ぺこぱ「キングスマン」最新作で日本語版声優、「これシュウペイ?」って思うくらいのイケボ

3

844

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 228 611
  • 5 シェア

来月12月24日(金)全国公開の映画「キングスマン:ファースト・エージェント」で、ぺこぱが日本版声優を務める。

映画「キングスマン:ファースト・エージェント」で日本語版声優を務める、ぺこぱ。

映画「キングスマン:ファースト・エージェント」で日本語版声優を務める、ぺこぱ。

大きなサイズで見る(全3件)

マシュー・ヴォーンが監督したこの作品は、スタイリッシュな英国紳士がスパイアクションを繰り広げる「キングスマン」シリーズの最新作。国家に属さないスパイ組織・キングスマンの誕生秘話が描かれる。ぺこぱは作品内容に伴い、「漫才が紳士的すぎる」という理由で声優を務めることになった。松陰寺は「争いの火種を作るテロリスト」のプリンツィプ役、シュウペイはキングスマンと関わりを持つ「ロシアの有力イケメン貴族」のフェリックス役を演じる。

このたびの出演に「うれしいよね」と喜びを語る2人。シュウペイは「びっくりして後ろに7回ひっくり返りました!」と自身の出演を知った際の様子を振り返り、松陰寺は「普段通りの松陰寺で演じようとしたが、監督から指導を受け、感情をちょっとだけ乗せて演じることが難しかった」とアフレコの苦労を語った。「自分たちらしさをあえて出さず、『あれ? ぺこぱってどこで出たのかな』というぐらい自然な声で演じられた」と語る2人の演技に期待してみては。

作品の魅力をぺこぱがナビゲートする「キングスマンの魅力まるわかり動画」も公開された。

ぺこぱ コメント

松陰寺:大好きなシリーズなので、本当にフォ(と)ても光栄です。いつも通りの松陰寺語で挑みましたが、「そうじゃない」と言われオールカットになりました(笑)。普通に紛れすぎている松井(本名)の声に注目してみるのも、悪くないだろう。ピュ~♪

シュウペイ:大人気スパイシリーズの最新作に参加させていただいてとてもうれしく思います。いつも「笑い方が変」って言われるので心配して現場入りしましたが、笑うシーンはまったくなかったです。「これシュウペイ?」って思うくらいのイケボで、イケメン貴族を演じましたので楽しみにしてておくんなましー!!

この記事の画像・動画(全3件)

(c)2021 20th Century Studios.All Rights Reserved.

読者の反応

  • 3

I M⭐️hͥeͪaͭdͤlͬines @izmnok

ぺこぱ「キングスマン」最新作で日本語版声優、「これシュウペイ?」って思うくらいのイケボ(コメントあり / 動画あり) https://t.co/9Frh6QUoFp

・・・また荒れそうなことを😗

コメントを読む(3件)

関連記事

ぺこぱのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ぺこぱ / キングスマン:ファースト・エージェント の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。