小林賢太郎が朗読で参加、ドキュメンタリー映画「場所はいつも旅先だった」

36

1197

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 334 769
  • 94 シェア

小林賢太郎が、松浦弥太郎のドキュメンタリー映画「場所はいつも旅先だった」に朗読で参加している。

「場所はいつも旅先だった」より。

「場所はいつも旅先だった」より。

大きなサイズで見る(全2件)

「場所はいつも旅先だった」より。

「場所はいつも旅先だった」より。[拡大]

文筆家、書店オーナー、雑誌「暮しの手帖」の元編集長など、さまざまな肩書きを持つ松浦が初めて監督した劇場用長編。2011年に発表した旅にまつわる自伝的エッセイ集「場所はいつも旅先だった」と同名ながら内容は映画オリジナルで、世界5カ国・6都市を自ら旅し、「現地の人々の日常の営みを感じられるから」と主に早朝と深夜に撮影を行った。

朗読を務めた小林は「こんなふうに世界を旅すれば、不安や怖さを感じることもあるはず。けれどこの映画には、常に変わらない安心感がある。それはきっと、松浦監督の視点の軸が、自分じゃなくて相手にあるからだと思った。この安心感をそのまま観る人に手渡す。そんな気持ちで、声を添えさせてもらいました」とコメント。主題歌にはアン・サリーの「あたらしい朝」が使用されている。公開は、10月29日(金)より東京・WHITE CINE QUINTOほか全国で順次。

この記事の画像(全2件)

(c)Mercury Inspired Films LLP

読者の反応

よっち @yottin_m

小林賢太郎が朗読で参加、ドキュメンタリー映画「場所はいつも旅先だった」(コメントあり) https://t.co/oYS0LWyqdh

コメントを読む(36件)

小林賢太郎のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 小林賢太郎 / アン・サリー の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。