お笑いナタリー

かもめんたるに乾杯!FKD48メンバーの新たな魅力が全開

80

昨日10月11日、東京・新宿ロフトプラスワンにて、オールナイトトークライブ「FKD48 TALK LIVE~因果応報~」が開催された。

オープニングでは、前回7月に行われた本公演「FKD48 7th LIVE~信念~」の反省として、トップリード和賀のキャラ・ワガリレオが問題に。「あまちゃん」ならぬ「ワガちゃん」という新キャラ案が出ると、「じぇじぇじ」ならぬ「ワガガ!」、「ワガれたらワガ返す、ワガ返しだ!」「ワガてなし」など、次回公演を期待させるフレーズが続々誕生した。

そして改めてリーダーの磁石・永沢から「とうとうFKD48からチャンピオンが誕生しました!」と喜びの報告。かもめんたるを呼び込むと、観客はこれまでにない大歓声で出迎えた。この歓声に、「これまでそんなことなかったのに!」「FKD48総選挙で全然だったのに」とメンバーたちもビックリ。乾杯はHi-Hi上田からのムチャぶりで、かもめんたる・う大が「温かいものは温かいと感じ、冷たいものは冷たく感じながら慎ましく生きていきます。誠に過分な申しつけではございますが、今しばらくお付き合いください。乾杯!」と、KOCを沸かせた名セリフを言いきると、大きな拍手が沸き起こった。

その後は皆かもめんたるに次々と質問。しかしかもめんたるが答えるそばから、ほかの芸人がイジられることに。アルコ&ピース平子は「いつこの(受精)ネタはダメだと思いましたか?」と多くのマイクを向けられ、トップリードは2年連続8位ということで「はっつあん」と呼ばれるなど大騒ぎ。また、う大からは「鬼ヶ島のネタを見て、おおかわらさんが大きな声出し過ぎてる気がした。そこに勝機はあると思った」というとっておきの話も飛び出した。

メイン企画はテーマ別芸人トークで、まずは「ネタ書いてないほう芸人」として、タイムマシーン3号・関、ダブルブッキング黒田、ななめ45°下池、アルコ&ピース酒井、かもめんたる槙尾、キャン×キャン玉城、Hi-Hi岩崎、三拍子・久保が登場。「何もしてないと思われがちなので誤解を解きたい」という彼らからはまず、「ドリンクバーの飲み物は率先して運ぶ」というあるあるで共感し合っていた。相方への気遣いは各コンビごとに特徴があり、黒田は「いろんなゴシップを提供すると機嫌がよくなる」と発表。KOC王者ながらネタ書いてないほうの槙尾は「反抗すると、『お前何自我目覚めてんだよ』って怒られる」とポツリと漏らした。

「方言しゃべれる芸人」では、ダブルブッキング川元が東京に来てから人前でしゃべったことがないという鹿児島弁で愛の告白。「(オジンオズボーン)篠宮いじりたい芸人」では、オジンオズボーン高松が不満そうにMCを務めながら、篠宮の魅力が次々と語られた。「打ち上げ大好き芸人」では、貴重なFKDの打ち上げ動画を公開。最後は観客も謎の「本当のカレン・カーペンターは誰だゲーム」に巻き込まれる事態となった。

「お笑いクイズ王決定戦」コーナーでは、メンバーたちが6チームにわかれて熱戦。「リクエストカラオケ」コーナーでは、川元が田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」をモノマネで歌ってみせ、鹿児島弁に続き新たな一面を披露した。「オリジナルカクテルを作ろう」コーナーでは、マシンガンズ西堀が後輩の磁石の2人から呼び名をめぐってイジられまくり。アルコ&ピース酒井MCの「酒井の車窓から」では、酒井がキャン×キャン玉城とぎこちない時間を過ごした。

最後は三拍子・高倉から重大発表。う大の多忙により、ユニット「ふんど6(シックス)」のサテライトメンバーとして西堀が加入することが決定した。突然の指名に西堀は度肝を抜かれながらも「選ばれたからにはやりますよ」と意気込み。新メンバー加入で勢いを得た高倉は「2020年の東京オリンピック開会式出演を目指す」と宣言した。またこの日は、マシンガンズ滝沢の「E★エブリスタ 電子書籍大賞2013」書籍化決定作品選出もお祝い。今後の公演情報はFKD48オフィシャルサイトにて発表される。かもめんたるのKOC優勝でますます実力派ユニットに近づいた彼らの今後の活躍をぜひお見逃しなく。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

お笑いナタリーをフォロー