お笑いナタリー

たけし「すごくいい経験になった」実写版「攻殻機動隊」キャスト来日会見

83

「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見に登壇したビートたけし(左から2人目)。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見に登壇したビートたけし(左から2人目)。

ハリウッド映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」の来日記者会見が本日3月16日に都内にて行われ、キャストのビートたけしが、スカーレット・ヨハンソン、ピルウ・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、監督のルパート・サンダースと共に登壇した。

この作品は、士郎正宗のマンガ「攻殻機動隊」をもとにしたSFアクションで、来月4月7日(金)に全国公開。原作の草薙素子にあたる“全身義体”の主人公・少佐をヨハンソン、少佐の上司・荒巻大輔をたけしが演じる。たけしは「本格的なハリウッド映画に出られて、すごくいい経験になった。役者という仕事をやるときの振る舞いをスカーレットさんに教えていただいた。素晴らしい映画ができた」と挨拶した。

作品の感想を聞かれると「実写版はアニメやマンガに負けて文句を言われるのが定説。この作品は最初に成功した実写版の例じゃないかと思う。唯一の失敗は荒巻」と自分が演じる役を引き合いに出して会場の笑いを誘う。ハリウッドと日本の違いを聞かれた際には「自分が監督のときはワンテイクが多い。ハリウッド映画はカメラの台数が“5カメ”も“6カメ”もあって、ただ歩くだけのシーンでも監督から『グッド! ワンモア(=もう1回)』『エクセレント! ワンモア』と言われて何度も撮影した。これはお金かかるなと、つくづく思った」と撮影を振り返った。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集

※コミックナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集|弐瓶勉インタビュー

※音楽ナタリー Power Push 公開中!
「ゴースト・イン・ザ・シェル」特集|西川貴教(T.M.Revolution)インタビュー

(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

お笑いナタリーをフォロー