SWANKY DANK「Smokes」PR

SWANKY DANK|メジャーフィールドでのろしを上げる“1stアルバム”

SWANKY DANKがメジャーデビューアルバム「Smokes」を9月にavex traxからリリースした。

今年結成10周年を迎えた彼ら。10年の節目として、また新天地での活動に気持ちも新たに「1stアルバムを作ろう」というコンセプトを掲げ、今作を作り上げたという。本作についてYUICHI(Vo, G)、KOJI(Vo, B)、KO-TA(G)に話を聞いた。

取材・文 / 小林千絵 インタビュー撮影 / 上山陽介

コンセプトは「1stアルバムを作るつもりで」

──ニューアルバム「Smokes」はメジャーデビュー作になるわけですが、制作にはどのような気持ちで向かったんですか?

YUICHI(Vo, G) 「メジャー移籍一発目だからどう」と言うよりも、SWANKY DANKの10年の節目に出す作品という気持ちのほうが強くて。「1stアルバムを作るつもりで作ろう」というコンセプトで、初期衝動を大事に作りました。

──「初期衝動」をもう少し具体的に説明できますか?

左からYUICHI(Vo, G)、KOJI(Vo, B)、KO-TA(G)。

YUICHI 「やってみたいからやった」みたいな。例えばギターを持ったときにドキドキしたとか、初めて自分で作ったフレーズにワクワクしたとか、そういうのが初期衝動だと思っていて。だから今回は「メタリックなフレーズが弾きたい」「昔は弾けなかった早いフレーズが弾けるようになったから入れてみたい」とかそういう気持ちを大事に作っていきました。あとLinkin Parkが好きで昔よくDVDをよく観ていたんですけど、その中でレコーディング時にいろんな曲をくっ付けて1曲を作るシーンがあったんです。それを覚えていたので、今作に入っている「Colors」は何曲かをくっ付けて作ったりして。そういう「ワクワクするようなことがやりたい」という少年みたいな心で作っていきましたね。

──逆に言うと、最近はワクワク、ドキドキしていなかった?

YUICHI と言うか、前作「it is WHAT it is」を制作したときは「ポップパンクというものを提示したい」っていう気持ちが強くて。結果、リスナーに「これがポップパンクだ」と突き付けられるような作品ができたと思ったんです。でもポップパンクに固執した作品ができあがったときに、なんか自分たちの曲として消化し切れなかったんですよ。ライブをやっても「it is WHAT it is」の曲をあんまりセットリストに入れなかったりして。「自信がある作品なのに、なんでそうなっちゃったんだろう?」って考えたときに、ポップパンクを背負いすぎてたんだなってことに気付いたんです。自分たちで「俺らが最強だ」って思ってるんだったら、むしろ俺らがやれば何をやってもポップパンクになるんだから好きなことをやればいいんじゃないかと。

──それで初期衝動に従った作品を作ったと。KOJIさん、KO-TAさんがメジャーデビュー作の制作に向かった心境を教えてください。

KOJI(Vo, B) コンセプト的なところはYUICHIが言った通りで。俺はいろんな人たちと一緒にディスカッションをして作り上げたので、いいチーム感がすごく出たアルバムかなって思います。たくさんの人たちがいるからこそできたアルバムと言うか……たくさんの人が関わってくれた感じがする。いい意味でのターニングポイントになったなと思います。

──メジャーデビューとして意識するよりも、環境が変わって心機一転という感じ?

KOJI そうですね。

KO-TA(G) メジャーデビューって言い方をすると、大それた感じに聞こえると思うし、俺も実際そう思っていたんですけど、いざ自分がメジャーデビューをしてみると、根本から変わるわけじゃなかった。今までと同じようにメンバーと曲を作ってライブをやって……そこにエイベックスの人が入ってくれていろんな意見をくれたり、こっちの意見を伝えたりしていくという感じで。今までにはなかったものが俺たちに入ってきたという点ですごくよかったなと思います。

YUICHI もちろんメジャーデビューはすごくうれしいですよ。だけど、自分たちがそこに乗っかりすぎちゃって変な方向にいくのはよくないなと思っているし、俺ら自身は何も変わってないんですよね。気負いも出てきちゃうだろうし。だからメジャーデビューということを意識しないようにして、でも無意識のうちにどこか意識してるんだろうと思う。そのくらいがちょうどいいのかなと思っています。

昔の曲からキラキラを感じた

──「1stアルバムを作る気持ちで作った」という今作ですが、そのコンセプトはいつ頃思いついたんですか?

KOJI エイベックスのみんなと会議してる中で思ったんですよね、「1stアルバムを作る感覚で作りたい」と。今回、プロデューサーに友達(鈴木Daichi秀行)を迎えたこともあって、新しいチーム、まっさらな気持ちだし、「1stアルバムを作る感覚」っていうコンセプトを掲げたらいいんじゃないかなって。

YUICHI(Vo, G)

YUICHI そのコンセプトはKOJIから提案されたんですけど、俺も同じことを思っていたんです。47都道府県ツアー(2016年9月から今年3月まで実施していたライブツアー「SWANKY DANK "it is WHAT it is" TOUR -ONEMAN SHOW-」)から帰ってきて、いざ曲を作ろうと思ったら、「どういう曲でどういうふうに勝負してったらいいんだろう」ってわからなくなってしまっていて。そんなときに、1stアルバムの歌詞を読んだり、世に出てないけど昔作った曲を聴いたりしたんです。そしたらそこにすごくキラキラしたものがあって「これだ」と。変にテクニックが付いたり、「ここはこういうふうにしたほうがいいかな」っていろいろ頭で考えるようになる前に作っていた曲に、歌いたかったことや伝えたかったこと、やりたいことが詰まっていたんですよね。「俺は誰かに伝えたい思いがあるから曲を書いてたんだよな」って。そんなことを考えながら聴いていたら、まだ音源化されていない曲から「出してくれ」って言われてるような気がして……10年前に作った2曲を今作に入れたんです。

──どの曲でしょうか?

YUICHI 「Making My Way」と「アイノコエ」です。で、「ああそうか、俺ら、こういう気持ちでやってたな。いろんな経験を積んだ今の俺たちがそのキラキラした心で作品を作ったらどうなるんだろう?」って思って、そこから新曲を作り始めたんです。だからほとんど気負いがなく、レコーディングも今までで一番楽しかったですね。スタジオで「これやってみたけどどうかな? ああ、いいね成功じゃん」とか「失敗だったな、こっちにしてみよう」とか。その楽しい気持ちがそのまま入ってるんじゃないかな。

KO-TA 今までいろんな作品を出してきましたけど、改めて一からと言うか、まっさらな状態から作るっていうのは、新鮮で面白いなと思いましたね。じゃあ好きなことをもっとやろうと思って、「これ好きだけどSWANKY DANKには合わないからやめようかな」みたいなものも取っ払って「これカッコいいし、弾きたいから弾こう」っていう、俺の中の“キラキラポイント”は散りばめられたかなと。

YUICHI 「Making My Way」のイントロとかサビとか、もろ初期衝動だよね。

KO-TA うん。すごい好きだったジャンルのバンドにもろ影響を受けて、フィルターを通さずそのまま(笑)。

──好きだったバンドというのは?

KO-TA(G)

KO-TA Blink-182とかMxPx、New Found Gloryとか。そのへん、大好きなんですよ。

YUICHI 「Making My Way」は本当にモロだよね(笑)。

KO-TA なんなら「まんまじゃね?」くらいの(笑)。

──今まではその辺りの影響は出さないようにしていた?

KO-TA ニュアンスは出しつつ、「もうちょっとひねったほうがいいのかな」って思ってて。でも最近になって、自分が十代の頃に聴いてたバンドの曲をよく聴くようになったんですよ。そしたらシンプルでカッコよくて「あんまり考えすぎなくてもいいのか」って。もちろん考えなきゃいけないところもあるんですけど、思いついたシンプルなものをパシってやるカッコよさもあるなって。「Making My Way」のギターに関してはそのシンプルなカッコよさを出したいなと思ってフレーズを考えました。

YUICHI キラキラだよね(笑)。

KO-TA 十代の俺がそこにいるみたい。

次のページ »
サビ以上のサビを

SWANKY DANK「Smokes」
2017年9月27日発売 / cutting edge
SWANKY DANK「Smokes」

[CD+DVD]
3000円 / CTCR-14928/B

Amazon.co.jp

SWANKY DANK「Smokes」

[CD]
2500円 / CTCR-14929

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. I Never Gonna Let You go
  2. Colors
  3. Start Again
  4. 捧ぐ歌
  5. Obedeience
  6. Closer
  7. The Hot Love Season
  8. Making My Way
  9. アイノコエ
  10. Neverland
  11. Make a Noise
DVD収録内容

2017.1.28「it is WHAT it isツアー」ファイナル@渋谷TSUTAYA O-EAST

  • WIMP
  • misery
  • TIME
  • the answer
  • MADE A MESS

ライブ情報

SWANKY DANK "Smokes TOUR"
  • 2017年10月7日(土)千葉県 千葉LOOK
    出演者SWANKY DANK(ワンマン)
  • 2017年10月9日(月・祝)東京都 TSUTAYA O-WEST
    出演者SWANKY DANK / AIR SWELL / FABLED NUMBER
  • 2017年10月11日(水)新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
    出演者SWANKY DANK / MOROHA / FABLED NUMBER
  • 2017年10月14日(土)大阪府 OSAKA MUSE
    出演者SWANKY DANK / NOISEMAKER
  • 2017年10月15日(日)愛知県 APOLLO BASE
    出演者SWANKY DANK / NOISEMAKER
  • 2017年10月22日(日)北海道 BESSIE HALL
    出演者SWANKY DANK / COUNTRY YARD / snatch
  • 2017年10月27日(金)石川県 vanvanV4
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年10月28日(土)京都府 KYOTO MUSE
    出演者SWANKY DANK / cinema staff
  • 2017年10月29日(日)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
    出演者SWANKY DANK / cinema staff
  • 2017年11月3日(金・祝)岡山県 CRAZY MAMA 2nd Room
    出演者SWANKY DANK / SABOTEN
  • 2017年11月4日(土)香川県 DIME
    出演者SWANKY DANK / SABOTEN
  • 2017年11月16日(木)長野県 ALECX
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年11月17日(金)静岡県 Shizuoka UMBER
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年11月18日(土)茨城県 mito LIGHT HOUSE
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年11月24日(金)岩手県 the five morioka
    出演者SWANKY DANK / SECRET 7 LINE
  • 2017年11月25日(土)青森県 八戸ROXX
    出演者SWANKY DANK / SECRET 7 LINE
  • 2017年11月27日(月)宮城県 enn 2nd
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年12月7日(木)福岡県 Queblick
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年12月8日(金)山口県 LIVE rise SHUNAN
    出演者SWANKY DANK / and more
  • 2017年12月9日(土)岐阜県 yanagase ants
    出演者SWANKY DANK / and more
SWANKY DANK "Smokes TOUR FINAL"
  • 2018年1月19日(金)東京都 TSUTAYA O-EAST
SWANKY DANK(スワンキーダンク)
2007年にYUICHI(Vo, G)とKOJI(Vo, B)の兄弟を中心に結成したロックバンド。2009年3月に1stフルアルバム「SWANKY DANK」をリリースし、同年7月に発売したシングル「FOR YOU」が映画「MW」の挿入歌となる。その後2012年8月にSHUNが正式ドラマーとして加入しさらに精力的な活動を行う。2013年11月に、AIR SWELL、BLUE ENCONT、MY FIRST STORYと共にスプリットアルバム「BONEDS」をリリース。4バンドで回った全国ツアーを大成功に収める。2014年2月にKO-TA(G)が正式加入し、同年6月にミニアルバム「Circles」を発表した。2016年5月にはアコースティックプロジェクト・SWANKY OCEAN ACOUSTIX名義でミニアルバム「THE OCEAN」を発表。その後もリリースを重ね、2017年9月にフルアルバム「Smokes」をavex traxからリリースし、メジャーデビューを果たした。