お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「七人のコント侍」菊地亜美6人の芸人と初コントに挑戦

19

6月から8月までの3カ月間、7人の芸人たちによるコント番組「七人のコント侍」(BSプレミアム)2ndシーズンが全6回放送。出演者の1人菊地亜美(アイドリング!!!)に話を聞いた。

今回のメンバーは菊地のほか、サンドウィッチマン富澤、バイきんぐ小峠、キングオブコメディ今野、麒麟・川島、オリエンタルラジオ藤森、たんぽぽ白鳥。次回放送日は未定となっている。コント番組への出演は初めてだった菊地は「まったく経験がなくて、今までと違うジャンルの仕事だったので、足を引っ張らないかものすごく不安でした」と回想。しかし、「“超”が付くほどみなさん優しくて。楽屋でもトークで盛り上がったり、みんなで小峠さんをイジったり(笑)。輪に入れて下さってすごく嬉しかったです」と感謝し、「初めて経験したコント番組が『七人のコント侍』とこのメンバーで良かった」と喜んでいた。

コント収録にあたっては、「演技ができなくて不安だったんですけど、ファンの方から『コントすごく楽しそうにやってる』『楽しかった』という声をいただいて不安が飛びました」とのこと。「私自身楽しくやろうと思って、自分なりに演技をアレンジしようとか、またコント番組をやりたいと思えました」と自信に繋がったよう。お気に入りは前回放送された、全員刑事役のコント「捜査現場」。「このコントでみんながもっと仲良くなったような。コント中に思わず素で笑ってしまうくらい楽しかった」と振り返った。

菊地以外の出演者は全員芸人だが、これまで共演経験はあっても、実際に挨拶以外で会話をしたのはこの番組がきっかけとのこと。「富澤さんには、勇気を振り絞って『昨日の夜何食べたんですか?』って一番最初に聞いたんです(笑)。そしたらすっごい優しく『しゃぶしゃぶだよ』って答えてくれて。お父さんみたいな人です」と。今回メンバー全員の口から必ず名前が挙がる小峠については「大好きになりました。人に愛されるキャラというかみんなに愛されてて。収録の合間に小峠さんの写メをいっぱい撮ってました」と、親睦を深めていた。コントでコメディエンヌとしての腕もしっかり見せている菊地。今後の詳細は番組オフィシャルサイトなどで発表される。次回もぜひお見逃しなく。

お笑いナタリーをフォロー