お笑いナタリー

関根勤監督「騒音」は芸人と俳優のハーモニー、飯尾らと初日挨拶

141

映画「騒音」の初日舞台挨拶に登壇した関根勤監督(中央)とキャストたち。

映画「騒音」の初日舞台挨拶に登壇した関根勤監督(中央)とキャストたち。

関根勤の初監督作品「騒音」が本日5月23日に公開され、東京・シネマート新宿にて行われた初日舞台挨拶に関根とずん飯尾、イワイガワ岩井ジョニ男、温水洋一、村松利史、酒井敏也、廣田あいか(私立恵比寿中学)といったキャストが登壇した。

この舞台挨拶は作品の上映前に行われ、関根は「幼稚園の子供の入園式に来た父親みたい」と初日を迎えた心境を語ったほか、客席へ「非常にくだらない映画だということを頭に入れてください」と念を押してガイドする。さらに「芸人と素晴らしいコメディができる俳優さんのハーモニーを観ていただきたい。ハンバーグで言うと牛肉が俳優さんで芸人が豚肉の合いびき。そのおいしさを感じ取ってください」と訴えた。

温水は「チームワークもよく、頑張って作った映画です。オファーを引き受けてよかった」と顔をほころばせ、村松は「皆さんの想像以上にくだらない映画。あきれる人もいると思いますが、それが映画の個性」、酒井も「バッカバカしくてくっだらないけど、僕、大好きです。こういう映画」とPRする。廣田は「観ていくにつれて、一生懸命やってるオヤジの姿がどんどんかわいく見えてくるのが一番すごいと思いました。最初はなんとも思ってなかったのに」とゆったり話して会場の笑いを誘った。

公務員役の飯尾は「両親が公務員なのでスッと入れました。9時から5時、見事に演じたと思います」と役柄と自身がフィットした様子。ジョニ男は「美女木ジャンクション!」などのギャグを交えながら「この映画は、クリント・イーストウッドには撮れない」と絶賛してみせる。そのほか舞台挨拶は、関根が披露した村松のモノマネや、飯尾による軽妙な進行などで大きな盛り上がりを見せた。

なお既報の通り明日5月24日(日)より29日(金)までの6日間、封切り記念イベントがシネマート新宿にて行われ、関根監督のほか、イワイガワ、流れ星、どぶろっく、エネルギー、関根麻里らゲストが日替わりで出演する。

騒音

監督:関根勤
脚本:舘川範雄
出演:温水洋一 / 村松利史 / 飯尾和樹 / 岩井ジョニ男 / 酒井敏也 / YOU / 関根麻里 / 廣田あいか(私立恵比寿中学) / 天野ひろゆき / ウド鈴木 / 渡辺哲 / タモリ / 明石家さんま
配給:スールキートス

映画「騒音」封切り記念イベント

会場:東京・シネマート新宿 スクリーン2
2015年5月24日(日)15:30の回上映開始前
出演:関根勤 / イワイガワ
2015年5月25日(月)18:45の回上映開始前
出演:関根勤 / イワイガワ / 関根麻里
2015年5月26日(火)18:45の回上映開始前
出演:関根勤 / 流れ星
2015年5月27日(水)18:45の回上映開始前
出演:関根勤 / どぶろっく
2015年5月28日(木)18:45の回上映開始前
出演:関根勤 / エネルギー
2015年5月29日(金)18:45の回上映開始前
出演:関根勤
チケットは通常の観賞料金で、各日の2日前の開館時刻よりシネマート新宿窓口にて販売。

お笑いナタリーをフォロー