コミックナタリー Power Push -「ユリ熊嵐」森島明子×「少女決戦オルギア」江島絵理

百合好きマンガ家が目指す“女の子パラダイス宇宙”とは

魔法・武器・格闘なんでもありのバトルロイヤル「ゲーム」に参加して殺し合う女子高生たちを描く「少女決戦オルギア」。ヤングマガジン サード(講談社)にて連載され、現在2巻まで刊行されている。

バトルとともに柱になっているのが、女子高生たちの百合描写だ。新鋭・江島絵理の百合に対する熱い思いをキャッチしたコミックナタリーは、コミック百合姫(一迅社)ほかで活躍し、現在は「ユリ熊嵐」のコミカライズを手がける森島明子に出演をオファー。2人の百合好きマンガ家に、女子同士の恋愛へのほとばしる思いを語ってもらった。

取材・文 / 三木美波

 
mixiチェック

私にとって、森島先生は神(江島)

──森島先生が持ってきた「少女決戦オルギア」の単行本に、付箋がびっしりと……。

森島が持ってきた「少女決戦オルギア」の単行本。付箋がびっしりと貼られている。

森島 読み込んでしまって(笑)。いろいろ伝えたいことを忘れないように付箋を貼っちゃいました。江島先生の百合表現に対する熱量をすごく感じたんです。

江島 私にとって、森島先生は神なので……。私の作品を読んでいただいて、しかも百合への思いを感じ取っていただけたなんて、この世への未練がまたひとつなくなりました……。

森島 神じゃないですよ、私は百合マンガ業界の隅っこで生きている人間です(笑)。江島先生が百合に目覚めたのはいつだったんですか?

江島 7年くらい前です。ネットに無縁の田舎で育ったので、大人になるまで百合マンガの存在を知らなかったんですよ。高校生のときからマンガを描いていたんですが、主人公が女の子じゃないとやる気が出ない。なんでだろう……と思っていました。でも初めて百合マンガを知って……なんというんでしょう、こう……。

森島 これだ!みたいな?

江島 そうです! 自分の中で点と点がすべてつながった感覚がありました。すぐにコミック百合姫(一迅社)の編集部に恋愛マンガの読み切りを持ち込んだんです。そしたら全然ダメで。恋愛マンガをほとんど読んだことがない状態だったので、「キャラが何をしたいのかよくわからない」と言われました。

「ユリ熊嵐」のカラーイラスト。左から百合ヶ咲るる、百合城銀子、椿輝紅羽。

森島 大丈夫、最初は全ボツが普通ですよ。私も少年マンガ育ちなんです。でも10代の頃に読んだ名香智子先生の「シャルトル公爵の愉しみ」シリーズが、すごく衝撃的で……。女の子を大好きな公爵夫人が出てきて、結婚相手の男性に「夫の愛人は私のお友達♡ どんどん愛人を作っていいわよ♡」って言うんです。すごく自由な、ルールに縛られない世界観がすごい!……と。

江島 そうですね。

森島 でもその頃は、少年マンガばっかり読んだり描いたりしていて。楽しいけど、何か違う……と思っていたときに「美少女戦士セーラームーン」に出会ったんですよ。江島先生みたいに「これだー!!」となって(笑)。

江島 あはは(笑)。

森島 百合ではないけど百合カップル的なウラヌスとネプチューンが出てきたのにもびっくり。土曜の夜7時というよい子が見る時間に放送してたから、「新しい世界が来たんだ」と思いました。それまでは好きなキャラを問われれば男キャラの名前を言っていたんですが、女の子キャラがかわいくて好き、と言ってもいいんだって思ったんです。堂々と描いていいんだ、と。

江島 そこで百合に目覚めたんですか?

森島 自分が百合にすごく執着があると気付いたのは、実は仕事でマンガを描き始めてからなんです。ほかのテーマのマンガと比べて、自分の中で熱量が違うんですよ。百合以外のシーンもちゃんと100%、120%で仕上がることを目指しているんですが、百合シーンだけは誰にも何も言われていないのに200%とか300%で立ち向かってしまう(笑)。命を削るかもしれないけど、ここで描かなければ私はもっと寿命が縮む!って。

江島絵理「少女決戦オルギア」 / 発売中 / 講談社
1巻 / 650円
2巻 / 650円

20年に一度、秘密裏に開催されるという「ゲーム」と呼ばれる魔法・武器・格闘なんでもありのバトルロイヤル。日本国内に100以上ある魔術団体から各1名ずつ参加する「宿主」の女子高生が、夜な夜な命をかけた戦いを繰り返していた。その参加者の1人・水巻舞子は、怪物に魅入られた親友・緋乃の命を救うため「ゲーム」で最後まで勝ち残り、最強の怪物「サンダルフォン」を手に入れる必要があった。

原作:イクニゴマキナコ 作画:森島明子「ユリ熊嵐」 / 発売中 / 幻冬舎コミックス
1巻 / 680円
2巻 / 680円

地味で存在感のない“透明な高校生”椿輝紅羽に話しかけてくれるのは、先月編入してきた美少女転校生・百合城銀子。しかし元気で明るく可愛くて人気者の銀子の笑顔に違和感を覚える紅羽は、銀子が本当は人間ではなく熊なのでは? と思っていて……。

江島絵理(エジマエリ)

2014年発売のヤングマガジン サードVol.2(講談社)にてスタートした「少女決戦オルギア」でデビュー。現在もヤングマガジン サードにて同作を連載中。

森島明子(モリシマアキコ)

anise(テラ出版)の「しあわせ絵日記」で1997年にデビュー。百合ものや4コマ漫画を多く手がけ、2015年1月放送のTVアニメ「ユリ熊嵐」ではキャラクター原案を担当。現在「ユリ熊嵐」マンガ版を月刊コミックバーズ(幻冬舎コミックス)にて連載中。著作に「半熟女子」「レンアイ★女子課」「女の子合わせ」「初めて、彼女と。」「聖純少女パラダイム」など。