お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

2丁目芸人新ユニットも「すんげー!BEST10」が1日限りの復活

1089

11月3日(木・祝)にABC創立60周年記念特別番組「復活!! すんげー!BEST10」が放送されることがわかった。

今年2011年、ABCは創立60周年を記念して、さまざまな特別番組を放送。レギュラー番組の拡大版「探偵!ナイトスクープ アカデミー大賞2011」や、同局が誇るアーカイブをまとめた「ABC思い出の番組・名場面リクエストNo.1」など、お笑いファンならずとも見逃せない番組を続々放送している。

今回はついに、1995年から約2年半にわたって関西で絶大な人気を博した「すんげー!BEST10」の復活が決定。司会の千原兄弟を中心に心斎橋筋2丁目劇場の出演メンバーを一気にメジャーに押し上げた伝説の番組が14年の時を経て再び関西のお笑いファンの前に姿を現す。

当時番組では、観客のリクエスト投票などで決定したランキングの順に第10位からネタを発表。人気ネタのほか、さまざまな番組オリジナルユニットが誕生し話題となった。

中でも、なだぎ武(当時・スミス夫人)、中川家・礼二、ケンドーコバヤシ(当時・松口VS小林)による「将軍」、オモロー山下(当時・ジャリズム)・たむらけんじ(当時・LaLaLa)による「ベタベタ同好会」、千原ジュニア(当時・千原Jr.)、オモロー山下、陣内智則による「メガネ部」、桂三度(当時・ジャリズム)・お~い!久馬(当時・シェイクダウン)による「うまい愛好会」、ハリウッドザコシショウ(当時・G★MENS)、ケンドーコバヤシによる「ザコバ」などのユニットは、特に人気を獲得。さまざまなシリーズネタを披露し、流行のフレーズなども生まれた。

今回番組では千原兄弟がMCを担当。当時の出演メンバーが新たにユニットを組み、新ネタを披露する。復刻版ならではの異色の顔合わせは必見だ。中には懐かしのユニット再結成、などという可能性も。もちろん今はもう見ることができない秘蔵映像や爆笑ネタも大放出。また、事前に行った出演者への取材をもとに、同番組や2丁目劇場時代のトークを展開する。さらに、5upよしもとの若手芸人が1分ネタで競い合う「すんげー!5up」(仮)も敢行。事前投票で選ばれた上位5組のネタVTRを、当時の2丁目メンバーがスタジオでチェックする。

関西のお笑いファンにとって語り草になっているこの番組。もう二度と見ることができない映像もあるかもしれないので、放送地域の人は絶対に見逃さないように。

近藤真広プロデューサーコメント

今をときめく芸人さんたちが、芸歴5年にも満たない超若手時代に毎週毎週ネタを作り続け、しのぎを削りあっていた「すんげー!BEST10」という番組は、ABCが誇る「伝説のお笑い番組」のひとつであると思っています。
現在、20代後半から30代前半の制作マンにとって、大きく影響を受けた番組であり、僕自身「すんげー!」に憧れてABCに入社したといっても過言ではありません。ABCに入社してから、当時のメンバーの皆さんといろんな番組でお仕事をさせていただき感じたこと。それは、お笑いに対する「ひたむきなパワー」です。
1日限りですが、そんなパワーを結集して、大阪の若手芸人たちが熱かったあの頃を、もう一度感じていただきたいと思います。そして、「すんげー!」のような関西の若者たちを熱狂させる番組をもう一度世に送り出すきっかけになればと思います。

ABC創立60周年記念特別番組「復活!! すんげー!BEST10」

日時:2011年11月3日(祝・木) 15:55 ~ 17:54

出演者:(司会)千原兄弟 / 当時の「すんげー!」メンバー多数

お笑いナタリーをフォロー