お笑いナタリー

ノンスタ石田が三四郎に、パンブー佐藤が銀シャリとナイツにネタ書き下ろす

1281

「オワライターズ#2」に出演する(左から)三四郎、NON STYLE石田。

「オワライターズ#2」に出演する(左から)三四郎、NON STYLE石田。

来月4月5日(水)深夜、ネタ作りに定評のある芸人がほかの芸人にネタを提供するネタ番組「オワライターズ#2」(フジテレビ)が放送される。このたびネタを書くライターと、ネタを披露するプレイヤーの組み合わせが明らかとなった。

その組み合わせは「NON STYLE石田×三四郎」「パンクブーブー佐藤×銀シャリ」「パンクブーブー佐藤×ナイツ」「シソンヌじろう×コロコロチキチキペッパーズ」「かもめんたる・う大×ジャングルポケット」。三四郎は「マニアックなワードを使わず老若男女に受ける正統派漫才」を石田に依頼したほか、小宮が自身の滑舌の悪さを気にして「サ行・ハ行・ラ行を封印したネタ」を希望。果たしてどんな漫才ができるのか。

佐藤は銀シャリとナイツの2組にネタを提供する。銀シャリは「自分たちがやりそうでやらなかったネタを書いてほしい」と佐藤に依頼し、打ち合わせの結果、漫才でなくコントを披露することになった。ナイツ塙は「オワライターズ」第1弾でライターとして永野にネタを提供した際のことを「頭がおかしくなった」と振り返る。そんなナイツに関して「完全に完成しているナイツの漫才をどう崩すかが課題」という佐藤が書いたネタとは。

コロチキは、仲のいい先輩でもあるじろうに「キャラに頼らない、ストーリーで笑いを取る小説のようなネタ」をリクエスト。ジャンポケは「う大さんに書いてもらえるのは非常に光栄。自分たちにはできないものをぜひ」と口を揃え、う大も3人のライブに何度も足を運んで「3人の個性を生かすコント」を研究したという。「最近迷走していた」と話すジャンポケは、う大の手で新境地を開拓できるのか。

オワライターズ#2

フジテレビ 2017年4月5日(水)24:25~25:25
<出演者> 
ライター:NON STYLE石田 / かもめんたる・う大 / パンクブーブー佐藤 / シソンヌじろう
プレイヤー:銀シャリ / コロコロチキチキペッパーズ / 三四郎 / ジャングルポケット / ナイツ

お笑いナタリーをフォロー