chelmico「Fishing」 PR

chelmico×トンツカタン森本晋太郎|愛され芸人がいじられながら語る2人の成長

chelmicoかLinkin Parkか

──森本さん的には、chelmicoの楽曲にはどんな印象がありますか?

森本 最初に聴いたときから、好きなタイプの曲だなと。

Rachel うれしい!

森本 僕もRIP SLYME好きですし、先輩にラッパーの人とかもいたのでラップにはなじみがあって、スッと入ってきました。

Mamiko chelmicoのライブと誰のライブだけ行ったことあるんだっけ?

森本 Linkin Park。

──極端(笑)。

森本 そこまで音楽にがっつりのめり込んではいなかったんで、音楽に詳しくなったのはここ数年です。それこそ音楽番組のナレーションをやらせてもらったりで、だいぶ興味は広がりました。

Mamiko 森本、高校生のとき、mixi日記に、RADWIMPSの歌詞、載せてた。

森本晋太郎

森本 言うなよ! しかもなんかカタコトだし(笑)。

Mamiko あと新垣結衣の……。

森本 「heavenly days」。

Mamiko 神曲?

森本 神曲!

──潔い! 新垣結衣の「そら」は名盤ですね。

Rachel あと何が好きだったの?

森本 ELLEGARDENとかBUMP OF CHICKENとか。最近はSpotifyでいろいろ聴いてますね。

──ではchelmico側から見たトンツカタンというか、森本さんはどんな魅力がありますか?

Mamiko 本当にトンツカタンのコントは面白くて大好き。奇妙な設定とかも多いし。

Rachel 「そういうことなんだ!」って最後に伏線が回収されたり、ビックリするよね。

Mamiko でも、取っ付きにくくはないから、そのフレンドリーさはスゴいなって。森本は森本にしかできないツッコミをするし、菅原(好謙)さんと櫻田(佑)さんに合ったキャラクターをコントでちゃんと造形できるのがすごい。

森本 なんか……ありがとう。

Rachel あの辛口評論家がついに褒めた(笑)。

あれ、レコーディングしないの?

──今回のアルバム「Fishing」の話に移ると、森本さんは「BEER BEAR」にナレーションで参加されましたね。

Rachel 「BEER BEAR」っていう架空のアニメーションのオープニング曲を作るってテーマで作り始めて、そのときにモチーフになったのが「パワーパフガールズ」みたいなカートゥンアニメだったんですよ。

──ハンナ・バーベラみたいな、アメリカのアニメというか。

Rachel だけどそれをいきなり始めちゃうと、その設定がわかりづらいから「昔々あるところに『BEER BEAR』というクマがいました」みたいな英語のナレーションを頭に付けようと。それで、私たちの書いた台本を訳して、英語でナレーションできて、声もいいのは……森本だ!と。

左からRachel、Mamiko。

森本 でもあのナレーション、「仮にこんな感じ?」ってカラオケ屋で録ったものを送ったら「よかった、ありがとう」ぐらいのレスポンスで、ちゃんとしたレコーディングはいつするのかなと思ってたら、いきなり「『Fishing』8月21日に発売です!」って連絡があって、あれ、レコーディングしないの?って(笑)。

Mamiko ごめんねー。

Rachel でもあの音質が、ちょうどテレビから聞こえてくる感じで、味があってよかったの。あと、今お腹鳴りそうだからおっきい声でしゃべっといて!

森本 後半関係なくない?

──文字インタビューだから聞こえないし。

森本 (大声で)だから次はちゃんとレコーディングしたいですね!

──優しいなー。

Mamiko でも、ホントにいいナレーションだった。声がいいし、抑揚のつけ方も素晴らしくて。さすが演技一筋だなって。

森本 芸人だわ(笑)。

「こういうこともできるんだ」

──森本さん的にアルバムを聴かれての印象は?

Rachel 好きな曲あった?

森本 もちろん。「Balloon」「EXIT」「仲直り村」「ひみつ」「switch」……もう全部好きであります。

Rachel 好きであります! ケロケロ!

森本 「ケロロ軍曹」として言ったわけじゃないんですけどね。前作の「POWER」とはまた別の一面がふんだんに魅力として発信されていて、とてもいい作品ですよね。「こういうこともできるんだ」「こういう曲調もこんな歌いこなすんだ」っていう驚きの連続だったし、やっぱりラップがうまいですね。

Mamiko ちゃんと聴いてくれるんだね。

Rachel ホント。資料も読まずにタイトルがパッと出てくるって、いっぱい聴いてくれてるんだね。

森本 めちゃくちゃ聴いてます。

──ではchelmicoとしての感触は?

Mamiko 素晴らしいアルバムになりましたね。

Rachel 自信満々。

森本 本人たちの感想、薄っ!(笑) 聴いてくれればわかるから、多くは語らないってこと?

Rachel そういうことです。

森本 インタビューの意味ないじゃん(笑)。

Rachel ちゃんとしゃべると、森本が言ってくれた通り、どの曲でも1つか2つかは今までやってなかったことを入れてて。そこに気付く人は気付くし、気付かない人も今までのchelmicoの感じがあるなって思ってくれたらいいなって。

Mamiko 実はインディーズの1stアルバム「chelmico」に近いアルバムだよね。昔から知ってる人は、その頃のchelmicoが戻ってきたなって思うかも。