NMB山本&渡辺の漫才にケンコバ感心、映画「げいにん!」

28

映画「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!」の公開初日舞台挨拶が昨日8月1日、東京・新宿バルト9で行われ、キャストのケンドーコバヤシと、山本彩、渡辺美優紀(ともにNMB48)が登壇した。

映画「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!」の公開初日舞台挨拶に登壇した(左から)ケンドーコバヤシ、NMB48の山本彩と渡辺美優紀。

映画「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!」の公開初日舞台挨拶に登壇した(左から)ケンドーコバヤシ、NMB48の山本彩と渡辺美優紀。

大きなサイズで見る(全13件)

本作は、NMB48のメンバーがお嬢様学校「なんば女学院」お笑い部の一員として「全国女子高生お笑い選手権」通称「JK-1選手権」優勝を目指す学園コメディ。新宿バルト9のほか、大阪・梅田ブルク7、T・ジョイ京都など全国の劇場にて順次公開される。

ケンコバが演じるのはお笑い部の顧問役。出雲阿国がMCを務める中、この舞台挨拶でケンコバは「どうも、NMB48、2期生の“ふぅちゃん”です。男性ホルモンが増えて、ヒゲが生えてきちゃった」とNMBメンバー・矢倉楓子を思わせる挨拶で客席の笑いを誘ったほか、本作について「圧倒的なバイオレンス、胸が締めつけられるセックス。それが観たければ映画『げいにん!』観るべし!」と、でたらめなPRを行った。

山本と渡辺のコンビによる漫才シーンも本作に登場。これにケンコバは「課題は多いね。現時点でやれるものは出したと思うが『THE MANZAI』でどこまでいけるのか。去年のハマカーンの漫才を100回見てほしい」とダメ出しを行う。しかし「偉そうに言ってるけど、実は芸歴の中でまともに漫才をやったことは一度もない」とすぐに告白。「正直、感心しちゃいました」とあらためて2人を褒めていた。

この記事の画像(全13件)

関連記事

リンク