chay feat. Crystal Kay「あなたの知らない私たち」 PR

chay×Crystal Kay|ドロドロ恋愛ドラマが生んだ意外なコラボ

chayがフィーチャリングゲストにCrystal Kayを迎えたニューシングル「あなたの知らない私たち」を12月5日にリリースした。

本作の表題曲はテレビ朝日系列で放送中のドラマ「あなたには渡さない」の主題歌として書き下ろされたジャジーなナンバー。女性同士のドロドロとした愛憎劇であるドラマの世界観を表現し尽くすために、chayはフィーチャリングボーカリストとしてかねてから敬愛していたというCrystal Kayを指名し、キャリアの中で初となるコラボレーションを実現させた。本作のリリースを記念して、音楽ナタリーではchayとCrystal Kayとの対談をセッティング。お互いに刺激し合えたという制作エピソードについて語り合ってもらった。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 須田卓馬

chay

chayの熱烈オファーにCrystal Kayは……

──今回のコラボはchayさんが熱望されたものだと伺いましたが。

chay そうなんですよ。ドラマのタイアップのお話をいただいたときに「どなたかと一緒に歌うのはいかがでしょう?」っていう提案が先方からあって。自分の曲では今まで誰かとコラボしたことがなかったので、これを機にぜひ挑戦したいと思ったんです。そこで「じゃあ、どなたとご一緒したいかな?」と考えたんですけど、ドラマの内容が女性対女性のドロドロとした愛憎劇を描いたものだったのでお相手は女性の方がいいなと。さらに今までのchayとは180°くらい違う世界観の曲になる予感がしていたので、大人っぽさを持っているアーティストの方にお力を借りたかったんです。そうしたらもうCrystal Kayさんにお願いするしかない!って思ったんですよね。

Crystal Kay へえ、そうだったんだ。

chay 私はもともとCrystal Kayさんの曲が大好きでよく聴いていたし、イベントや歌番組でご一緒する機会も何度かあったので、いつかコラボできたらうれしいなと実はずっと思っていたんですよ。だから本当にダメ元でオファーさせていただきました。絶対断られるだろうなと思ってたんですけど(笑)。

Crystal Kay なんでよ(笑)。お声をかけていただいたときはすごくうれしかったですね。多分、世間的には「この2人がコラボ!?」みたいな意外性はあると思うんです。でも私自身、彼女の歌声はすごく素敵だなと思っていたから、単純に「どういうコラボになるんだろう?」という興味があって。きっと面白い化学反応が生まれて、自分としても新たな発見があるだろうから、速攻OKって感じでしたけどね。

chay ありがとうございます! とってもとってもうれしいです!

それぞれの幅を広げた新鮮な楽曲

Crystal Kay

──コラボは具体的にどんな流れで進んでいったんですか?

Crystal Kay 実は楽曲制作よりも先にジャケットやアーティスト写真の撮影があったんですよ。曲がまだまったくできていない段階だったから、何の情報もない中で(笑)。唯一、ドラマのストーリーを教えていただいていたので、それを頼りに表情やポーズを決めていった感じでした。

chay そうでしたね。でもモノクロでちょっとレトロな雰囲気のあるアートワークは私としてもやってみたかったし、きっとドラマの世界観にマッチするだろうなという確信はありました。Crystal Kayさんと現場でご一緒することに対してドキドキしていたんですけど、すごく優しくしてくださったのでうれしかったです(笑)。

Crystal Kay 緊張してたの?

chay めっちゃしてましたよ! だってほんとに大好きだったから、夢のような撮影だなあって。

Crystal Kay ふふふ(笑)。楽しい撮影だったよね。で、そのあとに曲ができあがってきたんですけど、それがまあジャケ写のイメージにドンピシャなものになっていて。

chay そしてドラマの内容にもぴったり(笑)。ドラマの一部としてしっかり役割を果たせるなと思いましたね。ただ、今まで自分が歌ってきた曲とはまったく違うタイプだったので、これは大きな挑戦になるなと感じました。それと同時に今年で28歳になった自分にとって、アーティストとしての視野や楽曲の幅を広げるいいきっかけになるだろうなと思いました。

Crystal Kay それは私も同じ。ちょっと昭和の歌謡曲っぽい雰囲気のあるサウンドや、2人のシンガーの掛け合いを通して力強い大人の女性像を表現していくというスタイルの曲は今までやったことがなかったですからね。新鮮さがすごくあった。

chay 確かにそうですよね。Crystal KayさんはR&B楽曲を軸に活動されているから、歌謡曲っぽいこの曲をどう表現されるのかが本当に楽しみでした。結論から言うと、めっちゃハマってて最高の歌を聴かせていただけました!

左からchay、Crystal Kay。

Crystal Kay ありがとう。曲自体がすごくいいから歌うのが何より楽しかったんですよね。chayちゃんの表現力もほんとに素晴らしかったから、それが自分にとってのいい刺激にもなったし。いろいろ勉強になりましたよ。

chay いやいやいや! 私のほうこそ勉強になりすぎました!

Crystal Kay あと私としては、この曲の生音のサウンドがとにかく気に入っていて。普段は打ち込みの曲が多いから、すごくぜいたくだと思うし、歌ってて何より気持ちいい。オケ録りの様子を見ることができたのも楽しかったです。

chay プロデューサーの武部聡志さんは人間らしさのある生音にものすごくこだわってらっしゃる方なので、今回も素晴らしいサウンドに仕上げていただきました。この曲に漂う闘争感、臨場感みたいなものは、あのサウンドがあってこそ。それに負けない歌を乗せられるようにがんばらなきゃなと、気持ちもかき立てられました。