コミックナタリー PowerPush - 横槍メンゴ「クズの本懐」

横槍メンゴ×GARNiDELiA 3人の友達が繰り広げる「クズの本懐」放談

月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)で連載中の横槍メンゴ「クズの本懐」。ある秘密を共有する高校生同士の痛々しい恋愛模様をエロティックに描き出す純愛ストーリーだ。

今回コミックナタリーでは「クズの本懐」4巻の刊行を記念して、横槍と、彼女と旧知の仲の音楽ユニット・GARNiDELiAのメイリア、tokuの鼎談をセッティング。友人同士として、クリエイター同士としてお互いを認めあう3人にその意外な出会いや「クズの本懐」の魅力、GARNiDELiAの魅力を大いに語ってもらった。

取材・文/成松哲

 
mixiチェック

飲み屋でばかり会う旧知の2組

横槍メンゴによるイラスト。

横槍メンゴ 久しぶりー!

メイリア ホントに久しぶりだよね。でもこうやって仕事の場でヨリちゃん(横槍)に会うのってなんか不思議(笑)。

──あっ、そうか。皆さん面識があるんですよね。

toku ほとんど飲み会でしか会ったことはないんですけど(笑)、仲良くさせていただいてます。

メイリア 最初に会ったのも居酒屋だったもんね。ボーマス(ボーカロイドの同人イベント「THE VOC@LOiD M@STER30」)の打ち上げで初めて一緒になって……。

横槍 あれ、いつ頃だったっけ? メイリアちゃん、金髪で三つ編みだった気がするんだけど……。

メイリア じゃあ2年前くらいかな。

──初対面の場所がボカロPの飲み会の席っていうのはちょっと意外ですよね。だってこの中にボカロPって……。

toku 僕しかいませんね(笑)。

横槍 私はボカロのいわゆる「絵師」としての活動を「ヨリ」という名義でしていて。メイリアちゃんがニコニコでいうところの「歌い手」さんとして活動していたんです。そのことがきっかけで出会いました。

メイリア そうだね。GARNiDELiAを始める前からtokuさんの作ったボカロ曲を歌ったりしてたから(参照:【歌ってもらった】SPiCa -HPT ReACT-【リアレンジ】 ‐ ニコニコ動画:GINZA)。

toku で、当時ニコ動系のライブイベントなんかがあると、そのあと必ずニコニコ動画関連の面々が集まる飲み会が開かれていて、そこで知り合ったって感じなんです。

横槍 ただ実は私、4年くらい前からメイリアちゃんとtokuさんのことを一方的に知ってたんですよ。当時buzzGさんというボカロPの依頼を受けて動画の絵を描いていて、一時期そのbuzzGさんがGARNiDELiAのお2人とバンドを組んでライブに出てたことがあって。

toku ああ「ドキ生」(2010年のイベント「ドキッ☆ボカロ曲だらけの生ライブ -Pもあるよ-」)だ。

GARNiDELiAのライブ「stellacage」の様子。

メイリア あのときまだ私は高校を卒業したばっかりで、GARNiDELiA結成前だったんです。tokuさんのボカロ曲「ARiA」の歌ってみた動画を一緒に作るくらいの活動しかしてなかったんですけど、そういう縁があってtokuさん、buzzGさん、Nemさん、れるりりさんたちとOLIVIAっていうバンドを組んでイベントに出させてもらったことがあったんです。

横槍 ものすごく歌うまくて、若くて、しかもかわいい子がボーカルをやってくれることになった!というのをbuzzGさんから聞いて(笑)。それで知ったんですけど、ブログや動画を観てみたらホントにかわいくて、歌も超絶うまくて……。それ以来、「いいなー。私もメイリアちゃんと仲良くしたい……」と思い続けていました(笑)。

toku あはははは(笑)。

横槍 そしたらその後に、(前述の)飲み会で初めて会ってから、ホントに仲良くなっちゃったんだよね。

メイリア うん。ボカロPって男性が多いから、飲み会も男性中心だし、女子って貴重で(笑)。

横槍 居酒屋でも男性陣が皆で盛り上がってる横で女の子同士固まって会話していくうちに「今度は界隈の女の子達で集まろう!」って話になって、女子会も開いてたよね。

何かしらのジャンルで活躍している面々が自然と集まる

──GARNiDELiAのお2人を始め、今名前が挙がった面々って錚々たるメンツですよね。

横槍 ホントにそうですね。その界隈で遊ぶときも、やっぱり何かしら活動している人の集まりになるので、ただ遊ぶのもったいないね……という話をした覚えがあります(笑)。音楽関係の人だらけでカラオケ行ったときも、「豪華カラオケ」って呼ばれてたんですよ。今思い返してもライブレベルだったので、すごいカラオケだったなーと思います……(笑)。

メイリア みんな、何かしらのジャンルで活動してて。気兼ねなく色んな話もできるし、目標があるから一緒にいて楽しい。

横槍 例えば「クズの本懐」の3巻で帯コメントをくれたじんくん。私は彼の人間性をめちゃくちゃ尊敬しているんですが……、他誌のインタビューでも名前を出したことがあるほどで。どれだけ尊敬してるんだよって感じなんですけど(笑)、ほんと尊敬してて。彼の周りで活動を支えてる人達も、それはもう素晴らしい人ばかりなんですよ。

メイリア ホント、人に人が集まってる感じだったよね。

──で、その界隈が形成されつつある当時横槍先生はもうプロのマンガ家として……。

メイリア

横槍 そうですね。私がボカロ界隈で交流を持ちはじめた初期にも、もう雑誌連載のお仕事をいただいていてマンガ家として働いていました。

──なぜそのプロのマンガ家がボカロ絵師に?

メイリア 確かに気になる(笑)。

横槍 はじめは単純に初音ミクが好きだったからミクの絵を描きはじめたんですけど、当時は成人マンガ誌を中心に仕事をしていたから、そういうイラストを発表する場がなくて。もともと趣味で描いてたイラストは美少女系よりもダークな油絵系というか、そんな感じの絵だったので、そういうものを発散する場所も欲しくて。当時piaproっていうサイトにイラストを投稿していたら、buzzGさんが私が描いた絵を見つけてくれて「最近スランプだったんだけど、あなたの絵にたどり着いたことでなんか曲が書けそうな気がします」って声をかけてきてくれて……。

メイリア おおっ、運命の出会いだ!

横槍 今考えるとそういう気もするんだけど、当時はbuzzGさんもボカロ曲の投稿を始めたばっかりだったし、私もボカロについて今以上に何も知らなくて。「絵を使ってもいいですか?」って聞かれたからそういうことなら是非ってデータを渡したんです。出来上がった曲を聴いてビックリしたんですよ。あまりに切ない感じのギターロックだったので。buzzGさんがどういうことをやっているか知らなかった上に、その頃の私は「初音ミクっていったらピコピコ系」っていうイメージしかなかったから。

横槍メンゴ「クズの本懐」4巻 / 2014年11月19日発売 / 607円 / スクウェア・エニックス
純愛は穢されていく。もう止められないくらいに。

茜の歪んだ本音を知った花火は、あるひとつの決意をする。愛しい人の代わりに、足りないモノの代わりに、求めてしまうぬくもりがある。それぞれの恋心と欲が渦巻く拗れた関係と、縺れる赤い糸の行方は……。純粋で歪んだ純愛ストーリー、第4巻。

横槍メンゴ「レトルトパウチ!」1巻 / 2014年11月19日発売 / 555円/集英社

20XX年、深刻を極めた少子化問題。その対策として政府はとんでもない学園を設立した。学園の目的は「男女が正常に付き合うことを教育し、近い将来に家柄の良いもの同士で結婚させること」。エリートが集結し、「恋愛」を至上主義とする狂った学園で処女と童貞が究極のラブバトルを繰り広げる!!!

GARNiDELiAニューシングル「BLAZING」2014年10月29日発売 / DefSTAR Records
初回限定盤 [CD+DVD] 1620円 / DFCL-2086~7
通常盤 [CD] 1296円 / DFCL-2088
期間生産限定盤 [CD+DVD] 1620円 / DFCL-2089~90
CD収録曲
  1. BLAZING
  2. 人魚姫
  3. further
  4. BLAZING instrumental
  5. BLAZING TV Size ver.(※期間生産限定盤のみ)
初回限定盤 DVD収録内容
  • BLAZING
  • BLAZING bonus footage
期間生産限定盤 DVD収録内容
  • BLAZING
横槍メンゴ(ヨコヤリメンゴ)
横槍メンゴ

1988年2月、三重県生まれ。2009年、マガジン・ウォー(サン出版)にて成人向けマンガでデビュー。2010年にCOMICすもも(双葉社)にて、エロマンガ家と双子美少女の三角関係を描いたコメディ「はるわか」の連載を開始する。2012年に週刊ヤングジャンプ(集英社)にて掲載された、岡本倫原作「君は淫らな僕の女王」は、ヒロインが自制心を失うという設定と、かわいらしい絵柄とエロのギャップが人気を呼んだ。現在、月刊ビッグガンガン(スクウェア・エニックス)にて、高校生の純粋かつ歪んだ恋愛を描く「クズの本懐」、ミラクルジャンプ(集英社)にて処女と童貞による上流階級学園エロコメ「レトルトパウチ!」を連載中。インターネット上ではヨリのハンドルネームで活動し、ニコニコ動画などボーカロイドを使用した楽曲のイラストも手がける。イラストレーターとしても活躍中。

GARNiDELiA(ガルニデリア)

GARNiDELiA

アニソンシンガーなどとして活躍するメイリア(Vo)と、アンジェラ・アキ、LiSAらのアレンジャー、ボカロP「とく」などの横顔を持つtoku(Key, Compose)からなるユニット。2010年に別名でオリジナル曲「ARiA」を動画共有サイトに投稿し、同年アニメ「フリージング」オープニングテーマ「COLOR」を発表したのと前後して、ユニット結成を宣言する。以来ハードロック由来のヌケのいいギターロックから、ダンスミュージック、ピアノ1本で聴かせるバラードまで幅広い楽曲群をネットで発表する一方で、2010年末にはミニアルバム「ONE」をインディーズで発表。さらに翌年には東京・JCBホール(現・東京ドームシティホール)での「ニコニコ大会議Final」や、中国・上海での「舞動漫櫻楽祭~ANIME ROCK CONVENTION~」など国内外でのイベントに招聘される。そして2014年3月、アニメ「キルラキル」の後期オープニングテーマ「ambiguous」でメジャーデビュー。同年7月には「魔法科高校の劣等生」後期オープニングテーマ「grilletto」を、10月には「ガンダム Gのレコンギスタ」のオープニングテーマ「BLAZING」を発表した。