お笑いナタリー

チョコプラが沖縄の商店街で謎解きに熱中、田畑藤本・藤本「制作者冥利に尽きる」

194

「リアル宝探し『耳切坊主異聞』」が展開されている平和通り商店街の入り口。

「リアル宝探し『耳切坊主異聞』」が展開されている平和通り商店街の入り口。

昨日3月5日、沖縄・よしもと沖縄花月にて謎解きイベント「リアル宝探し『耳切坊主異聞(みみちりぼうじいぶん)』」の説明会が行われ、謎を考案した田畑藤本・藤本、仕掛けの1つ、サウンドホラーハウスの声を務めているスリムクラブが出席した。

「耳切坊主異聞」は沖縄に古くから伝わる妖怪伝説「耳切坊主」を題材に、沖縄・平和通り商店街で展開される体験型宝探しゲーム。宝の地図と商店街に隠されたヒントを頼りに謎を解くことができれば、豪華賞品が抽選でプレゼントされる。藤本が謎の制作に携わっているほか、道中にある「沖縄サウンドホラーハウス」の声を沖縄出身芸人のスリムクラブとガレッジセールが担当している。

説明会では、藤本が「学歴や知識ではなく、閃きだったり、仲間と相談すれば解けるようになっています。沖縄の風土にも触れられるように考えました」とイベントについて解説。昨年12月から今年1月、よしもと沖縄花月での出番の合間に商店街を訪ね、気になる場所を写真に収めながら仕掛けを組んでいったと話す。「謎解きに使おうと思っていたお店が2月に閉店すると聞いて慌てました(笑)」と、完成までの道のりに思わぬハプニングもあったと明かした。

スリムクラブ真栄田は「沖縄サウンドホラーハウス」で流れる物語の収録時について、ガレッジセール・ゴリが「耳切坊主の『ぼうず』が『ぼうじゅ』に聞こえる」という理由でスタッフと揉めていたことを回想。録り直しとダメ出しを4回繰り返したところで「あんたの耳が悪いんじゃない!?」と怒りを露わにしたゴリにスタッフの耳が斬られそうになったと話して笑いを誘った。スリムクラブ内間はそれも「謎」の内だといい、「ぼうず」に聞こえるか、「ぼうじゅ」に聞こえるか確かめるのも楽しみ方の1つだと提案。また「(沖縄県外の)藤本くんが謎を考えてくれているから、県内の人たちは新たな平和通りの魅力を見つけられると思う」とアピールした。

その後、藤本同行のもとチョコレートプラネットがこの謎解きゲームを体験。長田はヒントに頼ろうとする松尾を「待て! 待て!」と制したかと思えば「よし、ヒントだ!」と叫ぶなど、周りの反応そっちのけで没頭する。協力して謎を解き、キーワードを見出すと2人は満面の笑み。またサウンドホラーハウスでは前後左右から立体的に聞こえるリアルな音に終始悲鳴を上げ、「これは怖い。ナメてました……」と力尽きていた。

体験後に話を聞くと、長田は「難しかった。どこにヒントがあるかわからないから、じっくり商店街を観察しないと解けない。平和通り商店街を知り尽くすきっかけになると思います」とコメント。「答えを見つけたときはめちゃくちゃうれしい」と感想を語った。一方、サウンドホラーハウスの恐怖を引きずっていた松尾。「よしもとがやってるから大したことないだろうって思ってたけど、これはすごい! 怖いもの好きな人も満足できる」と冗談も交えつつ絶賛する。

体験者の反応を間近で見た藤本は、「長田さんがグイグイ謎を考えていってくれてる背中を見たときに『よかったな』と、制作者冥利に尽きる気持ちになりました」と手応えを感じた様子。「沖縄花月に来たついでに楽しんでもらいたい」とPRした。

島ぜんぶでおーきな祭×平和通り商店街謎解きラリー リアル宝探し「耳切坊主異聞」

日程:2016年3月5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、19日(土)~31日(木)
時間:11:00~19:00 (最終スタート18:00)
会場:沖縄・那覇市平和通り商店街
参加費:無料

お笑いナタリーをフォロー