音楽ナタリー PowerPush - tacica×ハイキュー!!

ヒナガラスがtacica猪狩&小西を直撃! 異色のインタビューを敢行!

tacicaのニューシングル「LEO」が9月10日にリリースされる。

「LEO」の表題曲は現在放送中の人気テレビアニメ「ハイキュー!!」の第2クールエンディングテーマに採用されている。そこで今回ナタリーでは「ハイキュー!!」のマスコットキャラクター・ヒナガラスがtacicaの2人をインタビューするという前代未聞の企画を敢行! 今、最も勢いに乗るロックバンドと、黒くて丸い謎の生き物のマジカルな対話をお楽しみいただこうと思ったのだが、インタビュー序盤から何やら怪しい雲行きに……。

取材 / ヒナガラス 文 / 成松哲 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

tacicaはいかにして結成されたのか

ナタリー担当 今回はテレビアニメ「ハイキュー!!」の第2クールエンディングテーマにtacicaの新曲「LEO」が採用されたことを記念して、「ハイキュー!!」のマスコットキャラクター・ヒナガラスにお2人をインタビューしてもらおうと思っていまして。

左から小西悠太(B)、猪狩翔一(Vo, G)、ヒナガラス。

猪狩翔一(Vo, G)小西悠太(B) はい(笑)。

猪狩 というかけっこうデカいっすね、ヒナガラス。

ナタリー担当 確かに(笑)。で、ただですね、さっきからヒナガラスがご機嫌ナナメなんですよ。ヒナガラスって「ハイキュー!!」の主人公・日向翔陽の化身っていうキャラなんですけど……。

ヒナガラス なんで「LEO」と一緒に流れてる、今の「ハイキュー!!」のエンディングには影山しか出てこないピヨか!

ナタリー担当 7月からの「ハイキュー!!」のエンディング映像で、もう1人の主人公であり日向のチームメイトでありつつも、日向とはどうにもソリの合わない天才セッター・影山飛雄が大フィーチャーされていることにどうにもご立腹のようで。

猪狩 はははは(笑)。

ナタリー担当 確実に失礼な発言をしそうな気がしてならないんですけど、寛大な心で受け止めてやってもらえるとすごく助かります(笑)。じゃあヒナガラス、あとはよろしく。

ヒナガラス よろしくお願いしますピヨ。インタビューを始めるピヨ。まず2人はどうやってバンドを組んだピヨ?

奥から小西悠太(B)、猪狩翔一(Vo, G)。

猪狩 「オレが小西に誘われて」って感じなんだけど、ホントにそれだけというか……(笑)。オレたちは北海道の士別市っていうちっちゃい街で育った高校の同級生だったんですよ。

ヒナガラス バンドを組んだのは高校のときピヨか?

猪狩 いや。高校を卒業してオレは札幌の建築の専門学校に進んで、小西は東京の音楽の専門学校に進んでて。で、小西はそれからずっとバンドをやったり東京で音楽活動をしてたんだけど、高校卒業して3~4年くらい?

小西 22歳くらいかな。その頃北海道、札幌に戻ってきて、猪狩に声をかけたんですよね。

猪狩 オレは別に全然音楽なんてやってなかったんだけど、建築の学校を出たはいいけど建築もやりたくなくて(笑)。1回就職もしてみたけど、そこもあんまり具合がよくなく……(笑)。それでバイトしたりプラプラしてたところを小西に誘われたからtacicaを組んでって感じですね。

ベースヒーローが輝いていた時代

ヒナガラス 猪狩さんはそれまで音楽は何もやってなかったピヨ?

猪狩 いわゆる学校祭バンドみたいなのをやったことはあったけど。学校祭の何週間か前に組んで、友だちの家の車庫とかで練習して、学校祭に出て解散、っていう感じのバンドはやってたけど、ガッツリはやってないですね。しかもそのときは姉ちゃんの影響でベースをやってたし。でもそんなもんじゃないですか、学校祭バンドって。金もないから実家にある楽器をみんなで持ち寄ってって感じで。だから「このバンド、ギター何人いるんだよ」って感じになっちゃったりして(笑)。

ヒナガラス

ヒナガラス バンドの人っていうのはみんな、誰かプロのバンドに憧れて楽器を始めたりするんじゃないんですピヨか?

猪狩 あっでも確かに、オレらが中学生くらいのときって、いわゆるベースヒーローみたいなのがすごく多かったのかなとは思う。今ももちろんベーシストはカッコいいし、ギタリストもカッコいいんだけど、邦楽ならGLAYとかラルク(L'Arc-en-Ciel)とかLUNA SEAとか、目を惹くベーシストのいるバンドが多かった気はする。あとオレ、その頃からGreen Dayのマイク・ダーントが好きだったし。どのくらい好きかっていうと、最近、マイク・ダーントのシグネチャーモデルのベースがフェンダーから出て。18万くらいするんだけど、それを買うか悩んでるくらい(笑)。

ヒナガラス プロのギタリストなのにピヨか?

猪狩 中学生の頃、地上波のテレビでちょっとだけ流れた「Hitchin' a Ride」……「Nimrod」ってアルバムの2曲目の曲なんだけど、そのPVを観たときに「あっ、これすごい」と思って。いまだにその音が弾きたいんだと思う。だからシグネチャーがあればその音が出るんじゃないかな?って(笑)。

ヒナガラス 小西さんは、なんでほとんどバンドをやったことがない猪狩さんに声をかけたピヨ?

小西 その学祭の前後っていう短い期間のうちに聴いた猪狩の歌がすごく印象に残ってたんですよね。そういうことがあったから「東京でやってたバンドもなくなっちゃったしどうしようかな?」って思ってたとき「あっ、そういえば何やってんのかな?」って電話してみたんです。その頃自分がやりたかった音楽、今のtacicaにつながっていく音楽には猪狩以外の人の声は合わなかった気がしたから。

ニューシングル「LEO」/ 2014年9月10日発売 / SME Records
初回限定盤 [CD] 1400円 / SECL-1577
通常盤 [CD] 1400円 / SECL-1578
初回生産限定盤 CD収録曲
  1. LEO
  2. 鈍色の邂逅
  3. LEO(TV edit)

「ハイキュー!!」描き下ろしイラスト スリーヴ仕様

通常盤 CD収録曲
  1. LEO
  2. 鈍色の邂逅
  3. anaphylaxis

通常盤初回仕様限定封入おまけ 特製「LEO」コード譜

アニメ「ハイキュー!!」 毎週日曜日17:00よりMBS / TBS系全国28局ネットで放送中! / © 古舘春一 / 集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS
「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の古舘春一のマンガを原作にもつテレビアニメ。主人公・日向翔陽、影山飛雄ら、宮城・仙台の烏野高校バレーボール部の奮闘と友情を描く。2014年4月からの第1クールではオープニングテーマにSPYAIR「イマジネーション」、エンディングテーマにNICO Touches the Walls「天地ガエシ」を、7月からの第2クールではオープニングにスキマスイッチ「Ah Yeah!!」、そしてエンディングにtacica「LEO」を採用していることから音楽ファンの注目も集まっている。
tacica(タシカ)
tacica

猪狩翔一(Vo, G)、小西悠太(B)のロックバンド。2005年、元ドラマー坂井俊彦とともに札幌で結成。以来札幌を拠点にライブ活動をスタートしながら、叙情的な世界観と骨太のロックサウンドを武器に知名度を全国区のものに。2007年6月リリースの初音源「Human Orchestra」は各種インディーズチャートで1位を記録し、2008年10月には所属レーベルをSME Recordsに移し、さらに活動を活発化。2009年には2ndフルアルバム「jacaranda」をリリースし、バンド史上最大規模の全国ツアー「パズルの遊び方」も大成功のうちに終了させる。以降精力的にライブ活動、フェスへの参加などをする傍ら2011年には3枚目のフルアルバム「sheeptown ALASCA」、2013年には4thフルアルバム「HOMELAND 11 blues」を発表し、また2014年に至るまで「命の更新」「newsong e.p.」「HALO」などシングルもコンスタントにリリース。そして2014年9月にはアニメ「ハイキュー!!」の第2クールエンディングテーマ「LEO」を発表する。