お笑いナタリー PowerPush - 舞台ウレロ☆未解決少女

舞台版「ウレロ」第2弾のDVD&Blu-ray化が決定! 仕掛け人の佐久間宣行×オークラ×土屋亮一が壮絶裏話

劇団ひとり、バカリズム、東京03、早見あかりが出演する「舞台ウレロ☆未解決少女」のDVD&Blu-rayが6月10日に発売される。「未解決少女」は2013年3月に初の舞台版「ウレロ☆未公開少女」が上演されて以来、約2年ぶりとなる待望の舞台第2弾。ゲストに在日ファンク、伊藤正之、清水富美加を迎え、3日間にわたる全5公演が上演された。

お笑いナタリーでは「ウレロ」シリーズの仕掛け人である佐久間宣行プロデューサー、脚本を担当するオークラと土屋亮一にインタビューを敢行。2度目の舞台公演を終えての感想や、脚本ができあがるまでの知られざるエピソードなどを語ってもらった。

取材・文 / 鈴木身和 インタビュー撮影 / 辺見真也

 
mixiチェック

ストーリー

「舞台ウレロ☆未解決少女」の一場面。

芸能事務所「@川島プロダクション」の社長・川島(劇団ひとり)は、世界のアイドルの頂点を決める危険な大会「ワールドIQG」に実在しないアイドル「かこかりん」で参戦を決意。過酷な勝負に挑むため@川島プロは一旦解散し、再会までの間それぞれの道で成長を約束していた。その後、川島プロ所属のクマールファンク(在日ファンク)は飯塚(東京03飯塚)のマネージメントですっかり人気バンドに成長。あかり(早見)はマンガ家・早乙女ニャンコとして、また女優としても人気を博していた。相変わらずの角田(東京03角田)はクマールファンクの前座として歌を披露している。そんな中、飯塚のもとへ妹の富美加(清水)から切迫した1本の電話が。急きょ実家へ帰ることになった飯塚には、@川島プロのメンバーにも隠していた重大な秘密があった。どうにか秘密を隠し通したい飯塚だったが、あかりと角田が地元まで勝手についてきてしまい、騒動が巻き起こる。

ワンアンドオンリーな存在になれた「ウレロ」

──舞台を終えての感想を聞かせてください。

左から佐久間宣行、オークラ、土屋亮一。

佐久間宣行 1作目の舞台を超えられたんじゃないかなと思います。前作はテレビ的な絡みを大事にして作ったところがあるんですけど、今作はまず舞台として見応えのあるものを作ろうと思ったので、その目論見がうまくいきました。あと公演時間は結局2時間半くらいになっちゃうということ(笑)。僕ら最初は90分って言ってましたから。

土屋亮一 最終日はどのくらいでしたっけ?

佐久間 最終日は2時間50分(笑)。衝撃でしたね、休憩なしで2時間50分!

オークラ 僕らもつらかった。

佐久間 僕はDVDになっている2日目が一番バランスがとれていていい回だと思うので、これを皆さんにお届けできるのがすごくうれしいです。

──最終日がアドリブ連発ですごく盛り上がったようですが、DVDに収録されますか?

佐久間 カメラは一応入っていたので、バカリズムが暴れたところとかは未公開シーンとして入れると思います。ただ、公演として初見の人が観るには2日目が一番いいと思うんですよ。

オークラ 意味がわからないもん(笑)。

佐久間 最終日の千秋楽は意味がわからなくなってる。話の筋が入ってこないところもあるから、そういう意味では2日目が一番いい。

土屋 笑い声は千秋楽が一番大きかったですけどね。

「舞台ウレロ☆未解決少女」の一場面。

オークラ 僕もよかったんじゃないかと思います。特に今作は今までのウレロのストーリーを引きずってはいますけど、まったく別の話じゃないですか。だから新しい人たちで新しい設定も作れるんだなーという面白さがありました。今まで描いていない構図もやりましたし、なんといっても在日ファンクとの曲の絡みが非常にうまくいったと思って!

佐久間 在日ファンクは特にハマケン(浜野謙太)のテンションが乗りすぎて、初日が終わったあと「どうだ! これがウレロだ!!」って舞台裏で言ってた。

オークラ 関わった人がみんなテンション高くなってくれるのがうれしい。芝居って脚本家と演出家の脳みそで作って、演じるほうは作られたものを演じるって感じじゃないですか。でもウレロは全員が脳みそを使ってそれぞれが何かを生み出していくっていう。だからアドリブも出ますし、こちらもアドリブに対応しながらも構成をちゃんと作ったお芝居になっているので正直、このフィールドはもらったなと思ってます!

佐久間 出ている芸人さんがネタを作れる人たちばかりなので、稽古しながらディスカッションしてふくらましていく。普通のコメディとも違うし、コントとも違う、ワンアンドオンリーなものになったんじゃないかなという気がします。

オークラ それは僕もテーマとしてやっているので、非常にうまくいったと思いました。

土屋 さっきも話に出た通り、在日ファンクの音楽があったりとか贅沢な感じですよね。音楽との絡みもあって手が込んでいたりするんですけど、前回やったときよりも稽古がスムーズに進んだ感じがしました。演者さんにノリよくやってもらえたというところでの、最終日の伸びなのかなと思いましてうれしかったです。

DVD / Blu-ray「舞台ウレロ☆未解決少女」
2015年6月10日発売 / テレビ東京 / Loppi・HMV限定販売 / DVD / 4860円 / TXRS0046 / Blu-ray / 5616円 / TXRS0047

ローソン店内のLoppiでのお申し込み

ローソンネットショッピングからのお申し込み

DVD

予約受付期間(1回目) 5月31日まで
Loppi商品番号:117869
お渡し日:6月10日
予約受付期間(2回目) 6月1日~6月3日
Loppi商品番号:118803
お渡し日:6月10日
取り寄せ受付期間:6月4日以降
Loppi商品番号:119019
お渡し日:6日後

Blu-ray

予約受付期間(1回目) 5月31日まで
Loppi商品番号:117870
お渡し日:6月10日
予約受付期間(2回目) 6月1日~6月3日
Loppi商品番号:119014
お渡し日:6月10日
取り寄せ受付期間:6月4日以降
Loppi商品番号:119026
お渡し日:6日後

本編約120分+特典映像
出演者:劇団ひとり / バカリズム / 東京03 / 早見あかり / 在日ファンク / 伊藤正之 / 清水富美加

佐久間宣行(サクマノブユキ)

佐久間宣行テレビ東京のプロデューサー。「ゴッドタン」「トーキョーライブ」など数々のバラエティ番組を担当している。2015年1月2日放送の「共感百景」はギャラクシー賞1月度の月間賞に選出された。

オークラ

オークラ放送作家。「ゴッドタン」「とんねるずのみなさんのおかげでした」のほか数多くの番組を担当。2015年6月開催のライブ「東京03 FROLIC A HOLICラブストーリー『取り返しのつかない姿』」に作・演出で参加している。

土屋亮一(ツチヤリョウイチ)

土屋亮一劇団「シベリア少女鉄道」代表。2015年4月には主宰の本公演「この流れバスター」が上演される。またメイン脚本で参加したドラマ「甲殻不動戦記ロボサン」のDVD&BDボックスが販売中。