音楽ナタリー Power Push - BRADIO×Negicco

「from 新潟」のスピリット、ここに交わる

BRADIOがニューアルバム「FREEDOM」をリリースした。

前作「POWER OF LIFE」以来、およそ1年7カ月ぶりのフルアルバムとなる今作には「HOTELエイリアン」「ギフト」「Back To The Funk」といったシングル曲のほか、ドラマ「新・ミナミの帝王」の主題歌である「Get Money」など計12曲が収録されている。音楽ナタリーでは「FREEDOM」の発売を記念して、かねてからバンドと親交があるアイドルグループ・Negiccoとの対談を企画。2組のなれ初めに関するエピソードやバンドとアイドルそれぞれの立場から見たお互いの魅力を語ってもらったほか、Negiccoのメンバーに「FREEDOM」の感想も聞いた。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 笹森健一

  • 393

    245

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「from 新潟」に誇りを感じる

──BRADIOとNegiccoが最初に共演したのは2015年8月に新潟・HARD OFF ECOスタジアム新潟で開催されたライブイベント「音楽と髭達2015」ですよね(参照:Negicco「音楽と髭達2015」ライブを同郷のBRADIOがサポート)。NegiccoのライブサポートをBRADIOが担当する、という形でしたがどうしてBRADIOに声をかけたんですか?

BRADIOとNegicco。

Kaede 「音髭」は新潟のライブイベントだったから、私たちと同じ新潟出身のバンドさんにお願いしたいねって話をしていて。BRADIOさんの中で大山(聡一 / G)さんと酒井(亮輔 / B)さんが新潟出身と聞いて、ぜひご一緒したいと思っていたんです。

BRADIO一同 ありがとうございます!

──バンドの第一印象はどうでしたか?

Nao☆ Negiccoってけっこう人見知りで、人との距離を取るタイプなんですけど、BRADIOさんはすごく親しみやすかったです。最初から話しやすくて。

大山聡一(G) 最初にお会いしたのがリハーサルの現場だったんですけど、僕らは最初「警戒されてるな」と思いました(笑)。ただ、いつもNegiccoさんと一緒にやられているホーン隊の方たちと一緒に音を合わせたりしているうちにすぐ打ち解けられたんですよね。いい空気感の現場だったので、Negiccoさんともすぐに距離を縮められたというか。

酒井亮輔(B) 新潟県民って人に対して疑ってかかるところがあるんですよ。だから僕らにも人見知りっぽいところはちょっとあったかもしれないですね。

Megu 新潟は恥ずかしがり屋が多いんです(笑)。

大山 「人が嫌い」ってわけじゃないんですけど、山に囲まれているせいなのか、ちょっと閉鎖的な感じはあるのかもしれないですね。でも地元が一緒だとかそういうことがわかるとすぐに距離が縮められる。それと新潟県民って「from 新潟」ってものにものすごく誇りを感じるんですよ。アーティストの方々はもちろん、お酒とかお米とか、新潟産のものが大好きなんですよね。

Kaede そうそう。

大山 僕と亮輔は新潟から出て東京を拠点に音楽活動をしてますけど、今でも新潟でがんばってるNegiccoさんは本当に新潟の星だと思ってますし、最初にバックバンドのお話をいただいたときは本当にうれしくて。すぐにやりたいって言いました。

1度火が点くとなかなか冷めない

──真行寺さんと田邊さんは新潟出身ではありませんが、メンバーの交流やイベントへの出演を通じて新潟はどういう土地だと感じましたか?

田邊有希(Dr) ライブをやってみて手応えがあったというか「音楽が好きな人が多いんだな」っていう印象が強いですね。それとシャイな人は多いけど、好きになってくれたらずっと好きでいてくれるってイメージがあります。

Megu あ、そういうところもあると思います。新潟のサッカーチーム・アルビレックス新潟さんの年間観客動員が1位を獲得したこともあって、新潟の方って1度火が点くとなかなか冷めないところがあるんです。

真行寺貴秋(Vo) 僕は新潟出身じゃないんですけど、皆さんの話を聞いていて一番新潟県民っぽいかもしれないと思いました。

──どういうところがですか?

BRADIO

真行寺 人に対してすげえ壁を作っちゃうんですよ。

Nao☆ 確かに、貴秋さんとは打ち解けるのに時間がかかりました(笑)。

真行寺 ステージ上ではあんな感じなんですけどけっこう人見知りで。初対面であまり話すほうではないので、Negiccoさんとちゃんと話したのは最近になってからのような……。

Megu たぶん2回目の対バンのときの打ち上げでようやくお話できたような気がします。

田邊 もう何回も会ってからですよね(笑)。

真行寺 「人見知り」という意味では、僕が一番新潟県民っぽいですね。

根本的につながる部分はたくさんある

──「音楽と髭達2015」での共演や、その後の対バンライブでご一緒してみてお互いのことをどう思いましたか?

Kaede 「音楽と髭達2015」のときは圧倒されました。あのときは地元のイベントということもあって気合が入ってたんですけど、その分私たちはすごく緊張していて。「BRADIOさんがバックバンドじゃなかったらいいステージができなかったかもしれない」ってイベントが終わったあとみんなで話してました。

Megu 貴秋さんには途中でボーカルに入っていただいたり、ステージを駆け回っていただいたりして、ステージをすごく盛り上げていただきました。

真行寺 単なるにぎやかしですよ(笑)。今でもあれは本当に大丈夫だったのかって思ってます。

Nao☆ もちろん大丈夫でしたよ!

真行寺 ソロのダンスコーナーをやらせてもらいまして。今振り返るとよくOKが出たなって感じですけど、いい経験をさせてもらいました。

──BRADIOの皆さんはNegiccoさんのステージを観てどうでしたか?

真行寺 もうリハーサルのときから感動してました。リハーサルのときの集中力とかステージに対するこだわりとか。本番に向けてライブを作っていく姿勢を見て、僕らも気合いが入りましたね。すごく感化されました。

大山 バンドとアイドルっていう違いはあるんですけど、ライブに対する姿勢とか音楽が好きだって気持ちとか、根本的につながる部分はたくさんあると思ったんです。だから僕らはNegiccoさんを対バンツアーに呼んだし、Negiccoさんのツアーにも呼んでいただいて。

酒井 Negiccoさんのお客さんが温かく僕らを迎えてくれて、ライブを楽しんでくれたのがうれしかったですね。その後、僕らのワンマンにネギのスティックを持ってきてくれた方もいたんです。

Negicco

Nao☆ NegiccoのライブにもBRADIOさんのファンの方が来てくれるようになったんですよ!

大山 僕らとしても大好きな方々と対バンをしているわけですから、ファンの方がその後も対バン相手のライブに足を運んでくれるのはすごくうれしいですね。

Nao☆ でも最初の対バンは私たちがBRADIOさんを呼んだんですけど「完全に負けた!」って思っちゃったんですよね。もっといろいろやらなきゃいけないことがたくさんあるっていう反省会を3人でしました。

Kaede ファンの方々から「BRADIOさんとまた対バンしてほしい」って声があったりするんですよ。私たちとしてもまた競演したいですし、今度は皆さんに「負けた!」って思わせられるようにがんばりたいですね。

BRADIO ニューアルバム「FREEDOM」 / 2017年1月18日発売 / HERO MUSIC ENTERTAINMENT
通常盤 [CD] / 2700円 / HRME-1014
初回限定盤(店鋪限定) / [CD+DVD] 3780円 / HRME-1013
CD収録曲
  1. Back To The Funk
  2. -Freedom-
  3. 彼女ハリケーン
  4. 蝙蝠
  5. ギフト
  6. Revolution
  7. KAMISAMA
  8. HOTEL エイリアン
  9. 思い通りにならない世界
  10. Get Money
  11. All I Need Is You
  12. Colors
初回限定盤DVD収録内容
2016/7/17 開催「ファンカジスタツアー2016~レインボービックバン編~」赤坂 BLITZ 最終公演ライブ映像
  • FUNKASISTA
  • 感情リテラシー
  • Golden Liar
  • ギフト
  • スパイシーマドンナ
  • Ride On Time

BRADIOツアー情報

BRADIO「FREEDOM tour 2017」
2017年3月5日(日)東京都 赤坂BLITZ
2017年3月10日(金)広島県 SECOND CRUTCH
2017年3月12日(日)香川県 DIME
2017年3月19日(日) 富山県 Soul Power
2017年3月22日(水)鹿児島県 SR HALL
2017年3月24日(金)福岡県 DRUM LOGOS
2017年3月26日(日)新潟県 新潟LOTS
2017年3月31日(金)北海道 札幌PENNY LANE24
2017年4月2日(日)宮城県 LIVE STUDIO RIPPLE
2017年4月8日(土)大阪府 なんばHatch
2017年4月22日(土)愛知県 DIAMOND HALL
2017年4月30日(日)東京都 中野サンプラザホール
BRADIO(ブラディオ)
BRADIO

真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)、田邊有希(Dr)の4人からなる“日常に彩りを加えるエンターテインメント”をコンセプトに活動するロックバンド。多彩なビートを生み出すリズム隊を軸にしたサウンドや、シャウトやファルセットを使い分ける個性的なボーカルが話題を呼ぶ。2013年10月に1stミニアルバム「DIAMOND POPS」をリリース。2014年には「TREASURE05X」や「イナズマロック フェス」といったライブイベントにも出演した。2015年6月には1stフルアルバム「POWER OF LIFE」を、11月にはアニメ「Peeping Life TV シーズン1 ??」のオープニングテーマとして書き下ろした新曲「HOTELエイリアン」を表題曲に据えたシングルをリリース。2017年1月には2ndフルアルバム「FREEDOM」を発表した。3月からは今作を携えたワンマンツアー「FREEDOM tour 2017」を開催する。

Negicco(ネギッコ)
Negicco

新潟在住のNao☆、Megu 、Kaedeの3人からなるアイドルユニット。2003年に結成され、これまでに西寺郷太、矢野博康、小西康陽、田島貴男、池田貴史、土岐麻子、さかいゆう、堂島孝平といったアーティストから楽曲提供を受ける。2016年は東京・中野サンプラザや、東京・NHKホールなどで単独公演を行い、12月には新潟・苗場プリンスホテル ブリザーディウムにて2DAYSにわたるワンマンライブ「私をネギーに連れてって in Naeba supported byサトウ食品」を成功させた。2017年3月からはライブハウスツアー「SPRING 2017 TOUR~ライブハウスのネギ~」の開催が決定している。