お笑いナタリー

銀シャリ、バトル2連覇でルミネ150ステージの追い鰹!とろサーモン久保田は帰る

263

優勝した銀シャリ。

優勝した銀シャリ。

銀シャリが昨日6月12日に東京・ルミネtheよしもとにて開催された「バトル・オブ・ザ・ステージ in ルミネtheよしもと 2016」で優勝した。彼らには今年12月までのルミネtheよしもと150ステージ出演権が贈られる。

「バトル・オブ・ザ・ステージ」はルミネtheよしもとの出番を賭けて芸人たちがネタバトルを繰り広げるもの。昨日はインディアンス相席スタートもう中学生井下好井囲碁将棋ニューヨーク三浦マイルドインポッシブルサカイストモンスターエンジン鬼越トマホークコマンダンテ小森園ひろし、えんにち、銀シャリ、どりあんずアイロンヘッドサルゴリラ、5GAP、とろサーモンの20組が1回戦で4分ネタを披露した。

審査は観客投票と審査員による採点で行われ、8分ネタで争われた決勝には1位から順に銀シャリ、コマンダンテ、インディアンス、相席スタートが進出。銀シャリはしりとりを題材にした漫才をたっぷりと展開し、1回戦を漫才で通過した相席スタートはコントで男女のやり取りを演じてみせる。8分間、怒涛のギャグとしゃべりで駆け抜けたインディアンスが会場を沸騰させたかと思えば、コマンダンテはカフェ店員に電話番号を渡したい安田とその練習に付き合ってやる石井の立場が徐々に入れ替わっていく漫才で観客の心を揺さぶった。

銀シャリは昨年12月に行われた「バトル・オブ・ザ・ステージ」から2連覇を達成。前回獲得した150ステージのうち60ステージを消化済みで、あと90ステージが残っていると説明した橋本は、「プラスされて合計240ステージ。これを“追い鰹”と呼んでます」と話して笑いを誘う。すぐに鰻がライブの告知をしようとすると、「噛み締めろ! 優勝を!」と叱りつけ、観客にも「みんな来てよ!?」と投げかけた。

1回戦の集計中には、はりけ~んずMCのもと芸人たちが短いトークやショートコントで自己紹介。途中で結果が出たため、残り10組の紹介が決勝の集計時に持ち越されることになると、はりけ~んずは敗退したとろサーモン久保田に「帰ったらあかんよ!」と釘を刺した。すると久保田は「私は本当に帰ります」と堂々と宣言し「私も(アピール)いいですか? こんなもの、金の一銭にもなりゃしねえ」と言い残して舞台を去る。2回目のトークコーナーになると本当に久保田の姿はなく、「『もうええわ』のタトゥーを背中に彫るために帰った」と伝えられ、会場は爆笑に包まれた。

お笑いナタリーをフォロー