お笑いナタリー

小林賢太郎、10年前のK.K.P.公演「TAKEOFF」を生解説するライブ

422

来月11月24日(金)、小林賢太郎が「K.K.P.副音声ライブ!『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』を劇場のスクリーンに映して生解説」と題したライブを兵庫・新神戸オリエンタル劇場で開催する。

2006年から2007年にかけて全国で上演されていた舞台「TAKEOFF ~ライト三兄弟~」は、小林が脚本と演出を担当し、自身も出演する作品。千秋楽から10年が経ったタイミングで改めてスポットを当てたいという小林の思いから、同作を“生解説”するライブが企画された。会場の新神戸オリエンタル劇場は、作品が最初に上演された場所だ。

当日は「TAKEOFF」のダイジェストにあわせて小林やゲストが作品の裏話などを語る予定。小林は自身のオフィシャルサイトで「ご参加いただく場合は、今一度DVDでのおさらいをお勧めいたします」と呼びかけている。

なお小林は昨日10月17日、所属が株式会社トゥインクル・コーポレーションから株式会社スタジオコンテナという新会社に移ったことを発表。スタジオコンテナはトゥインクル・コーポレーションと同じ経営陣による制作会社で、小林の活動内容はこれまでと変わらないという。

K.K.P.副音声ライブ!「TAKEOFF ~ライト三兄弟~」を劇場のスクリーンに映して生解説

日時:2017年11月24日(金)19:00開演
会場:兵庫・新神戸オリエンタル劇場
料金:5000円(全席指定)
チケット:イープラスにて10月25日(水)から10月31日(火)までプレオーダー受付、11月11日(土)より一般販売。

お笑いナタリーをフォロー