お笑いナタリー

劇団ひとり「ハライチのターン!毎週聴いてる」たけしとの新CM発表会で主張

604

アサヒ飲料株式会社の缶コーヒー「WONDA」の新CM発表会に出演した(左から)ハライチ澤部、劇団ひとり、ビートたけし、ブルゾンちえみ with B。

アサヒ飲料株式会社の缶コーヒー「WONDA」の新CM発表会に出演した(左から)ハライチ澤部、劇団ひとり、ビートたけし、ブルゾンちえみ with B。

アサヒ飲料株式会社の缶コーヒー「WONDA」の新CM発表会が本日9月6日に都内にて行われ、CMに出演するビートたけし劇団ひとりハライチ澤部、ブルゾンちえみ with Bが登壇した。

ワンダのCMシリーズはたけしが演じる部長と、ひとりと澤部が演じる部下のサラリーマンたちによる掛け合いが人気。明日9月7日(木)から「ワンダ 金の微糖」の新CM「『濃いやつが来た』編」が放送開始され、ブルゾンが新人キャリアウーマンとして初登場する。本日ブルゾンはwith Bことブリリアンを従えて会場の客席側から姿を見せると、豪快に書類を撒くおなじみのパフォーマンスを披露。CMと同じく金髪姿となったブルゾンについて、ひとりが「違和感ない。しっくり来てる」と評した一方、たけしは「天津甘栗の焼く前みたい」と表現した。

イベント中にはたけしが部下たちのことをよく知るべく、ひとり、澤部、ブルゾンに質問をするコーナーが設けられたが、ここでたけしは商品名とかけた時事ネタや下ネタを連発して会場の笑いを誘い、ツッコミに回ったひとりも「この会場、やけに下ネタが受けます」とコメント。それでも「今まででもっともコクのある言葉は?」という質問に、ひとりは20年前に組んでいたコンビ・スープレックス時代にたけしからネタのアドバイスを受けたエピソードを繰り出す。たけしのモノマネを交えながら当時を振り返るひとりは「目から鱗。ネタの作り方の参考にした」と話し、たけしに「それによって失敗するかと思ったが、目論見が外れて売れてしまった」と言わしめた。

また「自分が前向きになるために行うことは?」という質問には、ひとりが「『ハライチのターン!』を毎週欠かさず聴いています。TBSラジオの毎週木曜24時から」と澤部本人の前でリスナーであることを力強くアピールし、澤部は「会うたびに言ってくるんですよ。ありがたい」と感謝を述べる。さらにひとりは「『ハライチのターン!』以外なら『アルコ&ピース D.C.GARAGE』(TBSラジオ)も聴いています」と続け、澤部に「同じ枠のヤツ! 好きだなあ!」とツッコまれていた。

新CMはブルゾンちえみが出演する「『濃いやつが来た』編」と併せて、「神スイング」で知られる稲村亜美が初出演する「『キリッとした朝』編」も同日にスタート。稲村のスイングの風圧によって、たけし、ひとり、澤部が吹き飛ばされる内容だ。

お笑いナタリーをフォロー