アニメ「ブラッククローバー」 PR

アニメ「ブラッククローバー」梶原岳人×島﨑信長×優木かな座談会|新人声優の成長とともに王道を征く ジャンプの最新ファンタジー

アニメも目下放送されている田畠裕基「ブラッククローバー」は、魔法が存在する世界を舞台にしたファンタジー。週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載されており、努力・友情・勝利という同誌のテーマを地で行く王道作品だ。

コミックナタリーではアニメのBlu-ray、DVD1巻の発売を前にアスタ役の梶原岳人、ユノ役の島﨑信長、ノエル・シルヴァ役の優木かなによる鼎談をセッティング。原作、アニメそれぞれの見どころや、新人声優ながら主役に大抜擢された梶原の作品にかける気持ちと、島﨑、優木が梶原へと向ける思い、3月に予定されているBlu-ray、DVDの発売イベントなどについて語ってもらった。

取材・文 / 宮津友徳 撮影 / 上山陽介

「ブラッククローバー」

「ブラッククローバー」1巻

ジャンプ50年目の王道は魔法ファンタジー

海賊、忍者、死神……さまざまなヒーローの王道マンガを生み出してきた週刊少年ジャンプが創刊50周年を目前に送り出したのは、魔法使いの頂点を目指す少年のバトルファンタジー「ブラッククローバー」。2015年より週刊少年ジャンプにて連載されている同作は累計発行部数500万部を突破しており、テレビアニメ化のほか小説化、ゲーム化など幅広いメディア展開が行われている。テレビアニメは2017年10月に放送がスタートし、現在第2クール目にあたる「魔宮(ダンジョン)攻略編」がオンエア中だ。

「ブラッククローバー」ティザービジュアル

魔力を持たない少年が魔道士の頂点を目指す

「ブラッククローバー」の舞台となるのは、世界を滅ぼさんとする魔神が1人の魔道士によって討たれた世界。魔道士はその後魔法帝と呼ばれるようになり、代々の魔法帝が世の中を平和に統治していた。そんな中、魔力を持たない孤児院育ちの主人公・アスタは、幼なじみであるユノとともに魔法帝の座を目指すことになる。

原作に沿ったオリジナル要素も多数内包

アニメ第2話より。どちらが魔法帝になるか勝負だと拳を付き合わせるアスタとユノ。

アスタ役を演じるのは、本作がアニメ初主演という新鋭・梶原岳人。もう1人の主人公であるユノ役には、「斉木楠雄のΨ難」「黒子のバスケ」などさまざまなジャンプアニメに出演している島﨑信長がキャスティングされた。

アニメ版は原作マンガの設定に沿った形でのオリジナルの要素も盛り込み、原作のエピソードを丁寧に描いている点も見どころのひとつ。原作者の田畠裕基は「『夢に向かってあきらめない』ということをテーマに、 僕が構想した『ブラッククローバー』のすべてがアニメでは描かれています」とコメントを寄せている。

梶原岳人×島﨑信長×優木かな座談会

福山潤さんが「だから気配消すなって言ってるだろ!」って

──梶原さんは「ブラッククローバー」で初主演を射止めましたが、ジャンプアニメということもありますし大きな反響があったのではないですか?

左から梶原岳人、島﨑信長、優木かな。

梶原岳人 いや本当に……初めて名前のある役をいただいたのが「ブラッククローバー」ということもあって、知らない人からもLINEで「お前やるじゃん!」って言ってもらったりしました。

優木かな 知らない人?

梶原 知らない人じゃない、最近あまり話していなかった友達か(笑)。

優木 私もこんな大きなタイトルのヒロインを演じるのは初めてだったんですが、ノエルちゃんが登場した7話が放送されたあとには「あれお前だったのか!」って驚かれたり、「おめでとう!」ってお祝いの言葉をかけてもらえたりしましたね。

島﨑信長 がっくん(梶原岳人)と優木さんは、アフレコ現場で大変よくいじられているんですよ。

優木 私もがっくんも現場ではすごく静かなんですけどね。

アニメ第7話より。初対面のアスタに魔力の差を見せつけようとするノエル。

梶原 優木さん、静かかな?

島﨑 優木さんはたまにポカをやらかしたときに周りにいじられると、テンパりつつ一所懸命対応してくれてるからあまり静かな印象はないかな(笑)。がっくんは初主演ということで緊張しているのもあるだろうし、休憩中は集中してセリフの練習をしていたりもするので、あまり自分からは会話の輪に入ってこないんですよ。

梶原 気配を消していますね。

島﨑 そうやって気配を消しているときに、フィンラル役の福山潤さんが「だから気配消すなって言ってるだろ!」ってツッコんでくださったりして。

梶原 僕は自分からあまり前に出ていくタイプではないので、そうやって話に入りやすくなる空気を作ってくださるのは本当にありがたいですね。そういういじりがなかったら、「緊張してここで死んじゃうな」っていつも思ってます。

アニメ第6話より。「黒の暴牛」のメンバー。左からアスタ、ヤミ、フィンラル。

優木 (笑)。前に私とがっくんとヤミ役の諏訪部(順一)さんの3人で「ブラッククローバー」のゲーム用のアフレコをしたことがあったんです。そのときにがっくんが何度かリテイクを出してしまったんですけど、諏訪部さんが後ろでずっしり構えて見守ってぼそっと「がんばれ」って言ったりしていて。

梶原 えっ、そんなことあったんだ?

優木 うん。おふたりは同じ事務所だし、劇中でも「黒の暴牛」の団長と新人っていう関係性だからリンクしているし、いい先輩だなと思った。

梶原 諏訪部さんに限らず、質問したらアドバイスをくださいますし注意もしてくださるので、本当に先輩に引っ張られている現場ですね。

「ブラッククローバー」Chapter I
2018年2月23日発売 / エイベックス・ピクチャーズ
「ブラッククローバー」Chapter I Blu-ray Disc

[Blu-ray Disc 2枚組]
18360円 / EYXA-11775~6

Amazon.co.jp

「ブラッククローバー」Chapter I DVD

[DVD2枚組]
16200円 / EYBA-11764~5

Amazon.co.jp

収録内容
  • アニメ第1話~第10話
映像特典
  • 「プチットクローバー」特別編
  • OPノンクレジット映像
  • EDノンクレジット映像
  • プロモーションビデオ集
音声特典
  • オーディオコメンタリー
封入特典
  • 特製ブックレット16ページ
初回生産版特典
  • キャラクターデザイン・竹田逸子描き下ろし三方背ケース&デジパック仕様
  • アートブック24ページ
「ブラッククローバー」Blu-ray、DVD1巻発売記念イベント

日時2018年3月18日(日)
1回目 15:30開場 / 16:00開演
2回目 17:15開場 / 17:45開演

会場
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場 SCREEN3

出演
梶原岳人、島﨑信長、諏訪部順一、優木かな、室元気

テレビアニメ「ブラッククローバー」
テレビアニメ
「ブラッククローバー」
テレビ東京系にて毎週火曜18:25~、
BSジャパンにて毎週金曜日24:58~放送中
スタッフ

監督:吉原達矢
シリーズ構成:筆安一幸
キャラクターデザイン:竹田逸子
サブキャラクターデザイン:徳永久美子
プロップデザイン:髙橋恒星
美術監督:前田有紀
撮影監督:國井智行
色彩設計:篠原愛子
編集:奥田浩史
音楽:関美奈子
音響監督:髙桑一
アニメーション制作:studioぴえろ
製作:ブラッククローバー製作委員会

キャスト

アスタ:梶原岳人
ユノ:島﨑信長
ヤミ・スケヒロ:諏訪部順一
ノエル・シルヴァ:優木かな
フィンラル・ルーラケイス:福山潤
マグナ・スウィング:室元気
ラック・ボルティア:村瀬歩
ゴーシュ・アドレイ:日野聡
バネッサ・エノテーカ:水樹奈々
チャーミー・パピットソン:安野希世乃
ゴードン・アグリッパ:松田健一郎
ユリウス・ノヴァクロノ:森川智之
ウィリアム・ヴァンジャンス:小野大輔
ミモザ・ヴァーミリオン:西明日香
クラウス・リュネット:寺島拓篤
ノゼル・シルヴァ:鳥海浩輔
フエゴレオン・ヴァーミリオン:小西克幸
シャーロット・ローズレイ:小林ゆう
ジャック・ザ・リッパー:浪川大輔

梶原岳人(カジワラガクト)
梶原岳人
東京俳優生活協同組合所属の声優。大阪府出身、11月28日生まれ。「ブラッククローバー」でアニメ初主演を務める。主な出演作に「エロマンガ先生」「いぬやしき」「アイドルマスター SideM」など。
島﨑信長(シマザキノブナガ)
島﨑信長
青二プロダクション所属の声優。宮城県出身、12月6日生まれ。主な出演作品に「牙狼〈GARO〉 -VANISHING LINE-」(ルーク役)、「斉木楠雄のΨ難」(海藤瞬役)、「覇穹 封神演義」(普賢真人役)、「クジラの子らは砂上に歌う」(スオウ役)、「Free!」シリーズ(七瀬遙役)など。
優木かな(ユウキカナ)
優木かな
ヴィムス所属の声優。神奈川県出身、3月10日生まれ。主な出演作に「精霊使いの剣舞」(リンスレット・ローレンフロスト役)、「王様ゲーム The Animation」(南理奈役)、「Shadowverse」(アリサ役)など。