コミックナタリー PowerPush - 山本崇一朗「ふだつきのキョーコちゃん」

ゲッサンのルーキーが描く ひたすら可愛いツンデレ妹

ゲッサン(小学館)にて連載されている、山本崇一朗「ふだつきのキョーコちゃん」の1巻が発売された。普段はクールだが、リボンを取ると優しい性格になってしまう妹と、彼女のために奮闘する兄の物語だ。

同誌の付録小冊子・ゲッサンminiでは、大人びた女子が男子を翻弄する「からかい上手の高木さん」も並行して連載している山本。コミックナタリーでは彼にインタビューを実施し、男女のモヤモヤを描き続ける発想のルーツや、影響を受けたものについて語ってもらった。

取材・文・撮影/安井遼太郎

 
mixiチェック

ふだつきのキョーコちゃんとは

「ふだつきのキョーコちゃん」のカット。

無類の強さを誇るヤンキーとして恐れられている男子高校生・札月(ふだつき)ケンジ。彼の妹・キョーコは、可愛らしい容姿とクールな性格で大人気だったが、ケンジはそんな妹にちょっかいをかける男たちをことごとく排除してきていた。その行動の理由とは……。

このキョーコちゃんがすご(く可愛)い!

  • いつもはクールで、兄に口答えしてばかりのキョーコ。

    「生意気」いつもはクールで、兄に口答えしてばかりのキョーコ。

    次へ
  • がしかし、ひとたびそのリボンが解けると……。

    「解放」がしかし、ひとたびそのリボンが解けると……。

    次へ
  • 一気に素直かつ気弱な性格に! 兄のケンジにも甘えっぱなし。

    「豹変」一気に素直かつ気弱な性格に! 兄のケンジにも甘えっぱなし。

    次へ
  • またリボンを付けると元通り。外していたときの言動を恥ずかしがることもしばしば。

    「後悔」またリボンを付けると元通り。外していたときの言動を恥ずかしがることもしばしば。

山本崇一朗「ふだつきのキョーコちゃん(1)」 / 2014年1月10日発売 / 580円 / 小学館
「ふだつきのキョーコちゃん(1)」

妹に近づく男を片っ端から威圧するため、最凶の「シスコンヤンキー」と恐れられる札月ケンジ。
「俺の妹に、絶対に近づくな!!」その過保護に隠された、キョーコちゃんの秘密とは…?
クールな妹はときどき素直、表裏一体シスコンコメディー第1巻!

山本崇一朗(やまもとそういちろう)
山本崇一朗

5月30日生まれ。小豆島出身。血液型B型。2011年9月、第27回ゲッサン新人賞佳作受賞。同年12月、第69回新人コミック大賞佳作受賞。2012年6月に「からかい上手の高木さん」でプチデビュー、同年12月「恋文」で本格デビューを果たす。2014年現在、ゲッサン(小学館)本誌にて「ふだつきのキョーコちゃん」、ゲッサンminiにて「からかい上手の高木さん」を初連載にしてW連載中。