お笑いナタリー

やついいちろうが朝ドラ初出演「そのままの自分でやれる役」

881

「ひよっこ」東京編の出演者たち。

「ひよっこ」東京編の出演者たち。

4月3日(月)より放送されるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に、エレキコミックやついが出演することが明らかになった。

やついの出演は本日1月30日に東京・NHK放送センターで行われた、出演者追加発表会見にて発表。今回はドラマ後半の「東京編」で、高度経済成長期に茨城から上京した有村架純演じるヒロイン・谷田部みね子を取り巻く出演者たちが発表された。

朝ドラ初出演となるやついの役どころは、みね子が東京で働くことになる洋食屋「すずふり亭」のコック・井川元治。店の二番手ながらサボり癖があるというこの役について、やついは「料理がうまくなりたいけど努力はしたくない、努力はしたくないけど尊敬されたい、という人間的な役で、僕にぴったりだなと(笑)。そのままの自分でやれる役だと思うので、精一杯やらせていただきたいです」と意気込みを明かした。

すずふり亭でのシーンはアドリブも多いとのことで、やついは「面白いこと言わなくちゃいけないのかな、と思ってずっとしゃべり続けるんですけど、スタッフウケもないからモチベーションが続かないんです(笑)。ウケてるんだろうな、と思いながら(ホール担当の朝倉高子役を演じる)佐藤(仁美)さんとしゃべってます」とぼやく。そんなやついの言葉を受けて、佐藤は「(今後のストーリーで)やついさんとの結婚だけは避けていただきたい(笑)。あまり仲良くするアドリブは今後はやめようと思います」と台本に注文を付け、やついを苦笑いさせていた。

このほか会見では、すずふり亭主人の牧野鈴子を演じる宮本信子、鈴子の息子で料理長の牧野省吾を演じる佐々木蔵之介、さらに和久井映見、磯村勇斗、竜星涼、松本穂香、藤野涼子、小島藤子、八木優希の出演も発表された。

お笑いナタリーをフォロー