ナタリー PowerPush - FOUR GET ME A NOTS

ポジティブでいられている理由

FOUR GET ME A NOTSが通算3枚目のフルアルバム「BLINKS」を完成させた。ナタリーでは前作「SILVER LINING」発売時に続き、約1年半ぶりにインタビューを実施。バンド結成9年目にしてますます勢いを増す彼らが、このポジティブな空気に満ちたアルバムをいかにして作り上げたのか。バンドの現状や制作時の様子を探りつつ、その秘密に迫った。

取材・文 / 高橋美穂 インタビュー撮影 / 臼杵成晃

 
mixiチェック

曲作り合宿の成果

──最新アルバム「BLINKS」を聴かせていただいて、ほんとFOUR GET ME A NOTSっていうバンドは、1人の人間みたいに成長を遂げているなって思いました。

FOUR GET ME A NOTS

石坪泰知(Vo, B) そうですね。いきなりドカーンって成長もできないし、環境を変えることもできないし、自分たちの足元を見ながら、納得しながらしかやれないから。だからこそ、今回はいい意味で、より視野も広くなったし、懐も深くなったというか。さらに意識的にもポジティブになれたと思うし……すみません、いきなりシリアスモードで(笑)。

──いえいえ(笑)。制作中のモードは、どうだったんですか?

石坪 今回は初めて曲作り合宿に入ったんです。2泊3日だけだけど、それが功を奏して、1曲1曲により向き合えたと思います。前はお互い家に曲を持って帰って、またスタジオに来てあーだこーだってやっていましたけど、今回はメンバーが常に一緒にいたからスムーズでしたね。今が一番バンドを楽しいと感じられています。

──合宿に入ろうと思ったのは、なぜだったんですか?

石坪泰知(Vo, B)

石坪 環境を変えて曲作りしてみるのはどうなのか?とか、本当に曲作りしかしちゃダメっていう環境に自分たちを置いたらどうなるんだろう?と思ったので。ネタは常に録りためているので、それをまとめる作業ではありましたけどね。

高橋智恵(Vo, G) ネタがあったからすぐにスタジオ作業にも入れて、時間的には効率よくできたと思います。

阿部貴之(Dr, Vo) ただ、合宿で全曲できたわけではないですよ。その後も、ツアー中に出雲の小さいスタジオに入ったりして。

石坪 中古楽器とかマンガがめっちゃ売ってあるところに隣接した、元カラオケボックスみたいなところでした(笑)。

──常に一緒にいて、メンバーの関係性が密な状態で作れたんですね。

石坪 そうですね。だから3人それぞれが、持っているものをより自然体で出せるようになったんじゃないかな。

伝えるべき人がはっきりしてきた

──アルバム全体のテーマはあったんでしょうか?

石坪 最初の軸としてみんなが思っていたのは、聴いてくれた人と共有しやすい……例えばライブでも一緒に歌いやすいとか。そういう曲が作れたらいいなっていうのがあったくらいで、それ以外は自由に作っていましたね。

──確かに、伝えたい人がいるんだろうな、誰かを見ているんだろうなって思える歌詞が目立っている気がします。

石坪 ああ、言われてみれば、伝えたい、伝えるべき人がはっきりしてきたのかも。今までって、今ほど自信がなかったし、出すものに関してもモヤモヤしたところに投げていたのかな。それがバンドや自分の状態がよくなったことでモヤモヤがとれて、より自分が伝えたいことも対象もはっきりしたと思います。それに、今自分ができること、やりたいことも、はっきり見えるようになってきたのかな。

写真左から石坪泰知(Vo, B)、高橋智恵(Vo, G)

高橋 これまでの石坪の歌詞は、とりあえず言いたいことをぶつけているみたいな感じだったけど、今はもっと言葉をストレートに投げかけられるようになったのかなって。歌詞が「これどう思う?」って手を差し伸べているように感じます。

──智恵さん自身の歌詞に対しては、どう思います?

高橋 素直に思ったことを言葉にして並べることができるようになったと思います。去年はすごくバンドに打ち込んだ1年で、自分がなんでステージに立っているのかとか、そういうことを考えるタイミングが多くて。その流れでアルバム制作にも真剣に向き合えたし、そういう気持ちが自然と歌詞や音に出ているかもしれないです。

──「Lifework」とか、決意を感じるような強い言葉も多いですよね。

石坪 僕らが考えていることが赤裸々に出ていると思います。歌詞はレコーディング直前に、そのとき思っていることを書いているので、どの歌詞も僕らが今考えていることがわかると思いますね。

もっと届けたいという比重が高まっている

──そういう心境の変化で、バンドをやる意味もよりはっきりしてきたんじゃないでしょうか。自分たちが楽しむだけじゃないプラスαも、どんどん見えてきて。

写真左から高橋智恵(Vo, G)、阿部貴之(Dr, Vo)

阿部 まあ、自分たちが楽しいのは大前提だと思うんですよ。それは変わっていないし。ただ、自分らだけじゃなく全体で楽しくなりたいっていう気持ちが強くなってきたのかな。自信が出てきたのもあるし、経験を積んできたのもあると思いますけど、もっとお客さんに届けたいという比重が高まっているというか。自分たちだけでもなく、お客さんだけでもなく、全員で最高!ってなりたいんですよね。

石坪 ライブでも、後ろのほうの、僕らの曲を知らない人にも伝えたいなっていう気持ちが、今はすごくあるし。来てくれた人みんなに伝えたいんですよ。それは歌詞や曲にも出ていると思いますね。

──やっぱり、聴いてくれる人もどんどん増えてたから……。

石坪 いや、まだ増えてきた実感はないですよ(笑)。

──本当に? 先日、メロコアとかを中心に聴いているわけでもない大人の方に、「FOUR GET ME A NOTSっていいよね!」って言われましたよ。

石坪 あ、そうなんだ!(笑) 気を引き締めなきゃ。

──バンド自身としては、メロコアの枠を越えて、幅広く届けたい気持ちは高まっています?

石坪 それこそ、僕らが最初に始めたのはメロコアだったと思うんです。それが俺らはやりたかったし、そういう雰囲気は今でもライブで作りたいですけど、プラス、そうじゃない曲もやりたいなって。同じことばっかやっててもつまらないと思うし、さっきべック(阿部)も言ってたけど、自分たちが楽しむのが大前提だから。曲作りにおいてもライブにおいても、変わっていくことって必要で。そこに対して、「FOUR GET ME A NOTS、変わっちゃったね」って去っていくお客さんもいると思う。でも、新しく付いてくれるお客さんもいると思うし、自分たちが伝えたいことに変わりはないし、そこに向かってまっすぐ進んでいこうっていう気持ちになれていますね。

ニューアルバム「BLINKS」/ 2013年3月6日発売 / 2300円 / KING RECORDS / KCIS-1891
ニューアルバム「BLINKS」
収録曲
  1. Walk together
  2. Arrow
  3. By your hands
  4. Milestone
  5. Independence
  6. Left behind
  7. Cosmos
  8. Rivals
  9. Stop keeping things as you are
  10. Same sky, same ground
  11. Lifework
  12. Sunflower
FOUR GET ME A NOTS (ふぉーげっとみーあのっつ)

2004年に結成。2005年9月よりバンド名をFOUR GET ME A NOTSに改め、地元千葉LOOKにてライブイベント「Chase after RAINBOWS」をスタートさせた。2008年3月26日に773Four RECORDSより1stミニアルバム「FORESIGHT」をリリースし、同年12月には1stフルアルバム「DOWN TO EARTH」、2010年5月には2ndミニアルバム「TRIAD」を発表。メロディックシーンを中心に人気を集め、2011年7月には初のシングル「HEROINE」でKING RECORDSよりメジャーデビューを果たした。2013年3月6日に3rdフルアルバム「BLINKS」をリリース。