音楽ナタリー PowerPush - TRIAD ROCKS -Columbia vs Triad-

緊急開催!出演者による集客会議

1990年代にTHE YELLOW MONKEYやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどが所属した日本コロムビア内のロックレーベル・TRIADが今年7年ぶりに復活した。それを記念して、5月19日に東京・豊洲PITにてライブイベント「TRIAD ROCKS-Columbia vs Triad-」が開催される。当日はTRIADの復活とともに18年ぶりに所属アーティストとなった吉井和哉を筆頭に、同レーベルからのメジャーデビューがアナウンスされたLACCO TOWER、さらにグッドモーニングアメリカとCzecho No Republicの4組が出演する。今回、ナタリーではイベントを盛り上げるべく吉井、グッドモーニングアメリカの金廣真悟(Vo, G)、Czecho No Republicの武井優心(Vo, B)、LACCO TOWERの松川ケイスケ(Vo)という4人のボーカリスト座談会を実施。TRIADおよび日本コロムビアの魅力が語られただけではなく、後輩3人が吉井へ質問を投げかけるなどさまざまな話題に花が咲いた。

取材・文 / 三宅正一(ONBU) 撮影 / 後藤倫人

 
mixiチェック

ボーカリスト4人集結

──吉井さんは3人に会うのは今日が初めてですか?

左から吉井和哉、金廣真悟(グッドモーニングアメリカ)、松川ケイスケ(LACCO TOWER)。

吉井和哉 えっとね、チェコノリの……。

──チェコノリ(笑)。

一同 あははは(笑)。

吉井 武井くんとはラジオ局でお会いしたことがありますね。で、金廣くんは最近頭角を現してる人だと認識してます。

金廣真悟(グッドモーニングアメリカ) いやいやいや(笑)。

吉井 いや、グドモが活躍してるってよく聞くよ。LACCO TOWERの松川くんに会うのは今日が初めてなんだけど、僕の昔からの知人と彼も知り合いらしいんだよね。でも、僕は君のことをずっとおじさんだと思っていたので、こんなにカッコいい男だとは思ってませんでした。

松川ケイスケ(LACCO TOWER) いえいえいえ!(笑)

吉井 みんなカッコいいよね。顔も小さくて。

──吉井さんはカッコいい代表じゃないですか。

吉井 いえいえ、何を言ってるんですか、もう(笑)。今日はね、緊急首脳会議だから。イベントのチケットが全然売れてないから、どうすれば売れるのかという会議です。

一同 あははは(笑)。

──でも、せっかくなのでいろんな話ができればなと思うんですけど。吉井さんは3バンドの音源を聴いたことはありますか?

吉井 ゴメンなさい、音源はまだちゃんと聴けてなくて。あ、でも、チェコノリさんにラジオ局で会ったときにいただいたシングル(「For You」)は聴かせてもらいました。Sex Pistolsのカバー(「Anarchy in the U.K.」)がよかった。ああいう僕たちにもわかる曲をやってもらえるとうれしいですね(笑)。グドモとLACCO TOWERの音もあとでちゃんと聴かせてもらいます。でもね、若いバンドの音を聴くと傷付くんだよね。カッコいいなと思って。

日本人はみんなイエモンを聴いてる(金廣)

──金廣くんと武井くんは以前から交流があるんですか?

金廣 どれくらいだろうね? 2年くらいかな。僕らのツアーにゲストで出演してもらったり、イベントで一緒になったり。

──飲みに行ったりはしてないんですか?

金廣 全然行きません。

武井優心(Czecho No Republic)

武井優心(Czecho No Republic) 行かないね(笑)。

吉井 出た! 最近の飲みに行かないバンド!

金廣 俺は音楽関係の人とはあまり飲みに行かないんですよ。(寺岡)呼人さんくらいですね。

吉井 なんでミュージシャンと飲みに行かないの?

金廣 なんか飲みの場で音楽の話になると疲れちゃうんですよね。だから違うジャンルの人と飲んだほうが面白くて。

吉井 しっかりしてるね!

金廣 いえいえいえ(笑)。

──吉井さんはミュージシャンとよく飲みに行くんですか?

吉井 最近ですよ。やっぱり昔はね、それなりにみんなバチバチしてたから。打ち上げでは飲むけど、あんまり心を開いて音楽の話をしたりはしなかったよね。

──武井くんと松川くんは初対面ですか?

松川 初対面です。

武井 よろしくお願いします(笑)。

吉井和哉

吉井 みんな若く見えるけど30代なんだよね。

──吉井さんはご自身の30代のときを思い出してどういう時期だったと思いますか?

吉井 30歳が1つの頂点だったかな。THE YELLOW MONKEYが一番売れていたのもその頃だと思うし。肉体的にも精神的にも怖いものなし、みたいな。

──ギラギラしてた。

吉井 ギラギラしてることしかセールスポイントがなかったから(笑)。

──そんなことないでしょ(笑)。3人はTHE YELLOW MONKEYや吉井さんのソロ作品は通ってきましたか?

金廣 イエモンはずっと聴いてました。日本人はみんな聴いてると思いますよ。

吉井 そんなことないだろ(笑)。チェコノリくんは聴いてないと思うよ。

武井 いや、めちゃくちゃ聴いてましたよ! 「CALL ME」も買いましたし。

吉井 あら! すごい。ホント?

武井 カラオケでも歌います。

吉井 うれしいですね。ラッコくんは通ってないでしょ?

松川ケイスケ(LACCO TOWER)

松川 いやいや、僕なんて初めて付き合った彼女の前で歌ったのが「追憶のマーメイド」ですよ。

吉井 あら! ありがたいですね。

武井 僕は「LOVE LOVE SHOW」をキャバクラで歌ったことがあります。

吉井 やめなさい(笑)。

TRIAD ROCKS -Columbia vs Triad-
日時
2015年5月19日(火)東京都 豊洲PIT
出演者
吉井和哉 / グッドモーニングアメリカ / Czecho No Republic / LACCO TOWER
吉井和哉(ヨシイカズヤ)

吉井和哉

1966年生まれ。THE YELLOW MONKEYのボーカリストとして1992年にメジャーデビュー。以後、2004年の解散まで数々のヒットを生み出す。2003年10月にはYOSHII LOVINSON名義でシングル「TALI」をリリースし、事実上のソロデビューを果たす。2006年には現在の吉井和哉名義にし、ソロとして3枚目のアルバム「39108」を発表。以降も精力的にリリースやライブを重ねている。グラマラスなサウンドと歌声は多くのリスナーを魅了しており、他アーティストからの評価も高い。2013年1月にソロ名義では初のベストアルバム「18」をリリースした。2014年11月、自身に影響を与えた日本の昭和歌謡曲やポップスの数々をカバーしたアルバム「ヨシー・ファンクJr.~此レガ原点!!~」を発表。その後THE YELLOW MONKEY時代に在籍していた日本コロムビア内レーベル・TRIADへ移籍し、2015年1月にシングル「クリア」、3月に7thアルバム「STARLIGHT」をリリースした。5月にはカップリングベスト「SUPERNOVACATION」を発売する。また同月より全21公演におよぶツアーをスタートさせた。

グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカ

金廣真悟(Vo, G)、渡邊幸一(G, Cho)、たなしん(B, Cho)、ペギ(Dr, Cho)からなる4人組バンド。2001年に前身バンドfor better, for worseを結成し、2007年より現在のバンド名に変更。for better, for worse時代は英語詞だったが、バンド名変更を機に日本語詞へと切り替え、サウンドもよりポップさを増す方向へ転換した。2008年より現在の編成で活動を開始し、自主企画の開催やリリースを積極的に行う。2012年冬には初のワンマンツアーを成功に収め、2013年5月に1stフルアルバム「未来へのスパイラル」で日本コロムビアよりメジャーデビュー。2014年5月にはテレビアニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマに採用された「拝啓、ツラツストラ」をシングルとしてリリースした。同年10月に2ndフルアルバム「inトーキョーシティ」を発表し、12月から翌年3月にかけてレコ発ツアーを実施。6月にはニューシングル「コピペ」およびライブDVD「『inトーキョーシティツアー2014-2015』ファイナル@Zepp Tokyo 2015.03.22」をリリース。11月27日には初の日本武道館ワンマンが控えている。

Czecho No Republic(チェコノーリパブリック)

Czecho No Republic

武井優心(Vo, B)と山崎正太郎(Dr, Cho)を中心に2010年3月結成。メンバーチェンジを経て、現在は武井、山崎、八木類(G, Syn, Cho)、タカハシマイ(Cho, Syn, Per)、砂川一黄(G, Cho)の5人で活動している。2010年11月に初のCD作品「erectionary」をタワーレコード限定でリリース。同作が高い評価を受ける中、2011年10月に初のフルアルバム「Maminka」を発表した。2013年10月に2ndフルアルバム「NEVERLAND」で日本コロムビアよりメジャーデビューし、2014年7月にはセルフプロデュースのアルバム「MANTLE」をリリース。10~12月にはフジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマとして「Oh Yeah!!!!!!!」が全国でオンエアされた。2015年2月、グリコ「ポッキーチョコレート」のスペースシャワーTVバージョンCMソングに提供した「For You」をシングルとしてリリース。7月には東京・日比谷野外大音楽堂でワンマンライブ「帰ってきたドリームシャワー 夏だ! 野音だ! Czecho No Republicだ! 初の日比谷野音ワンマン」を開催する。

LACCO TOWER(ラッコタワー)

LACCO TOWER

2002年の結成以来、都内、群馬を拠点に活動するロックバンド。自ら“狂想演奏家”を名乗り、結成当初より楽曲タイトルはすべて「日本語ひとつの言葉」にこだわり続けている。ロック、パンク、ポップス、歌謡曲など特定のジャンルにカテゴライズされない、ソウルフルかつエモーショナルなサウンドが魅力。その叙情的な世界観とは裏腹に、攻撃的なライブパフォーマンスも人気を集めている。現在のメンバーは松川ケイスケ(Vo)、塩崎啓示(B)、重田雅俊(Dr)、真一ジェット(Key)、細川大介(G)の5名。2013年にメンバーで「株式会社アイロックス」を設立し、自身主催フェス「I ROCKS」を2014、2015年に地元・群馬音楽センターにて開催した。インディーズにてアルバム4枚を発表し、2015年6月にフルアルバム「非幸福論」でTRIADよりメジャーデビュー。