お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ゴッドタンの最強企画「キス我慢選手権」が映画化決定

2409

バラエティ番組「ゴッドタン」(テレビ東京)の人気企画「キス我慢選手権」が映画化されることが決定。本日4月18日に東京・渋谷公会堂にて行われた「マジ歌ライブ まさかの渋公フェスティバル」の中で発表された。

「キス我慢選手権」は、あらゆる手段でキスを迫るセクシー女優たちのお色気攻撃を、挑戦者たちがひたすら耐えるという番組名物企画。2005年に第1回が放送されて以来、そこで繰り広げられるアドリブドラマが話題となり、DVDも好評を博している。

このたび発表された映画のタイトルは「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」。旅番組のロケだと聞かされ、関東の某所に連れて来られた主演の劇団ひとりは、本作で24時間に及ぶ「キス我慢」に挑戦している。おぎやはぎバナナマン、松丸友紀アナウンサーはこれまで同様劇団ひとりの挑戦を観覧ルームから見守る神様役。そのほかキャストには、これまでの「キス我慢」で数々の名演技を見せてきたみひろ、岩井秀人、葵つかさに加えて、京本政樹、武蔵、やべきょうすけ、ミッキー・カーチス、渡辺いっけい、竹内力など豪華な面々が揃い踏みしている。さらに、主題歌はサンボマスターの新曲「孤独とランデブー」であることも発表された。

また、バカリズム東京03マキタスポーツと、番組にゆかりのある芸人たちも出演。闇に包まれた過去を背負いながら悪の組織に立ち向かう物語の中で、劇団ひとりはどのようなアドリブ芝居を見せるのか。脚本をオークラと執筆するとともに、監督を務めた同番組プロデューサーでもある佐久間宣行は「一発本番だし主役はオールアドリブ。なのに爆破もあるってことで緊張感が半端なかった。劇場でこんなに爆笑できる映画はないと思っています。深夜2時の小さなお笑い番組が起こした奇跡をご覧ください」とコメントを寄せている。

本日都内で行われた記者取材会には出演者の劇団ひとり、おぎやはぎ、バナナマンが出席。主演のひとりは「アドリブなので打ち合わせもないのに、普通に爆破シーンがあるんです。普通の映画ではありえないようなことがいろいろありました」と撮影を振り返る。作中、観覧ルームで見守っていた小木は「本当に映画になるのかというプレッシャーがあった。『がんばれ! いつも以上に面白くしてくれ!』という気持ちでいっぱいでした」と素直な感想を述べた。また、「すごくがんばってました。名ゼリフが多くて、終ったあとに劇団ひとりに聞かれるんですよね。『どこがよかったか』って。でも1つも思い出せなくて(笑)。そのくらいいいシーンが多かったんですよね」(矢作)、「天才ですよね。息の合ったスタッフなので、決めのカットとかも光ってました」(設楽)、「どういう状況なんだとか、自分が何者なのかとかを瞬時に理解して返していくからすごい。劇団ひとりは後輩だけど、憧れます!」(日村)とそれぞれひとりを絶賛した。

また劇中に登場する東京03飯塚について、矢作からは「飯塚さんってわかんないんじゃない?」と役どころに関してヒントが。しかし設楽は「『東京03の飯塚さんだよ』って言ってもわかんないんじゃない?」と東京03の知名度に触れて笑いを誘った。その後ひとりに「続編があったらチャレンジしたいですか?」と質問が投げかけられると、「もちろん!」と力強く返答しつつ、「続編がなかったら映画がダメだったと思ってください」と不安も吐露した。

最後にひとりは、「相当いいセリフを言ったつもりなのに、共演者がどれがよかったか教えてくれない。みなさんぜひ見ていただいてどのセリフがよかったっていうのをTwitterとかで教えてくれるとありがたいです」と強調。矢作は「DVDで1人で見てる人も、大勢で見るって機会もこれを逃すとないと思う。みんなで見たときの誘い笑いがね、つられて笑っちゃうから今までよりウケると思う」と、劇場ならではの楽しみ方をオススメすると日村が「劇場だと思う! 映画なんだから劇場じゃなきゃ意味ない!」と念を押した。

「ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE」は6月28日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかで全国ロードショー。詳細はオフィシャルサイトにて確認を。深夜番組の人気企画が劇場で楽しめるこの機会を、ぜひお見逃しなく。

お笑いナタリーをフォロー