ナタリー PowerPush - ふくろうず”

シニカルはもう卒業 新境地「マジックモーメント」

ふくろうずのニューアルバム「マジックモーメント」は、“ふくろうずらしさ”と新たな試みが絶妙なバランスで絡み合う傑作だ。よりストレートに心に届く歌と、一筋縄ではいかないアレンジメントによって結実した彼ら独自のポップミュージック。この意欲作の成り立ちについてメンバー3人に話を聞いた。

取材・文 / 大山卓也

 
mixiチェック

全曲打ち込みの新機軸

左から安西卓丸(B, Vo)、内田万里(Vo, Key)、石井竜太(G)。

──今回どんなアバンギャルドなアルバムになるのかと思っていたので、ちゃんとポップな作品ができあがってほっとしてます。

内田万里(Vo, Key) えっ? なんでですか?

──いや、前回のインタビュー(参照:ふくろうず「テレフォンNo.1」インタビュー)のあとに皆さんが「早く次のアルバムを作りたい」と言っていて、そのとき「どんなアルバム?」って聞いたら「宇宙!」とか「銀河!」とかそういうキーワードが……。

内田 ああ、あのときは1曲目の「GINGA GO」だけできてて。そのときは宇宙的なアルバムにしようと思ってたんですね。

安西卓丸(B, Vo) 「GINGA GO」ができたのがうれしかったんだと思う。

──「GINGA GO」は打ち込み主体のサウンドが特徴ですが、これはどのように作ったんですか?

石井竜太(G) なんかその、普通の曲じゃなくて、テーマ曲みたいなのを作ろうっていうのがなんとなくあって。

内田 そうだったっけ?(笑)

石井 ほかのは曲っぽいから。なんかそういうのじゃなくて……。

内田 3人でセッションっぽく作っていったんですよね。

──ふくろうずがセッションで曲を作るのは珍しいですよね。

内田 はい。今回は新しいことをやりたかったんだと思う。今までと違うことをやろうっていう意識はありました。

安西 あとドラマーが今メンバーにいないから、ギター、ベース、ドラム、キーボードでやらなきゃっていう縛りもなくて。今までにない音をいっぱい入れてみたり。

──この3人で試行錯誤しつつ?

内田 そうです。このアルバムは“3人で作ったアルバム”って感じがすごくする。「テレフォン No.1」のときも3人だったけど一応ドラムはサポートの人に叩いてもらってたし。

──今回は全曲打ち込みですもんね。

石井 生ドラムじゃないっていうことにちゃんと意味を出したくて。その結果いろんな音が入ったんだと思います。

カラフルな音が飛び込んでくる

──これまでの作品は4人編成のバンドの音が基本にありましたが、今回そこから自由になって「じゃあどうする?」っていうところで「GINGA GO」をはじめとする多彩な曲ができてきたということですね。

内田万里(Vo, Key)

内田 そうですね。

──でも冒頭でも言いましたが「GINGA GO」に手応えを感じながらもその路線には走らず、ちゃんと歌もの主体のアルバムに仕上げているのが素晴らしいと思います。

内田 まあ「GINGA GO」は趣味というか、自分のために作ったみたいなとこもあるので。そればっかりだとあんまり面白いアルバムじゃないなっていうのは思うし(笑)。

安西 そういう曲ばっかりのアルバムは聴かないもんね。

内田 でもこういう曲が1、2曲あるアルバムは好きなんですよね。ふくろうずっていうバンドの違う一面を見せるきっかけになればいいなくらいの位置付けで。

──アルバム全体通して、サウンドのバリエーションは広がりましたよね。

安西 現状ベストは尽くしました。

内田 初期のふくろうずはスタジオでなんとなく合わせて作ってたとこもあったんで。

石井 うん、最初の頃は偶然うまくいってなんかいい感じだねみたいな音がそのまま入ってたりしたんですけど、今回はそういうのがなくなった。でも俺やっぱこういうギターしか弾けないんで(笑)、きっちり作り込んだトラックに乗っけるとなんか……悪く言えばギターだけがすごい浮いてるみたいに聞こえるんです。

内田 聞こえるよね。

石井 でもそういうのが……今までにない感じで面白いな、いいなって思える。「イージーカム・イージーゴー」とか「ドキドキ」とか特にそうなんですけど。カラフルっていうか、音が飛び込んでくる感じがあって、それがこのアルバムの特徴なんだって自分では思ってます。

ニューアルバム「マジックモーメント」/ 2014年6月18日発売 / EPICレコードジャパン
「マジックモーメント」
初回限定盤 [CD+DVD]4400円 / ESCL-4218~19
通常盤 [CD]3140円 / ESCL-4220
CD収録曲
  1. GINGA GO
  2. デスティニー
  3. 夜の淵
  4. ユアソング
  5. テレビジョン
  6. ドキドキ
  7. マーベラス!
  8. イージーカム・イージーゴー
  9. 春の嵐
  10. 37.3
  11. ベッドタウン
  12. 赤い糸
  13. ハイブリッド レインボウ(ボーナス・トラック)
初回限定盤DVD収録内容
  • できない Music Video
  • マシュマロ Music Video
  • ごめんね Music Video
  • 砂漠の流刑地 Music Video
  • カシオペア(DEMOバージョン)Music Video
  • テレフォンNo.1 Music Video
  • 37.3 Music Video
  • マーベラス! Music Video
  • テレフォンNo.1 Music Video メイキング(前編)
  • テレフォンNo.1 Music Video メイキング(後編)
  • 砂漠の流刑地 2014.3.14 北とぴあライブ
ふくろうず

2007年に東京で結成。内田万里(Vo, Key)、石井竜太(G)、安西卓丸(B, Vo)からなる3人組バンド。2009年12月に初音源となるミニアルバム「ループする」をライブ会場などで限定発売。益子樹をエンジニアに迎えたこの作品は、独特の世界観と完成度の高いサウンドで大きな話題を呼び、2010年4月に2曲を加えた全国流通盤として再リリースされた。この音源をきっかけに人気は全国区に拡大。2010年10月に2ndアルバム「ごめんね」をリリースしたのち、2011年6月に3rdアルバム「砂漠の流刑地」でメジャーデビュー。2014年6月にアルバム「マジックモーメント」をリリース。