「週に1回咲く花!」ANN0木曜日にアルコ&ピース決定

239

ニッポン放送の「オールナイトニッポン0(ZERO)」が、来月4月から新たに5組のパーソナリティを迎えることが決定。このうち木曜日をアルコ&ピースが担当することがわかった。

「オールナイトニッポン0(ZERO)」木曜日を担当することになったアルコ&ピース。左が平子、右が酒井。

「オールナイトニッポン0(ZERO)」木曜日を担当することになったアルコ&ピース。左が平子、右が酒井。

大きなサイズで見る(全6件)

特番の収録ということでニッポン放送に呼ばれたアルコ&ピース。まず軽快にブリッジを録り終えると、ディレクターから渡された原稿を縦読みするように指示される。平子は「オールナイトニッポンゼロレギュラーケッテイ、おお!! すごい!」と絶叫するも、まだよくわかってない様子で、「ああ、そっかそっか、そういうことね。……え? え? あ、レギュラー決定したの? 俺らが!?」と、二度ビックりしていた。酒井も「うわ、マジかよ!」と喜びの声。平子は「俺、最初にビックリしたのは、この原稿に縦読みが作られてることがすごいって言っちゃったの。上手に作ったなって」と照れながら明かすと、酒井もスタッフも爆笑だった。しかし、「この特番はないです」と言われると、それについては「なんだよ!」とガッカリ。平子は「俺、まだ間違えたことないスケジュールに書いちゃった」と、嬉しそうに後悔した。

酒井は「これまで3回変なことやってますからね」と苦笑すると、平子は「2カ月に1回だったからやりこなせてたんじゃないかという声もあるでしょうから、レギュラーでもやれるんだと。上層部からお叱り受けるくらい濃い内容を続けていけたらなと思います。みんなで作りましょう!」と気合い十分の様子。「リスナーのみなさんと作る番組ですから。僕らはそれをお届けするだけの役割ですから」「僕たちがニッポン放送を引っ張って行くんだ。そういう気持ちでやっていかないと。新社屋を我々の力で建てましょう!」と壮大な目標をぶち立てた。

改めてどんな番組にしたいか聞いたところ、「笑顔を届けたい」と語る平子。「今ほら、世界的に見て暗いニュース多いと思うんですけど、その中に咲く一輪の花じゃないですけど、深夜こんな僕たちのラジオを聴いてくれる人が僕たちに求めてくれるものがあるということで、週一でお届けする笑顔。ん?……週に1回咲く花!」と答えを出すと、酒井から「恥ずかしいー(笑)!」とツッコまれた。酒井は「ほかにないラジオをやってきているので、作家さんとかは大変ですよね。続けられればと思います」と意気込みを語った。ラジオというメディアを最大限に生かして攻めの姿勢で臨んできたアルピーがついに掴んだこのレギュラー。これまでにないラジオを毎週届けてくれることを期待しよう。

「オールナイトニッポン0(ZERO)」は、平日深夜27時から29時までの生放送番組。月曜日はNoGoD(ノーゴッド)のボーカルを務める団長が単独で担当、火曜日は新人女性シンガー・ソングライターのmoto、水曜日は女性ドラムボーカルとして注目のシシド・カフカ、金曜日は評論家の宇野常寛が担当。詳しくはオフィシャルサイトで確認を。

この記事の画像(全6件)

関連記事

アルコ&ピースのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 アルコ&ピース の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。