛丸も言ってた“ナインスらしい男臭さ”は限りなくゼロに近いやん。簡単に言うとチャラい。だから色的にナインスではないなって思ったな。

鈴木 あとはKOTORIとの対比も考えて。KOTORIは土臭くて、一方FOMAREは……。

渡辺 チャラくさい(笑)。

鈴木 対バンもよくやってたんだよね、KOTORIとFOMARE。だから面白いかなと。

横山 僕的には仲いい人が入ってきたからすごくうれしかったです。

アマダ 俺はKOTORIのライブの打ち上げでずっと渡辺さんに「渡辺さんのところから出したいんです!」ってアピールしてたから、small indies tableでやれるって決まったときめっちゃうれしかったです。

──アマダさんはsmall indies tableにはどういう印象を持っていましたか?

アマダ 日本語ロック! 大好きなyonigeとKOTORIがいるレーベルって感じでした。small indies tableを知ったのは、yonigeの「アボカド」のミュージックビデオをYouTubeで観たのがきっかけ。メンバーのカマタ(リョウガ / G, Cho)と観てて、「カッコいいバンドだなあ。THE NINTH APOLLOの渡辺旭さんが新しく始めたレーベルから出すんだね」って話をしていて。そのあとyonigeの「Coming Spring」(2015年8月発売の1stミニアルバム)をカマタと、自分のお母さんと買いに行きました。それくらいyonigeが好きになっちゃって。その半年後くらいに、仲いいKOTORIがsmall indies tableに決まって。俺らのライブに横山さんが観に来てくれて、その報告をしてくれて……。

牛丸 話、長いんだけど(笑)。

アマダ え! ごめんなさい!(笑) で、それくらいの時期に渡辺さんに挨拶できて。そのあとの「平日興行行脚」っていうTHE NINTH APOLLOのイベントに呼んでもらって……という流れでsmall indies tableにお誘いいただきました。

渡辺旭氏(small indies table)

渡辺 まあFOMAREをレーベルに誘った理由は、yonige、KOTORIってきたからあと3文字のバンドないかなーって思っただけやけどね(笑)。

アマダ ええ!

──先ほど鈴木さんが、ご自身の中では「土臭くて、どこか毒がある」がsmall indies tableのコンセプトだとおっしゃっていましたが、渡辺さんの中にはsmall indies tableのコンセプトはありますか?

渡辺 そのとき次第なんやけど……yonigeの色は引きずってるなと思う。yonigeの色は濁したくないと言うか。

──「yonigeの色」って具体的に説明できますか?

渡辺 ガールズポップじゃなくて、ガールズロック。KOTORIとFOMAREは男バンドやけど、その色は濁らなかったな。むしろ女バンドを選ぶとなると慎重になりすぎて、今のところ無理やもんな。

鈴木 そうっすね。

牛丸から見たKOTORIとFOMARE

──アマダさんはyonigeとKOTORIに対する印象を話してくださいましたが、牛丸さん、横山さんはお互いのバンドにどういうイメージを持っていますか?

牛丸ありさ(yonige)

牛丸 KOTORIもFOMAREも最初聴いたときはそんなにピンときてなかったんですけど……KOTORIはライブを実際に観て、yonigeのあとに出す理由がわかるなあって感じだった。MCが全然できない感じとかが、昔のyonigeっぽいなと思って親近感を持ってて。でも「kike」(2017年6月発売の1stフルアルバム)を聴いたら、開花していていいなと思いました。

横山 おおお。

牛丸 FOMAREは……まだよくわかんないです(笑)。あ、しんぽん(アマダ)の声がいい。あと前に「ライブ好きじゃない」って言ってたじゃん? 私もライブ嫌いなんで、嫌いなのにがんばっててえらいなって思って見てました。

アマダ 好きじゃないって言うか……前は怖かったです。

牛丸 今は違うんや?

アマダ はい。今はライブ好きです。

渡辺 牛丸はブッキング時代からずっとライブ嫌いって言ってたもんな。いまだに言ってるけど。

牛丸 はい。今まで一度もライブを好きだと思ったことがない。終わったあとはスッキリするけど。

横山 ええ! それは緊張するからとかそういうことですか?

牛丸 緊張するって言うか……怖くない?

横山 たくさんの人に観られてるから?

牛丸 そう。しかも絶対修正きかんし。

横山 ああ、特に3ピースバンドやから。牛丸さんはギターもボーカルもミスったら一発でバレますもんね。KOTORIはもう1人ギターいるから、もし僕がギター間違えてもあんまりバレないんで(笑)。

横山から見たyonigeとFOMARE

渡辺 横山から見たyonigeとFOMAREはどういう印象なん?

横山優也(KOTORI)

横山 まずどっちも見た目的にイケてる。だから見た目的にイケてない自分が同じレーベルにいていいのかっていう気持ちがあります。それと、どっちも曲もいい。僕、yonigeの「our time city」(2017年4月発売の5曲入りCD「Neyagawa City Pop」収録)が好きなんですよ。もともと曲がいいなと思ってたけど、音楽的にもうちょっと面白かったらなって思ってたところもあって。でも「our time city」は洋楽っぽさもあって、すごく時代に合ってるなって思った。音楽的にも面白いなと……後輩なのになんかすみません!

渡辺 牛丸の印象は?

横山 まじでちょっと怖かったです。クールで……カリスマ性を感じました。

牛丸 ふふふ。

横山 FOMAREは……チャラいです。

アマダ チャラい以外に欲しいなあ……。

横山 Aメロがいい! 僕は100か10……思いっきり歌うか静かーに歌うかしかできないんですけど、FOMAREはその中間の、気持ちいいAメロからグッとサビに持っていけるからすごいなあって。

アマダシンスケ(FOMARE)

アマダ え、どの曲ですか?

横山 どの曲も。全部。作り方が違うんだと思う。

鈴木 どうやって作ってるの?

アマダ ギター弾きながら……正直そんなに意識してないんですけど、自分のギリギリの声域で歌うのが好きなので、ギリギリのところを探っていくって感じです。で、いいメロディができたらカマタにすぐ送る。

鈴木 またカマタ!(笑)

アマダ FOMAREの曲は俺がどんなにいいって思ってもカマタがいいって言わないと絶対に曲を完成させられないんですよ。今回のアルバム制作時にも、カマタが「ダメ」って言って最後まで作れなかった曲いっぱいあります。「Lani」だけは無理やり通しましたけど。

FOMARE「If I stay」
2017年12月6日発売 / small indies table
FOMARE「If I stay」

[CD]
1620円 / SIT-1007

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 君と夜明け
  2. Lani
  3. かわらないもの
  4. 春風
  5. HOME
FOMARE "If I stay" tour 2018
  • 2018年1月11日(木)東京都 CLUB PHASE
  • 2018年1月15日(月)神奈川県 F.A.D YOKOHAMA
  • 2018年1月20日(土)長野県 Sound Hall a.C
  • 2018年1月21日(日)山梨県 KAZOO HALL
  • 2018年1月22日(月)千葉県 千葉LOOK
  • 2018年1月28日(日)福岡県 小倉FUSE
  • 2018年1月30日(火)大分県 club SPOT
  • 2018年1月31日(水)福岡県 Queblick
  • 2018年2月1日(木)広島県 HIROSHIMA 4.14
  • 2018年2月2日(金)岡山県 CRAZYMAMA 2nd Room
  • 2018年2月6日(火)京都府 GROWLY
  • 2018年2月7日(水)奈良県 奈良NEVER LAND
  • 2018年2月8日(木)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
  • 2018年2月9日(金)滋賀県 B-FLAT
  • 2018年2月16日(金)静岡県 Shizuoka UMBER
  • 2018年2月17日(土)埼玉県 EASYGOINGS
  • 2018年2月18日(日)栃木県 宇都宮HELLO DOLLY
  • 2018年2月24日(土)富山県 Soul Power
  • 2018年2月25日(日)新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
  • 2018年3月5日(月)福島県 郡山CLUB #9
  • 2018年3月6日(火)宮城県 enn 3rd
  • 2018年3月7日(水)茨城県 mito LIGHT HOUSE
  • 2018年3月9日(金)東京都 TSUTAYA O-Crest
  • 2018年3月16日(金)愛知県 APOLLO BASE
  • 2018年3月17日(土)大阪府 LIVE HOUSE OSAKA BRONZE
  • 2018年3月20日(火)群馬県 高崎clubFLEEZ
FOMARE(フォマレ)
FOMARE
群馬県にて結成されたスリーピースバンド。2014年に前進バンドから「FOMARE」に改名された。現在はアマダシンスケ(B, Vo)、カマタリョウガ(G, Cho)、樹下卓弥(Dr)の3人で活動している。2015年11月にFMぐんま主催のバンドコンテスト「ROCKERS2015」にて準グランプリを獲得。2016年3月からライブツアー「揉みに揉まれるツアー」を実施し、同ツアー中に「かわらないもの / 黒髪少女」「SONG / 恋をする自分が好きなだけだと思う」「2016 / 風 / 雨の日も風の日も」という3作のデモCDを販売した。2017年4月に群馬・高崎club FLEEZにて行われたツアーファイナルでsmall indies tableに所属することを発表。6月にタワーレコードとindiesmusic.com限定でシングル「stay with me」を発売し、12月にミニアルバム「If I stay」をリリースする。
yonige(ヨニゲ)
yonige
牛丸ありさ(Vo, G)とごっきん(B, Cho)からなる大阪府寝屋川市出身の2人組バンド。small indies tableの第1弾アーティストとして、2015年8月に初の全国流通盤「Coming Spring」をリリース。2016年7月に2ndミニアルバム「かたつむりになりたい」を発表し、2017年2月から3月にかけて行われたスペースシャワーTV主催のライブツアー「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2017 ~10th ANNIVERSARY~」に参加した。同年9月に1stフルアルバム「girls like girls」をワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEよりリリースし、メジャーデビューを果たした。
yonige presents 「girls like girls tour」(終了分は割愛)
  • 2017年12月3日(日)三重県 M'AXA
  • 2017年12月4日(月)奈良県 生駒RHEBGATE
  • 2017年12月7日(木)新潟県 GOLDEN PIGS RED STAGE
  • 2017年12月8日(金)石川県 vanvanV4
  • 2017年12月10日(日)福井県 福井CHOP
  • 2017年12月12日(火)徳島県 club GRINDHOUSE
  • 2017年12月14日(木)高知県 X-pt.
  • 2017年12月15日(金)愛媛県 松山サロンキティ
  • 2017年12月17日(日)香川県 DIME
  • 2017年12月18日(月)鳥取県 米子 AZTiC laughs
  • 2018年1月6日(土)京都府 KYOTO MUSE
  • 2018年2月4日(日)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO(※ワンマン公演)
  • 2018年2月18日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST(※ワンマン公演)
  • 2018年2月24日(土)大阪府 なんばHatch(※ワンマン公演)
KOTORI(コトリ)
KOTORI
2014年に埼玉県で結成された4人組ロックバンド。横山優也(Vo, G)、上坂仁志(G, Cho)、佐藤知己(B)、田代創大(Dr, Cho)からなる。2016年9月にsmall indies tableより初の全国流通盤「tokyo」を発売。2017年6月に初のフルアルバム「kike」をリリースした。
KOTORI「BPM190 Tour Final」
  • 2017年12月14日(木)東京都 新代田FEVER
    <出演者>
    KOTORI / bacho