「やっぱり隣にいると話しかけちゃう」仲本工事が志村けんの大爆笑展お出迎え

志村けんの大爆笑展(東京)」が東京・松坂屋上野店で本日10月2日にスタート。ザ・ドリフターズ仲本工事が初日の「オープニング店長」として開店時に来場者を迎え入れた。

“リアルバカ殿様”と仲本工事。

“リアルバカ殿様”と仲本工事。

大きなサイズで見る(全38件)

「志村けんの大爆笑展(東京)」より。

「志村けんの大爆笑展(東京)」より。[拡大]

事前に行われた内覧会で仲本は「この時期にこういう催し物ができるというのは非常に喜ばしいし、志村にとってもいいことだと思う。下見のときに回っていてワクワクしたから、僕ら以上にお客さんはワクワクするはず。来ていただいた方には満足して帰ってもらいたい」とコメント。展示の中では “リアルバカ殿様”がお気に入りの様子で「まつ毛が1本1本植えられていて、本当に文句を言いそうな目をしてる」とその出来映えを称えつつ、「やっぱり隣にいると話しかけちゃう。『お前、なんで先に逝っちゃったんだよ』とか、『ファンのみなさんも悲しんでるけど、加トちゃんが一番悲しんでるぞ』って。日本の財産だったからね」としみじみ語った。

仲本工事

仲本工事[拡大]

仲本にとって、志村との一番の思い出は「ジャンケン決闘」だという。「やっていて楽しかった。やっぱりやってるほうが楽しくないと、見てても楽しくないもんね。『最初はグー!』なんて言って、会場はもちろんのこと、家庭でもみなさんやっていたと思います」と懐かしそうに振り返った。

「志村けんの大爆笑展(東京)」より。

「志村けんの大爆笑展(東京)」より。[拡大]

「志村けんの大爆笑展」は志村けん初の企画展で、大阪を皮切りに全国10都市以上にて2022年12月まで開催される予定の巡回イベント。志村の笑いのルーツやコント映像、衣装のほか、肌の質感など細部にこだわって製作された“リアルバカ殿様”などが楽しめる。東京の開催は10月17日(日)まで。

この記事の画像(全38件)

関連記事

志村けんのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 志村けん / 仲本工事 / ザ・ドリフターズ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。