お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「レベル高い!」U-20ワラチャン!大阪大会で銀シャリ絶賛

62

4月20日・21日、大阪・テイジンホールにて、日本テレビ開局60年記念番組「日本一テレビ・ワラチャン!~U-20お笑い日本一決定戦~」の大阪大会が開催された。

全国から1200を超えるエントリーが寄せられた、20歳以下のお笑い日本一を決める大会「ワラチャン!」。2次予選は5月まで全国で行われ、1次のビデオ審査を通過したチームが観客の前でネタを披露し、8月に東京・大阪で開催される準決勝を狙う。

大阪大会の1日目はトットが司会。得意のダンスを生かした10歳のスミカ、河童の格好で目を引いたかきうちりんこなど、笑いの聖地大阪ならではのハイレベルな出場者が22組登場した。この2次予選を通過したのは、漫談の粗品、男女漫才のメトロレトロ、落語に英語を取り入れた13歳のぷりん亭芽りん。ぷりん亭芽りんは自分の番号が呼ばれると、嬉しさのあまり思わず涙していた。

2日目はトットに加えて銀シャリ、NMB48の岸野里香も応援に。2日目も、王道の漫才から、ピン芸、コント、漫談など様々なジャンルのネタが。挑戦者の中には、1人で2ネタ、3ネタ掛け持つチャレンジャーも登場するなど、お笑いに対する意欲の高さがうかがえた。さらに、NMB48からも古賀成美、林萌々香、高山梨子、森田彩花、松村芽久未が「五人侍」として登場。会場を大いに沸かせた。そして準決勝に進出したのは、ピン芸の岩永達彦、銀シャリも大絶賛した2人ボケコントのガンキン。銀シャリは最後に「とてもレベルの高い大会! 特にツッコミがすばらしく、テンポのいいネタが多かった」と語った。

次回の2次予選は、5月3日(金・祝)、4日(土・祝)14時から、東京・新宿シアターモリエールにて開催。3日の司会はLLR、4日はジューシーズ、3日には応援芸人のナイツも登場する。観覧は無料。詳しくはワラチャン!オフィシャルサイトで確認を。なお、全予選の模様は6月22日(土)13時30分から「日本一テレビ」にて放送予定となっている。

お笑いナタリーをフォロー