お笑いナタリー

品川監督とキャスト集結、庄司&ワッキーはふんどし姿

68

本日3月25日、品川ヒロシが監督・脚本を務める映画「サンブンノイチ」の公開直前イベントが東京・TOHOシネマズ日本橋にて行われ、品川のほか多くのキャストが揃った。

この日会場では「誰に会えるか確率サンブンノイチ」といった趣向の企画が行われ、来場客は各スクリーンにどのキャストが登場するか当日まで知らない状態。MCを東京ダイナマイト松田が務める中、まずは品川庄司・庄司、ペナルティ・ワッキーが、ダンサーのYASU-CHINとともに自ら「ハズレです!」と申し訳なさそうに話しながら登壇した。彼らは作中で描かれる映画「踊る海岸線」にふんどし一丁で出演しており、本日も同じ装い。ワッキーは撮影を振り返って「ほとんど監督の指示がなく、ふわっとやってふわっと終わった」と語り、庄司は挨拶もそこそこに「ミキティー!」とおなじみの名前を叫んだ。

続けて品川を筆頭に、ブラックマヨネーズ小杉、次長課長・河本、藤原竜也、中島美嘉、窪塚洋介が一挙に登壇すると、会場中に大きな歓声と拍手。進行役がタケトに変わり、小杉が「精一杯やりました。みなさん観ていってください、ヒーハー!」、河本が「ぜひ“MN”で……まばたき(M)なし(N)で観てください」と話したほか、松田は「品川さんに『俺の飲みの誘いを断るな』って言われて、断らなかったら映画に出してくれた」と感謝している様子だった。

品川は「キャストと揃ってこういう日を迎えられたのが幸せ」と感慨深げ。そんな品川を、藤原は「妥協せずにカットを撮っていく。よき監督」、中島は「空気を作るのがすごく上手。現場にいやすかった」、窪塚は「日本のタランティーノ。天才現る! みんなの才能を引き出してくれる。これから仕事をしていくのが楽しみ」と揃って褒める。品川は「バラエティとの扱いの差に酔いそう」と照れてみせ、相方を取り巻く状況に庄司が「遠くにいったなぁ……」と実感を込めてつぶやき笑いを誘った。

さらにトークは品川が「小杉さんは今日の今日まで窪塚くんにビビッてた。“鬼塚くん”って間違って呼んだ」と明かすと、小杉が「言わんでエエ! 洋ちゃんって呼んでるし。ほんまに仲エエ」などと反論。窪塚がそんな小杉を再三にわたって軽くつっつく仲睦まじいやりとりも盛り上がりを見せ、最後に品川は「このように楽しい現場でみんなで面白いもの作ろうとしました。最後まで楽しんでください」とメッセージを送った。「サンブンノイチ」は4月1日(火)に神奈川・川崎チネチッタほか全国で公開される。

お笑いナタリーをフォロー