Doctrine Doctrine「Darlington」 PR

Doctrine Doctrine「Darlington」インタビュー|“変幻自在”のユニット誕生、2人だからできること

歌詞の主人公に気持ちを伝えてもらおう

──seeeeecunさんの楽曲は1曲ごとにテーマがありますが、どの曲にも作り手から見た“世の中”がストレートに映し出されていますよね。クリエイターには「リスナーを幸せにしたい」「自分の感情を吐露したい」などいろんなタイプの考え方の人がいますが、seeeeecunさんは何を目的に曲を作っているのかなと。

seeeeecun あー、僕は後者かもしれないですね。感情を吐露したい。僕、人に本音を言えないタイプの人間なんですよ。嫌なことがあったときに「嫌だ」って言えない。でも、そうすると感情の行き場がどこにもないんですよね。

──自分の中に溜まっていっちゃうんですね。

seeeeecun そう。でも、自分の好きなアーティスト……僕はMr.Childrenの桜井(和寿)さんを尊敬しているんですけど、桜井さんはすごく人が良さそうなのに歌詞がめっちゃエグくて。「こういう感情吐露の方法もあるんだな」と。しかもそれがカッコよく見えたんですよね。それで、じゃあ歌詞の主人公に自分の代わりに気持ちを伝えてもらおうと思ったんです。

──そんな一人称の主張が強い楽曲に第三者が入り込んで歌うのは簡単なことではないと思いますが、遊さんの歌はすごく自然にseeeeecunさんの楽曲に溶け込んでいますね。むしろ遊さんが歌うことによって、seeeeecunさんの曲の独特な世界観がより濃いものになっています。

 僕は自分で曲作りもするんですけど、まずは物語を作って、その物語を歌詞に抽出するという作り方をしているんですよ。だから、ほかの人の歌詞を見たときも「こんな感じかな?」という捉え方をします。たとえばseeeeecunさんの歌詞を見たときに、自分で登場人物をなんとなく予想するんですよ。それで、その人物の心情にのっとったような声を出していこうという感じ。

──キャラクターに声を当てる、みたいな感覚ですかね。

 そうですね。声優さんで言うアテレコのような感じかな。

seeeeecun あー、確かに近いかもね。

 「ローファイ・タイムズ」だったら、すごく悪いやつらがいる、みたいな。

──そしてアルバムにはユニットのオリジナル楽曲として「ヌギレヌ」「モディファイ」「バーバリアン・シネマズ」が収録されています。この3曲はDoctrine Doctrineを結成することを決めたあとに、ユニット用に書いた楽曲ですか?

seeeeecun 「ヌギレヌ」「モディファイ」はこのアルバムのために作りました。「バーバリアン・シネマズ」に関しては、もともと曲の原型があって。でも、歌詞はまったく決めてなかったです。

──2人の間で「ユニットの新曲はこういうものがいいね」というすり合わせはされました?

 まったくしてないですね。

seeeeecun 「3曲できたよ」と送っただけです。

 「いいね!」って受け取りました(笑)。曲を作るのは彼なので、あまり彼の世界観を邪魔したくないな、好きに作ってほしいなという気持ちがありましたね。

seeeeecun アルバムのコンセプトだけは決まっていたので、そこからズレなければいいかなと。もともと僕はUKロックが好きで、アルバムのタイトルもイギリスの街中で見つけたカッコよくて語感のいい名前を取ってこようというところから「Darlington」にしたんです。そこから派生して、その街の中でそれぞれの楽曲の主人公たちが物語を繰り広げているようなアルバムにしようとコンセプトを決めました。過去曲もテーマ性の強い曲がピックアップされていたので。

自分1人じゃ絶対作れないもの

──新曲「ヌギレヌ」はseeeeecunさんの楽曲の退廃的な世界観を引き継ぎながらも、メロディはストレートでエモーショナルですよね。遊さんの声も出だしから力強い、張ったものになっています。カバー曲はseeeeecunさんによる癖のあるメロディと遊さんの気だるげな歌い方が印象的だったので、2人がユニットを組んで「ヌギレヌ」のような強い曲を出してくるのは意外でした。

seeeeecun あまり言い方はよくないかもしれないんですけど、今作は全国流通させるし、売れ線の曲がほしいという気持ちはありました。でも、売れ線の曲でも自分の要素が残っていないものはDoctrine Doctrineの作品にいらないなとも思っていたんです。じゃあ自分の持ち味のクランチギターを入れて、なおかつポップなメロディで……というふうに作ったら、相当耳に残るものができましたね。ホント言うと、Doctrine Doctrineとしてやるのか僕のソロとして使うのか、ちょっと悩みました(笑)。

 自分だけのものにしたかったんだ……(笑)。

seeeeecun でも、やっぱり中途半端にユニットが終わってしまったら後悔するだろうなと思ったんですよね。それでDoctrine Doctrineでこの曲をやることにして、実際に遊さんの歌が入った音源を聴いたら、自分1人じゃ絶対作れないものになっていた。遊さんの歌が入ったことによってこの曲が完成したので、あの判断は大正解でした。

──遊さんはこの曲を聴いたとき、どういう印象を受けました?

 この曲の登場人物は何もかもがうまくいかなくて、すごく投げやりになっている人なんだなと思いました。じゃあ、そのエネルギーをぶつけて感情を発散させる感じで歌おうと。

「Darlington」初回限定盤ジャケットイラスト

──それであの力強い歌声になっているんですね。

 自分の中には力強い歌い方とか優しい歌い方、気だるい歌い方とかいろいろ振り分けがあるんですけど、彼からこういう強い感じの曲がくるとは思っていなかったので、びっくりしました。この曲がアルバムに入ったらいいなと一発で思いましたね。ほかの曲にあるダウナーな空気が取り除かれているのに、歌詞にはうまい具合に残っててカッコいいんです。

──歌詞はどういうところから生まれたんですか?

seeeeecun 僕は歴史がすごく好きで、この曲はケネディ暗殺事件がもとになっています。「ダーリントンの街にケネディ大統領が来て、暗殺されたらどうなるんだろう?」みたいな。ケネディ暗殺事件で濡れ衣を着せられて容疑者に上がった人の話もいろいろ見たことがあって、そういうところから発想して曲を作っていきましたね。

──という話を遊さんは事前に聞いていました?

 全然聞いていなかったです。僕は本当に何をやってもうまくいかないような人の歌だと思っていました(笑)。

“疲れた人”の謎の色気

──新曲「モディファイ」は遊さんの艶やかな歌い方が印象的な曲で、流れるような感じのメロディもseeeeecunさんの曲に今まであまりなかったんじゃないかなと。

seeeeecun 先ほども話した通り、今まで僕はUKロック路線でやってきたんですけど、最近ちょっと飽きつつあり……USポップ、R&Bみたいな曲もやってみたいなと思って、この曲はその走りという感じですね。1曲そういうものをアルバムに入れてリスナーの反応を見て、いけそうだったらこの路線を広げていきたいです。

 これ、周りの人からめちゃくちゃ評判いいよね。

──歌詞では社会人の日常がリアルに描かれていますね。

 これには共感する人が多いんじゃないかな。

seeeeecun 今僕はサラリーマンをやりつつ音楽活動をしているんですけど、ちょうど遊さんが声をかけてくれたとき、仕事がバタついて体調崩しちゃって、10日間くらいお休みをもらったんですよ。それでこれからどうしようかなと思ったんですけど、やっぱりお金のことを考えてサラリーマンに戻ったんですね。でもやっぱり鬱屈したものがあって……この歌詞を入れたという。

 「『明日までにこれやっといて』」という歌詞がグサっとくるよね……。

──遊さんのこの艶やかな歌声での表現は、どういう解釈からきているんですか?

 「ヌギレヌ」の主人公は嫌なことがあると外にぶつけていく人だったんですが、「モディファイ」の主人公はその逆で嫌なことをどんどん内側に溜め込んでいっちゃう人なんだと思いました。歌い方に関しては……疲れた人って謎の色気があるじゃないですか(笑)。

seeeeecun ははは(笑)。

 「あー……」って落ちていくようなダウナーな感じ。この曲の主人公はseeeeecunさんなんだろうなと思いつつ、彼をモデルにするのは直接的すぎるかと思って、あきらめかけているような人物を自分の中で作り上げました。

seeeeecun 遊さんの歌が入った音源を聴いて、曲の冒頭から「あ、これだ!」と思ったんですよ。そういう発声をしてた。僕はこれが表題曲でもいいんじゃないかと思ったくらい、ハマりましたね。

──「モディファイ」はさっきおっしゃっていた、言葉に出せない思いを歌に込めるというseeeeecunさんの王道の作り方ですね。

seeeeecun まさに。そんな感じですね。

Doctrine Doctrine「Darlington」
2018年6月20日発売 / ルサンチマン・レコード
Doctrine Doctrine「Darlington」初回限定盤

初回限定盤 [CD+グッズ]
3240円 / SE-7261106947

Amazon.co.jp

Doctrine Doctrine「Darlington」通常盤

通常盤 [CD]
2700円 / SE-7261106948

Amazon.co.jp

収録曲
  1. In Darlington
  2. 雲散霧消
  3. ヌギレヌ
  4. ギルティダンスは眠らない
  5. ルサンチマン・クラブ
  6. モディファイ
  7. Bells
  8. 脳内雑居
  9. ヘレシー・クエスチョン
  10. ローファイ・タイムズ
  11. Barbarian
  12. バーバリアン・シネマズ
  13. ホワイトダウト
  14. シニヨンの兵隊
  15. テイクアウト・スーサイド
Doctrine Doctrine「あのプリズムによろしく」
2018年5月9日発売 / ルサンチマン・レコード
Doctrine Doctrine「Darlington」初回限定盤

[CD]
540円 / SE-7261106949

TOWER RECORDS

収録曲
  1. あのプリズムによろしく
ライブ情報
Doctrine Doctrine 1st Full Album「Darlington」発売記念ライブ「Conference @SHIBUYA WWW X」
  • 2018年7月21日(土) 東京都 WWW X
Doctrine Doctrine(ドクトリンドクトリン)
ボカロPのseeeeecunと歌い手の宮下遊によるユニット。2018年4月にユニット結成を発表し、seeeeecunのVocaloid曲「ルサンチマン・クラブ」のカバー動画をニコニコ動画およびYouTubeに投稿する。その後5月にタワーレコード限定でシングル「あのプリズムによろしく」を発表した。6月にVocaloid曲のカバーのほか新曲を収録した1stフルアルバム「Darlington」をリリース。アルバムの発売を記念して、7月21日に東京・WWWで初ライブ「Conference @SHIBUYA WWW X」を開催する。